1. Home
  2. 生き方
  3. 次元上昇日記
  4. 2019年11月7日 王族の未来

次元上昇日記

2019.11.09 更新 ツイート

2019年11月7日 王族の未来辛酸なめ子

ハプスブルクの末裔とナポレオンの子孫の美男美女が結婚したというニュースをSPURのサイトで読んで、いいな〜とためいきをついていました。新郎は名前からして子孫としての承認欲求を感じる、ジャン・クリストフ・ナポレオン・ボナパルト。合コンでこんな名前の人がいたら皆奪い合いになりそうです。新婦はオリンピア・フォン・ウント・ツー・アルコ=ツィネベルク。フォンとか間に貴族っぽい用語が挟まっています。

 

結婚式には各国の王子や姫が参列したとか。イギリスやルクセンブルク、ハノーファー王国など……。ヨーロッパの王族はみんな親戚なんですね。全く何の縁もありませんが、王侯貴族にあこがれて先日のハプスブルク展では家系図に自分の名前を書き加えたい衝動にかられました。
 
とはいっても王侯貴族なんて、先祖は戦いで人を殺しまくっていたわけですし、一見恵まれた身分に見えてもカルマは重いのかもしれない、と思いつつ、やはりうらやましいです。ハプスブルクの末裔は美男美女だらけです。昔は顎がごついとか受け口という特徴がありましたがマリア・テレジアの人徳で、見た目がいい感じに……。
 
ちなみに調べたら、ナポレオンの二番目の奥さんマリー・ルイーズは政略結婚でナポレオンと一緒になったのですが、少女時代からナポレオンを嫌っていて人形にナポレオンと名付けていたぶっていたそうですね。きっと結婚してからも虫けらを見るような目でナポレオンを見下していたのだと思いますが、皇帝こそふだんはドMで嬉しかったのかもしれません。

 

ハプスブルクの家系図(展示プレスデーに撮影)

王族について妄想していると時間があっという間にすぎていきますが、今は魚座の時代から水瓶座の時代に変わったので、身分や栄光、経済力に固執するのは古い生き方だそうです。
 
アメリカ人のサイキックのレーネンさん(60〜100歳で年齢非公表)のお話を聞く機会があり、王族についての話題も出ました。

「英王室の人は一般人がやったら逮捕されるようなこともやっていますよ」
「いけにえの儀式とかですか?」
「多分そこまではやっていません」

つい悪魔崇拝について調べすぎていて失礼いたしました。

「イギリスに行って女王に会いたいと言ってもふつう会えません。それは平等ではないということです。皆が何千年も、身分差があるのが当たり前だと思って生きていますが、もうそういう時代じゃなくなりつつあります」

「他の惑星にも身分差があるのでしょうか?」
「いくつかの階級があるプラネットは存在します。でも地球のように武力で制圧したネガティブな階級ではないですね。富んでいる人は一般の人をサポートしています」

レーネンさんによると地球は波動が低く、他の宇宙人からは刑務所のようだと思われているそうです。私達みんな終身刑、だと思えば身分差なんて言ってられません。
 
でも水瓶座の時代になって、王族はこれから消滅していってしまうそうです。地球家族という意識になり、一般人がもっと力を持つようになるそうです。ついに近い未来に平民の時代がきます。今までロイヤルな人々を眺めて冷や飯ばかり食べさせられてきましたが……。
 
今は地球全体バランスを取ろうとしていて気候変動が発生したりしているようです。王族に過度に憧れていたのもバランスを欠く行為だったかもしれないと反省しました。愛読している王族専門誌がなくなったらちょっとさびしいですが……。

関連キーワード

関連書籍

辛酸なめ子『次元上昇日記 ベストセレクション50』

「次元上昇」とは? それは「アセンション」のこと。 では、「アセンション」とは何か――? 辛酸なめ子さんにとっては、日々、功徳を積んで善行マイレージを貯め、それがある閾値に達すると得られる高い次元のこと。 本書は、そんな次元上昇をめざす一人の女性が、イベント、パーティ、買い物、仕事……と毎日足を運び、霊的な何かが見えたり、癒されたり、反省したり、試行錯誤する抱腹絶倒の記録です。 この世界の次元は一つじゃない――。 よりすぐりのベスト50をお楽しみください。

辛酸なめ子『次元上昇日記』

毎日のようにセレブやスピリチュアルな現場を取材し続け、どうやったら「次元上昇=アセンション」できるのかを考え続け、「小難しい本を読むより、猫を5分間撫でている方が真理に近付ける」と認識、善行というマイレージを貯めることこそが、個人の次元上昇を達成する方法だと気づく。そのおそるべき試行錯誤、抱腹絶倒の日常記録です。

辛酸なめ子『辛酸なめ子の現代社会学』

辛酸なめ子のフィールドワークは、犯人の足取りを追う老獪な刑事のごとし。正体を突き止められまいと足掻く「現代社会」を、軽やかな妄想と味わい深い漫画を駆使して追い詰めていく。モテ、純愛至上主義、スローライフ、KY、萌え……「ブーム」の名で艶やかに仮装した現代の素顔とは? 前人未到の分析でニッポンを丸裸にした圧巻の孤軍奮闘。

{ この記事をシェアする }

コメント

幻冬舎plus  ナポレオンは、ボナパルト、の部分がめちゃくちゃかっこいい名前だと思う。[ミ] https://t.co/CljbSxgFW7 5日前 replyretweetfavorite

ぴろゆき  2019年11月7日 王族の未来|次元上昇日記|辛酸なめ子 - 幻冬舎plus https://t.co/7nWgfbd2AT   どこまで本気なのかわからない、低姿勢のようでいて実は違う辛酸なめ子氏。 皇族、貴族、大富豪。 何だかんだで興味ありがち 5日前 replyretweetfavorite

幻冬舎plus  2019年11月7日 王族の未来|次元上昇日記|辛酸なめ子 https://t.co/CljbSxyhkH 6日前 replyretweetfavorite

林けいこ  2019年11月7日 王族の未来|次元上昇日記|辛酸なめ子 - 幻冬舎plus https://t.co/SfvRSGLWdq 6日前 replyretweetfavorite

幻冬舎plus  ハプスブルク展では家系図に自分の名前を書き加えたい衝動に駆られた辛酸さん。身分や栄光、経済力に固執するのは古い生き方とはいえ、やっぱり憧れの王侯貴族です。(小) 2019年11月7日 王族の未来|次元上昇日記|辛酸なめ子 - 幻冬… https://t.co/JVa4I5UH6Y 6日前 replyretweetfavorite

次元上昇日記

「次元上昇」とは? それは「アセンション」のこと。では、「アセンション」とは何か……。いろいろな意味があるので、ネットを検索してみて下さい。しかし、辛酸なめ子さんにとって、それは日々、功徳を積んで善行マイレージを貯め、それがある閾値に達すると得られる高い次元のこと。この連載は、その善行マイレージを貯め次元上昇をめざす一人の女性の抱腹絶倒、試行錯誤の記録です。

この連載が電子書籍になりました!『次元上昇日記 ベストセレクション50

バックナンバー

辛酸なめ子

東京都生まれ、埼玉育ち。漫画家、コラムニスト。巫女的な感性であらゆる事象を取材しまくる驚異のフィールドワーカーとして知られる。著書は『辛酸なめ子の現代社会学』『次元上昇日記』(幻冬舎)、『女子校育ち』(筑摩書房)、『辛酸なめ子のつぶやきデトックス』(宝島社)、『アイドル処世術』(コア新書)、『絶対霊度』(学研)など多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP