1. Home
  2. 生き方
  3. あぁ、だから一人はいやなんだ。
  4. 第119回 散歩

あぁ、だから一人はいやなんだ。

2019.11.15 更新 ツイート

第119回 散歩いとうあさこ

歩こう 歩こう わたしは元気
歩くの大好き どんどん行こう

今年の秋のわたくしはまさにこんな感じ。先日もちょいと書きましたが、そうです。「ドラクエウォーク」です。正直“ドラクエ”自体まったく知らない私は、何をどう進んでいくのかもわからず。ただただ最初の第1章1話「冒険のはじまり」を繰り返しやっておりました。その都度、主人公・あさこは「1話クリア!」と飛び跳ねて喜んでいる。それを何十回か見た時、さすがに「おや?」と。その後10話×5章あり、自分で設定して進んでいく事は聞いたものの、結局ストーリーとかキャラクター達の会話は全飛ばし。地道にただ歩き、戦う毎日。

日々こなすサブクエストもいろいろありまして。それをクリアしていく為に朝、近所のコンビニにアイスコーヒーを買いに行ってみたり。クリーニング屋さんに布団やらコートやら出しに行ってみたり。仕事場へも自分の運転で行く事が多いのですが、駅までの道のりでやれる、と電車通勤にしてみたり。意外に(意外じゃないかもですが)出不精な私がまあよおでかけしちょります。私にとってドラクエウォークはもうゲームじゃなく、“散歩目的地提案アプリ”です。

先日も友人の結婚祝いのお返しにいただいたホテルの鉄板焼きディナーのペアお食事券がございまして。もちろん(?)大久保佳代子さんと行ったのですが、そのホテルというのが“バブル時代のクリスマスといえばここ! ”な赤坂プリンスホテル、通称赤プリ。あ、もちろん泊まった事などありませんが。そこに3年前新しく出来たザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町。ウキウキが止まらずうっかり早く着いてしまった私はしばらくホテルの周りを歩いてウォークっちゃおうとゲームを起動。ただホテルの周りはなんだかかなり物々しい雰囲気。実はその日の前日が即位の礼。まだ海外の要人の方々もいらっしゃるでしょうから多少は覚悟しておりましたが、それにしてもすごい数のおまわりさん。後にその日も安倍首相主催の晩餐会があった事を知るのですが、その時は知らなかったもので。「別に悪い事しているわけじゃないし」と歩き出したものの、マスクしたおばさんが何度も立ち止まり携帯いじっては同じ道を行ったり来たりする姿は完全に怪しかったに違いない。一応「怪しい者ではありません。ドラクエウォークやっているだけです」を伝えるべく、すれ違うおまわりさんにちょっと携帯画面を見せながら歩いてみたけれど、余計に、だったかも。

あと“ご当地クエスト”。47都道府県それぞれに4カ所ずつランドマークがあって。そこに行くともらえる“お土産”を集めるクエストです。ただコンプリートは100%無理なので、やるつもりなかった。なかったんですが東京都は渋谷109・東京タワーと何かと通るとこにポイントがあったもので、ついその2箇所の“お土産”ゲットしてしまったんですね。そうなると火が付いちゃうと申しますか。小さい頃からスタンプラリー、ハマるタイプでしたから。集め始めちゃうわけです。ええ。

そんな時、運命のように一日お休みの日が。お天気もザ・秋晴れでおでかけ日和。ならばちょっと遠出を、と目的地は、高尾山。実は東京都の“お土産”ポイントは先ほどの2カ所と“浅草寺雷門”、そして“高尾山”。しかも“山頂”。頂上まで行かないともらえないんです。一人で行くのも寂しいのでドラクエウォーク仲間の山田ジャパン・横内亜弓(あみ)嬢を誘い、二人で高尾山を目指します。

朝、新宿駅で待ち合わせ。9時過ぎ発の特急なのに、これまたウキウキし過ぎで8時過ぎに新宿到着。パン屋さんのイートインコーナーで、カレーパン&アイスコーヒーを楽しみながら携帯で“はじめての高尾山”のページを熟読。おそらくですが初なんです、高尾山。景信山は小学校の遠足で行って、お土産にペナントを買い、部屋の壁に貼っていたので覚えているのですが。待ってろ、初高尾山。

1時間ちょっとで高尾山口駅に到着。そこからリフトで山の中腹へ。11月あたまの高尾山は紅葉にはちょいと早いけど、とにかく気持ちいい。緑の中に咲く秋の花たちも綺麗。リフトを降り、そこから1時間くらいの登山。ちっちゃい幼稚園児からお年寄りのグループまで皆さん一生懸命登っていらっしゃいます。私たちもいったんドラクエウォークはオフ。なかなか急なところもありますが、すれ違う子供たちの元気な「こんにちは!」に力をもらい、なんとか頂上へ。平日とは思えない混雑でしたが、なんともすがすがしい。抜ける風と綺麗な空気が流した汗をも気持ちよくしてくれる。気持ちよいついでにそのまま山頂の茶屋へ。すぐさま缶ビールで乾杯。とろろ蕎麦を勢いよくすする。大人の遠足、最高。

帰る際、“お土産”ゲットすべく山頂のマークをタップしていたところ、横で亜弓ちゃんが「あれ?」なにやら山頂で電波が悪いのか、GPSがうまく場所をキャッチしてくれないと。「私ら今どこにいる事になってる?」「あざみ野。」いやいや、高尾山にいるよ。急遽GPSキャッチ旅スタート。そこからちょっと下っては山頂へ、ちょっと下っては山頂へ、を繰り返す。おそらく高尾山“もう一登り分”したのでは?と思った頃、急に亜弓ちゃんGPSが高尾山をキャッチ。急いでタップし、“お土産”ゲット。はあ、よかった。

先日、仕事が夕方で終わった日もドラクエウォーク仲間のスタッフさん2人を我が車にお乗せして、いざ“海ほたる”へ。千葉県の“お土産”スポットの一つです。夕暮れの海ほたるはこれまた本当に絶景。沈む夕日に照らされて浮き出る富士山の影はとてもとても美しく。数え切れないほどのウミネコたちも静かに海を見ながら夜を待っている。なにこれ、最高じゃないの。またまた気持ちよすぎてビール、は車なので我慢して、釜玉うどんをスルリ。やっぱり大人の遠足、最高。

あ、やばい。これ書いてる間にまた遠足欲が。お天気もいいし、神奈川県横須賀の三笠公園でもぷらりと行ってみようかな。こりゃみんなが飽きた数年後にも、私まだ「お土産28個目ゲット!」なんて、やってるかも。

【本日の乾杯】
高尾山の頂上でいただいたとろろ蕎麦。登頂の達成感、とにかく気持ちいい気候、そして何より美味しいお蕎麦で真っ昼間に飲むビールのウマさよ。最高の贅沢です。

関連キーワード

関連書籍

いとうあさこ『あぁ、だから一人はいやなんだ。』

寂しいだか、楽しいだか、よくわからないけど、日々、一生懸命生きてます。 人気芸人の、笑って、共感して、思わず沁みるエッセイ集。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP