1. Home
  2. 生き方
  3. あぁ、だから一人はいやなんだ。
  4. 第118回 私はピアノ

あぁ、だから一人はいやなんだ。

2019.10.31 更新 ツイート

第118回 私はピアノいとうあさこ

ピアノを習い始めたのは幼稚園の頃。近所の先生のお家に通っておりました。優しくて明るい先生で、クリスマスにはちびっこ生徒を 5~6 人集めてホームパーティもしてくれて。でも何故かその時はピアノに全然ハマらず。むしろそのクリスマスパーティの時に先生が作 ってくださった“マッシュポテトと挽肉を炒めたものを交互にグラタン皿に敷き詰めてオーブンで焼いたお料理”が美味しすぎてそっちにどハマり。今でもお店でこれに似た料理があると必ず注文。というかもう、マッシュポテトだけでも興奮しちゃう。20 代の頃、横浜のギリシャ料理屋さんで“ムサカ”と言う限りなく“あれ”に近いお料理に出会った時は狂喜乱舞したほどです。 結局ピアノに興味が持てなかった私は、しばらくしてレッスンを辞めてしまいました。

ただ私には一つ下の妹がおりまして。今度は彼女がピアノを始めるんですが、人が弾いているのを見ていたら、どんどん自分も弾きたくなってきて。そうです。幼いながらに初めて“失ってわかる大切さ”を経験したのです。「ああ、ピアノが弾きたい」「でも自らピアノを辞めた んでしょ、あさこ!」少女・あさこはその葛藤を繰り返した末、とうとう我慢が出来なくな り親に頭を下げるのです。「もう一度、ピアノを習わせてください!」 よく考えると人生で私が“ちゃんと”親にお願いをしたのはこの時が唯一と言っても過言ではないかも。

いや、お願いした事あるにはあるんですよ、いろいろと。特に将来の道に関しては小学 4~6 年の冬の間だけ、近所のスケート場でフィギュアスケートを習っていて。中学上がってからも練習続けてみようとコーチに勧められた時も、大学は宇宙物理学やりた くて東北の大学に行きたいと言った時もお願いしたのですが、親には「普通がいい」と反対されまして。でも今思うとこちらの真剣さが足りなかったな、と。だって一度反対されただ けで「どうしてわかってくれないの?」と悲劇のヒロイン感 100%でその悲しみと絶望をポエムと共に日記にしたためて終わり、でしたもの。本当にやりたかったら何度でもお願いして親を説得すればよかったわけで。

そう思うとそんな私が“ちゃんと”お願いしたくらい、こ のピアノ欲は強かったんだなぁ。 そこから私はめちゃくちゃピアノ弾きました。とにかく楽しくて。手が大きく、ピアノのタッチも強めだった私はベートーベンなど激しい曲を課題にされる事が多かったのですが、 小さい頃からずっと憧れていたのはショパンの「幻想即興曲」。この曲を 16 歳で弾かせて もらえた時の嬉しさは忘れられない。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

関連書籍

いとうあさこ『あぁ、だから一人はいやなんだ。』

寂しいだか、楽しいだか、よくわからないけど、日々、一生懸命生きてます。 人気芸人の、笑って、共感して、思わず沁みるエッセイ集。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP