1. Home
  2. 暮らし術
  3. ホロスコープ歳時記
  4. 【東洋二十四節気星占い 11月22日~】...

ホロスコープ歳時記

2019.11.22 更新 ツイート

【東洋二十四節気星占い 11月22日~】年末に向けて大きく運勢が変化するとき小池雅章(青山五行)

四季折々の暮らしに欠かせない歳時記。昔から伝わる、季節の行事にあわせた暮らし方には日々の健康や開運・幸せになる知恵がたくさんつまっています。

そしてこれはあまり知られていないことですが、歳時記のもととなる二十四節気と、星占いをつかさどるホロスコープの運行には密接な関係があるのです。

本連載では、西洋の星占いと東洋の易をくみあわせた占術「青山五行」の創始者である著者が、11月22日から始まる「小雪」の時期の過ごし方について、12星座を前半・後半にわけた「東洋二十四節気星占い」でアドバイスします。

*   *   *

 

11月22日、太陽が射手座に入ります。これを東洋二十四節気では『小雪』と称します。
読んで字の如く、小雪がチラチラ風に舞う、そんな光景が見られる頃となってまいりました。木々の柑橘の実は黄色を濃くし、甘酸っぱい存在感を増します。

食の歳時記は当然、蜜柑(みかん)となります。
蟹なども最盛期を迎えるこの時期は、鍋の湯気が恋しくなる季節でもありますね。

11月23日・勤労感謝の日の由来は「新嘗祭」

そして忘れてはならない、この時期の行事が! それは『新嘗祭(にいなめさい)』。
「新嘗」とは、新たに収穫された穀物を食すことをいいます。

農耕民族である日本人は、古くから収穫の時を非常に大切にしてきました。日本各地で五穀豊穣を祝い、自然の恵みに感謝を献げる収穫祭が行われますが、その歴史は、『日本書紀』にも記されているほど古いものです。

戦後、11月23日の祝日は「勤労感謝の日」という名称に改められましたが、その前までは、その名を「新嘗祭」といいました。現在のイメージでは、単に一生懸命に働く人を労い、感謝の気持ちを捧げる日という感じですが、元来は、自然の恵みや収穫に関わること、その全てに気持ちを向ける神聖な日であったのです。

 

山の上ホテルが文豪に愛された理由

「うごめくに 雪降り積むや 蟹の甲」…… 水原 秋櫻子(みずはら しゅうおうし)

まさに小雪の頃にふさわしい情景です。

秋櫻子は医師であり俳人、彼の名句「来しかたや 馬酔木咲く野の 日のひかり」にも使われる ‘馬酔木(あしび)’という名の俳句雑誌を主宰しました。

彼の親族は皆、成功者と言いますか、今で言うところのエリート一家です。奥様は国文学者・吉田弥平の長女。この奥様の兄弟は、かの有名なクラッシックホテル ‘山の上ホテル’の創業者であります。

数々の文豪たちが愛し、ここの部屋に籠もって執筆活動したことで知られており、現在でも作家や文学者の聖地として、憧れの的なのであります!

 

小雪を5日ずつの候に分けると以下のようになります。

初候 11月22日~11月26日
 「虹かくれて見えず」 ・・・虹が隠れて見えない

次候 11月27日~12月1日
「朔風葉を払う」 ・・・北風が木の葉をはらう

末候 12月2日~12月6日
「橘始めて黄ばむ」 ・・・橘の実が色づいてきた

 

来年の幸運をつかさどる木星が山羊座へ移動

2019年末もいよいよ押し迫り、師走へと入ってゆきます。
11月22日には太陽が射手座へと入って、木星と同室となります。木星と太陽が同じ星座にあるということは、全般的に幸運な状況にあることを表しています。これは12月2日までの現象であって、翌3日には木星が山羊座へと移動してゆきます。

木星にとって射手座とは本来の場所でしたから、その力を強くし、自由・スピード・変化などへの対応をスムーズにしていました。一方、山羊座とは土星の本来の場所であって、保守・教条主義・安定などを表すところですから、自由を望む木星にとっては、あまり居心地の良いところとは言えません。

天体の大イベント、グレートコンジャンクションをどう捉えるのか

ギリシャ神話では、土星(クロノス)の息子である木星(ゼウス)が、最終的には親の土星を討ち取り、自らが王座につきます。木星と土星の同居は、肉親であり、且つ仇敵同士が一緒に居ることになりますから、大きく事態は動き出します。

しかし、占星術的解釈では木星と土星の同一星座はグレートコンジャンクションと称し、偉大なる任務の遂行とされていますから、“努力の末の成功”というプラスの暗示が大いに含まれます。この小雪期間の大きなトピックはこれにつきるでしょう!

前回のグレートコンジャンクションは、2000年2月~2001年7月上旬頃。この時は牡牛座と双子座で形成されました。

読者の皆様、この時期を振り返って、どんな出来事があったを思い出してみて下さい。全く同じことではありませんが、似たような傾向のことが再び起こる可能性はあると思いますよ。

 

二十四節気星占いでみる、11月22日~の運勢

11月27日、射手座4度にて新月。
ここから大きく運気の変動が始まりそうです。
各節気生まれの運気詳細を、以下に記してゆきます。

 

 

 

「春分」牡羊座・前半(3.21~4.4生まれの方)

22日、射手座に太陽が入ってゆくと、あなたの運気は壮大さを増してゆきます。

特に27日の射手座での新月は、大きな自信や確信を生み出すものとなるでしょう。この時期、守護星の火星も蠍座にて力を回復してゆく時ですから、まさに絶好調な時となります。

そして12月3日の木星山羊座移動は、あなたにとっては更なるステータスへの挑戦の時が始まることを強く暗示いたします。12年に一度の大きなキャリアアップのチャンスです。突然の収入増加なども期待できる時に突入です!

 

「清明」牡羊座・後半(4.5~4.19生まれの方)

現在、キャリアにおいて悩んでいる方には、ようやく幸運の兆しが見えてきます。悪い運気というのではなく、停滞期が長かったために昇進や展開が思うに任せない状況だったのですが、12月3日に山羊座に木星が入ることによって、少しずつではありますが改善が始まります。

12月中旬からは周囲からの協力や援助も有効になってゆきますので、今までとは違った取り組みが必要となります。6日頃からは徐々に自信も戻ってきますので、失われてしまったプライドを復活させてください!

 

「穀雨」牡牛座・前半(4.20~5.4生まれの方)

25日、守護星・金星は力を落としていた蠍座から脱出し、射手座へと入ってゆきます。対人関係の緊張から解き放たれるばかりでなく、むしろメリットを生じることとなり、良き時期のスタートを暗示しています。

そして27日に起こる射手座の新月も、あなたにとっては吉兆で、多くの協力者の出現を予告しています。そして、12月3日の木星山羊座移動は、更に大きな幸運をあなたに約束いたします。

ここは自信や信念の創生の場所ですから、ここから約一年をかけて、大きく成長してゆくことになるのです。

 

「立夏」牡牛座・後半(5.5~5.20生まれの方)

11月中は、多くの人の共感や協力を受けられる時となります。

特に27日の新月から、その暗示が強まります。ここで形成された協調体制は長く崩れないでしょう。社会的な人間関係も大きく広がってゆく時で、あなたのキャリアに良き影響を及ぼすものとなります。

12月4日には、あなたが求めていた“役柄”の登場人物が現れる暗示が強まります。この時期の幸運は、他者との協調にあります。協力者への利益配分を忘れないことも非常に大切です。それが今後のあなたの信用を更に高めることになるからです。

 

「小満(しょうまん)」双子座・前半(5.21~6.5生まれの方)

27日の射手座で起こる新月は、新たなパートナーシップを暗示するものです。新たな誰かが出現するかも知れませんし、現在の関係が更に深化してゆくのかも知れません。

12月3日に木星が山羊座に入ってゆくと、あなたには大きな財運がもたらされます。これは相続や地位、そしてポストの委譲ということも含まれます。

この時期は、あなたにとっては総じて幸運の時となります。但し、仕事や義務はきちんとこなしてゆくことが前提となることは言うまでもありません!

 

「芒種(ぼうしゅ)」双子座・後半(6.6~6.20生まれの方)

仕事中心の期間となります。いつもよりは積極的に動くことで、その進捗度合には目を見張るものがあります。対人関係の好調さがその一因であります。

そんな運気も、12月3日に多少の変化を迎えます。ここからは、あなた本来の頭脳で勝負する時となります。人の力ではなく、あなたの独自性で勝負するのです。ここでは対人関係というよりは、陰で支えてくれる方々の存在を意識してゆきましょう。

多くの協力者によって、今のあなたは支えられています。唯我独尊状態にならないように!

 

「夏至」蟹座・前半(6.21~7.6生まれの方)

あなたにとっては大きな変化のある時期となります。まず、27日の射手座での新月形成は、新たな仕事や任務の発生を強く暗示するものです。やるべきことをしっかりとこなし、キャリアアップを目指してゆく時となります。

そして12月3日の木星の山羊座移動。ここからあなたのパートナーシップが大きく向上してゆきます。

新たな出会いはもちろんのこと、従来の関係がより一層深くなってゆくことを表す、大変嬉しいものとなります。木星山羊座時代の約一年間は、対人関係の中に幸運の要素が多く含まれるのです。

 

「小暑」蟹座・後半(7.7~7.22生まれの方)

11月中は仕事運の好調さがピークとなります。ここで懸案事項を全て片付けてしまうくらいの覚悟で臨みましょう。大いなる成果が期待できます。

12月に入ると、色々なお誘いが殺到します。良く吟味して、Wブッキングの無いように予定調整を! そして仕事の人間関係も広がってゆく時ですので、あなたの周囲は花が咲いたように賑やかになります。

12月5日には、とても嬉しいことが起こりそうな暗示があります。あなたの心が満たされて、とてもロマンチックな時となります。

 

「大暑」獅子座・前半(7.23~8.7生まれの方)

このところ高揚していたあなたの人気運や恋愛運は、27日の射手座新月で最高潮を迎えることになります。特に、新たな恋が芽生えるきっかけとなる可能性が高まります。

そして、大きく運勢が切り替わってゆくのは、12月3日の木星の山羊座移動です。ここから忙しい日常が始まってまいります。恋愛の甘い時間を過ごすのは、ルーチンをきちんとこなした後です。

優先順位を間違えると、結果的に苦労するのはあなたです。言い換えれば、大きな仕事運がやってきたということです。コツコツと日常を積み上げてこそ、その先に成功が見えてくるのです。

 

「立秋」獅子座・後半(8.8~8.22生まれの方)

このところ、あなたの人気運は高揚しておりました。特に、恋愛においては良き状況でありましたが、木星が射手座を去る12月3日にはフェードアウトしてゆきます。ここで急速に落ち込むわけではありませんので、12月中旬までに、その関係をしっかりと固めておくことをお勧めいたします。

これからは恋愛よりも仕事や任務の遂行がテーマとなってゆく時ですから、後顧の憂いを断ち、ルーチンを消化していきましょう。ここから数ヶ月間が勝負です。

やるべきことを順々にこなしてゆけば、その後に得られる成果は大きなものとなります。

 

「処暑」乙女座・前半(8.23~9.7生まれの方)

11月27日に起こる射手座新月から、あなたの視点は家庭や居場所というものに移ってゆきます。住環境の見直しや家族関係の改善が始まります。

その一方、12月03日の木星の山羊座移動は、あなたの恋心を大いに刺激することになります。そして、ここから約一年間、恋愛運が大きく盛り上がります。これは新たな恋の出現も暗示されますが、従来の関係がより深いものになってゆくという嬉しいものでもあります。

「また君に恋してる」を地で行くようなものになるのです。生きているのが楽しくなる時に入ってゆきます。

 

「白露」乙女座・後半(9.8~9.22生まれの方)

このところ、安定した運気が続いております。今後もこれは変わりません。このような運気の今だからこそ、新たな何かのスキルを身に付けてゆくことをお勧めいたします。ここでは習得能力が高まっていますので、無為に過ごすのは勿体無いのです。

家族や友人とも良い調和関係にありますので、誰かと一緒に学ぶことも更に良いと思います。これと言った欠落のない時であり、穏やかな時間が流れます。これこそ運の良い時といえます。無事これ名馬であります!

 

「秋分」天秤座・前半(9.23~10.7生まれの方)

11月27日の射手座で形成される新月は、新たなスキルの習得を勧めています。この機会に、一つ上の技術を習得してみては如何でしょう? そしてこのところ、あなたを悩ませていた不動産や家族に関する問題がようやく氷解してゆく時期がやってまいります。

それは12月3日の木星山羊座移動であります。この辺りから、重たかった問題が少しずつ軽くなってゆくのです。この時期は守護星・金星も木星と並んでいるので、吉兆は更に増します。

12月は久々に非常に過ごしやすい、ホッと一息つける時となるでしょう。

 

「寒露」天秤座・後半(10.8~10.22生まれの方)

日常業務が順調に進む12月2日までに、大きな課題は片付けておきましょう。そこから運気が下がるわけではないのですが、あなたの視点は個人的なものに移ってゆくからです。家庭の問題に目を向けてゆく時が始まりますので、仕事に対してフレキシブルな対応が出来なくなる場面が生じそうなのです。

その個人的な課題も吉に向かってゆく時でありますから、全体運としては、この時期からアップしてゆく傾向にあります。

12月後半からは、大いに活躍が期待できる時となってまいります。

 

「霜降(そうこう)」蠍座・前半(10.23~11.6生まれの方)

27日に射手座で起こる新月は、あなたにとって新たな経済の流れが始まることを強く暗示しております。これは上昇気配のあるラッキーな要素を含んだ新月となります。

12月3日に木星が山羊座に入ると、仕事での進展が始まります。新たなスキルを身に付けましょう。それが更なる金運を呼ぶ事になります。この期間のあなたは知的能力がアップしていますので、判断に間違いはありませんので、自信を持って道を選択してゆくことが出来ます。

何かのスタートには最適な時であります。

 

「立冬」蠍座・後半(11.7~11.21生まれの方)

知的能力が相当に高まる期間となります。そして物事を再生&復活させてゆく力も宿っていますので、旧交や交際などを再編できる可能性もあります。ここでは昔に思いを馳せてみるのも一興かと思います。夢見能力も非常に高まってロマンチックな時を過ごせそうです。

今は恋愛そのものが人生の癒しに直結する時ですから、リアルな交際はもちろん、たとえ仮想恋愛であっても、あなたの心を豊かにしてゆく作用があるはずです。実務面も有能な時ですから、恋に仕事に大いに活躍できる時なのです。

 

「小雪」射手座・前半(11.22~12.6生まれの方)

11月27日の新月は、将にあなたの許にて形成されます。これはあなたの新生を表すものであり、大きなリフレッシュの時の到来を告げるものであります! これからの目標をしっかりと形づくる時なのです。

そして一番のトピックは、12月3日の守護星・木星の山羊座移動であります。ここはあなたの経済を司る場所です。ここに移った木星は、あなたに大きな経済力を授けてくれます。

新月と木星移動、あなたはこの2つの影響を最大に受けることになりますので、大きな覚悟をもって良き時に挑んでゆきましょう! GOOD LUCK!!

 

「大雪」射手座・後半(12.7~12.21生まれの方)

12月2日までに、残っている課題をやりきりましょう! そこまでは守護星・木星の加護があるはずです。3日から運気が低下する訳ではないのですが、若干、「祭りのあと」的な雰囲気が漂うかもしれません。

しかし、ここで無為に過ごすことはNGです。誕生日以降のロケットスタートを期待して、経済活動にいそしみましょう。ここでの進捗は鈍いかもしれませんが、不如意な時の踏ん張りこそ、実は本当の努力なのです。

12月7日からは活力が湧いてきます。環境もあなたに有利に展開されてゆきます!

 

「冬至」山羊座・前半(12.22~1.4生まれの方)

11月27日の新月あたりに、あなたの心の奥底に秘密の何かが芽生えそうです。新たな希望、もしかすると恋心かも知れませんね。決してマイナスなことではありませんので、それを意識して形にしてゆくと宜しいと思います。

12月3日、木星があなたの許に約12年ぶりにやって来ます。これは意識の拡大、可能性の拡大を表す吉兆となります。あなたは幸運の方角に舵を切って進むのです。心のままに向かう先を決めても良い時ではないかと思います。

いよいよ、大いなる幸運の時期の幕が開きます!

 

「小寒」山羊座・後半(1.5~1.19生まれの方)

仕事の人間関係に幸運が宿る時であります。多くの方があなたに協力的になってくれます。これはあなたが周囲に与える安定感が大きく影響しているのです。

でも今、あなたご自身は変化の渦のド真ん中に位置しています。冥王星と守護星・土星の影響を最大限に受けているところで、“破壊”と“再生”と“安定”が、同時にあなたに降りかかっているのであります。

これを悪い状況とは思わないで下さい。これこそ、あなたの人生を高みに運ぶ為には必要な変動なのです。星の暗示からすれば、“大きな試練の末の大成功”ということになるのですから。

 

「大寒」水瓶座・前半(1.20~2.3生まれの方)

11月27日に起こる射手座の新月は、あなたに新たな社会的環境が提示されることを強く暗示いたします。初めは、少しばかり妙な感じがあるかも知れませんが、新たなことには、全て違和感が付き物であります。

12月3日の木星の山羊座移動では、あなたの内面に多くの希望が湧いてくるはずです。ここでは先ず、苦手意識の克服から始めましょう。やったことの無いものに挑戦してゆくことが福を呼び込みます! 

喰わず嫌いでは勿体無いです。あなたの感性と能力が大きく広がってゆく時の始まりです。

 

「立春」水瓶座・後半(2.4~2.18生まれの方)

この時期は、あなたの能力が認められやすくなっておりますので、アイデアをどんどん公表してゆく時です。あなたにしか思いつかない、斬新で常識にとらわれないものこそ貴重であります。それが金運に連動するという暗示も強い時であります。

5日頃には、経済面における課題が出現して、少し不安になってしまうようですが、それを上手く解決してゆくことで運気は上昇基調に移ってゆきます。あなた独自の解決策が功を奏す時であります。

もちろん、乗り切れますので自信を持って臨みましょう!

 

「雨水」魚座・前半(2.19~3.5生まれの方)

11月27日の射手座新月から、あなたのキャリアが新たな輝きを増してゆきます。とても幸運な新月に感謝すべきです。

そして12月3日の木星の射手座移動は、あなたの社会的人間関係を大いに改善してゆけることを暗示しています。これは長期的なものですから、じっくりと取り組んでゆくようにすると、なおさら吉であります。

今後、あなたは多くの人の信頼と期待、そして少しばかりの羨望をも受けてゆくことになりますから、幸運を取りこぼさないためには、まずは周囲に対する心配りが大切なポイントとなるでしょう。

 

「啓蟄」魚座・後半(3.6~3.20生まれの方)

仕事の人間関係などで膠着状態が続いていますが、ここから少しずつ氷解してゆくことになります。守護星・海王星は魚座後半を進んでおりますので、実は今のあなたの運気は相当に高まっているのです。もう少し経過すると実感として湧き上がってきますが、今は夜明け前の一番暗い時、という状態なのかもしれません。

でも、12月10日を過ぎるくらいから、状況はあなたに有利に展開されてゆきます。そんな中でも、12月02日まではラストスパートをかけておくと有効です! 

ここで思いっきりやったら、3日から10日までは一休みしましょう!

 


※編集部より

二十四節気の区切りは、生まれ年によって若干異なる場合があります。
境目の生まれの方で、自分がどちらかわからないという方は、gplus@gentosha.co.jpへ
件名に【ホロスコープ歳時記】/メール本文に、生年月日・生まれた時間(なるべく正確に)と出生地をご記入の上、メールでお問い合わせ下さい。
 

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

ホロスコープ歳時記

「春分」や「寒露」など、手帳やカレンダーなどでもよく目にする東洋二十四節気と、星占いをつかさどるホロスコープの運行は、まったく別のもののように思われていますが、実は同じサイクルで動いています。

西洋と東洋の占いをくみあわせた「青山五行」の創始者である著者が、星占いをさらに前半・後半にわけた「東洋二十四節気星占い」によって、季節ごとの運勢を占います。

バックナンバー

小池雅章(青山五行) 占術家 「青山五行」創始者

世界各国の占術の研究を重ね「易」「四柱推命」「西洋占星術」などを複合的に組み合わせた独自の占術「青山五行」の創始者。
全国から鑑定予約殺到。これまで23500人を幸せに導いてきた、人気占い師。
twitterでの毎日の星占いが「当たる!」と評判に。@vinokoike
公式サイトではもっと詳しい星の動きを毎日更新しています。
https://www.aoyama-gogyo.com/

 

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP