1. Home
  2. 暮らし術
  3. ホロスコープ歳時記
  4. 【東洋二十四節気星占い 11月8日~】知...

ホロスコープ歳時記

2019.11.08 更新 ツイート

【東洋二十四節気星占い 11月8日~】知性が高まる「立冬」の過ごし方とは小池雅章(青山五行)

四季折々の暮らしに欠かせない歳時記。昔から伝わる、季節の行事にあわせた暮らし方には日々の健康や開運・幸せになる知恵がたくさんつまっています。

そしてこれはあまり知られていないことですが、歳時記のもととなる二十四節気と、星占いをつかさどるホロスコープの運行には密接な関係があるのです。

本連載では、西洋の星占いと東洋の易をくみあわせた占術「青山五行」の創始者である著者が、11月8日から始まる「立冬」の時期の過ごし方について、12星座を前半・後半にわけた「東洋二十四節気星占い」でアドバイスします。

*   *   *

物質VS情念 相反する気持ちが訪れる11月12日の満月

いよいよ冬支度の時がやって来ました。
11月8日、太陽は蠍座15度に進みます。
この太陽は山羊座の土星、冥王星と良きバランスをとります。

そんな中、11月12日夜、22時34分
牡牛座の月と蠍座の太陽が地球を挟んで対峙いたします!
これが満月であります。


牡牛座の月は 物質や金銭に執着。
蠍座の太陽は 肉体や情念に執心。
この葛藤。

愛情をとるか?
何言ってんの、世の中やっぱりお金でしょう、となるのか?
何だか、やるせない気持ちにさせる満月となりそうです。

でもこれは一過性のことですから、実害には至りませんのでご安心を。

11月19日は要注意日。約2年ぶりに火星が蠍座に入ります

むしろ、これよりも印象的な占星術的トピックは、19日に火星が蠍座に入ることです。

 

火星の公転周期は約2年。
古くからの占星術の言い伝えに、「火星が蠍座にあるアンタレスに近づくと争いが起こる」 というものがあります。
アンタレスとは、蠍座で赤く輝く恒星です。一方の火星も赤く光る星。
ですから両星はよく見間違われていたようです。

1930年に冥王星が発見されるまでは、火星が蠍座の守護星でしたから、破壊と再生という暗示そのままだったのかもしれません。

更に、この火星が牡牛座の天王星と180度で睨み合いますので、世の中的には紛争や緊張、個人的には物別れなどといった嬉しくない暗示も潜んでいます。
なかなか穏やかに過ごすことは難しい時となるかもしれません。

東洋暦で言いますと月の干支は「乙亥」となり、冬の干支となります。
亥はいのししですから、今年の干支である「己亥」と同じ亥となります。
五行で言えば「水」が強くなる時であり、季節の色は黒です。
水とは「智」や「性」を表しますので、知性と色欲が強まってゆく傾向になります。

「乙亥」の乙は木の五行、亥は水ですから相生の関係となり、こちらも知性の高まりを暗示しています。

 

立冬の15日間を5日間ずつにわけてゆくと

初候 11月8日~12日
「山茶始めて開く(つばき はじめてひらく)」

次候 11月13日~17日
「地始めて凍る(ち はじめてこおる)」

末候 11月18日~21日
「金盞香(きんせんか さく)」

ということになります。

つばきとは、山茶花(さざんか)を指します。
さざんか と聞くと、昔懐かしい童謡が頭に浮かんで来る方も多いのではないでしょうか。
焚き火が恋しくなるような寒い季節を象徴する花です。
雪をかぶった山茶花などは、風物詩の一つですね。

 

「旅に病んで 夢は枯野を かけ廻る」……芭蕉

芭蕉が最後に詠んだとされるものです。
色々な解釈がありますが、芭蕉はこの時50歳。まだまだ今で言えば働き盛り。
松尾芭蕉というと お爺さんのイメージですが 享年50歳とは、なんとも早世だったのですね。
立冬、まさに全てが枯れてゆく時、人生のはかなさを芭蕉も感じていたのでしょう。

冬は全てのものを凍らせてしまいますが、胸の中の想いだけは 守ってゆきたいですね。

二十四節気星占いでみる、11月8日~の運勢

この二十四節気星占いでは、12星座を前半・後半にわけて、あなたにぴったりの「立冬」の時期の過ごし方をお知らせします。
先ずは自分の誕生日が二十四節気のどこにあたるのか、下記でチェックしてみてください。

 

 

 

「春分」牡羊座・前半(3.21~4.4生まれの方)

11日、あなたの経済にちょっとしたさざ波が立つようです。これはある意味、金運の上昇ということですが、振幅が大きくなりますので、出るのも入るのも大きくなってゆく暗示となります。14日には仕事関係に進捗がありますが、論理的になりすぎて周囲との対立の懸念が生じます。20日、ここから運気の高揚が始まります。今までの不調を一気に挽回して行ける時です。多くの協力者の出現も期待されますので、円滑な人間関係が幸運の鍵となります。

 

「清明」牡羊座・後半(4.5~4.19生まれの方)

12日の満月は、あなたの金運の変化を表します。今までとは違った方策を考えてゆく時となります。対人関係においても少しばかり厳しい時となりますから、反論よりも従順策が功を奏すようです。そんな状況が好転して行く、切り替えポイントは20日です。直ぐには好影響は感じられませんが、ここから確実に運気は復調を始めます。誰かからの好意を得ることで自信に繋がり、そして行動にも張りが出てきます。2019年のラストスパートを意識して過ごすと良いでしょう。

 

「穀雨」牡牛座・前半(4.20~5.4生まれの方)

11日、心の中に大きな目標のようなものが出現しそうです。胸の高鳴りを信じてみても良いのかもしれません。多くの人があなたに協力的ですから、とても過ごしやすい日々となりますが、14日~15日は甘えすぎには注意しましょう。20日には状況が一変して行きます。対人関係に緊張が生まれる時期に突入するので、急変する人間関係をしっかりと観察しなくてはなりません。パートナーシップでは相手が強硬的になりますので、ひたすら柔軟な態度でいることが必須となります。

 

「立夏」牡牛座・後半(5.5~5.20生まれの方)

12日の牡牛座での満月は、あなたには大きなインパクトを与えるものとなります。対人関係の総切り替えとは行かないまでも、多くの人との関係を点検する時期であります。重要と思える人以外にも、あなたに協力的な人はたくさんいるのだと気付くはずです。14日には多少の摩擦もありますが、「何が」もしくは、「誰が」大切なのかを認識することになるかもしれません。17日には選んだ道が正解だったと納得できそうです。19日がこの期間の一番のラッキーデーとなります。

 

「小満(しょうまん)」双子座・前半(5.21~6.5生まれの方)

11日、心の奥底に、あるヒントが芽生えそうです。14日には多少の摩擦はあるものの、それが実現化してゆきそうです。ここではあまり反発的にならずに、周囲の意見を取り入れながら事を進めてゆくと、成功率が高まります。20日には不調だったパートナーとの関係も修復傾向に転じますが、個人的なお楽しみは後回しに。仕事やミッションが山積していますので、そちらを片付けてからにしましょう。やるべき仕事を優先する事で、大きな進捗を得ることができ、結果的に吉と出る時です!

 

「芒種(ぼうしゅ)」双子座・後半(6.6~6.20生まれの方)

12日の満月は、あなたの考え方を変化させる作用があるようです。今までのやり方とは異なった方法を試してみましょう。これは仕事や恋愛においても同様です。即ち、少しばかり価値観の変更を掻き立てられる時なのです。15日は対人関係に要注意です。いくら正論を語っても、溝は深まるばかりです。むしろ無言でやり過ごしましょう。20日からは仕事モードに切り替わります。今月は後半のほうが進捗の度合いが数段高くなります。このあたりから仕事最優先でまいりましょう!

 

「夏至」蟹座・前半(6.21~7.6生まれの方)

11日、あなたの社会的人間関係に嬉しいことが起こる暗示です。多少の無理は承知で、そちらになびいて行っても良いのではないかと思います。16日、あなたの運気が強まると同時に、感情の起伏も大きくなります。ここは気持ちを前面に出してゆくことが幸運への近道ではないかと思います。20日からは今年のモテ期、つまり恋愛モードとなってゆきます。恋愛に限らず、愛情を注ぐ対象が増えてゆくということです。愛なくして人生は成り立ちません。とにかく楽しみましょう!

 

「小暑」蟹座・後半(7.7~7.22生まれの方)

12日の満月と、翌13日は心が相当に高揚する時です。じっとしていられないほどの時ですから、それ以前から予定を入れておくことをお勧めいたします。17日は数ヶ月ぶりの、あなたにとっての幸運日となります。多少のプレシャーははね除けて、思うことに力を注ぎましょう。19日あたりから流れはスムーズになってゆきます。22日は特に夢見がちであり、現実的にも成果の挙がる日となります。全般的に良き2週間となってゆきます!

 

「大暑」獅子座・前半(7.23~8.7生まれの方)

11日、あなたの社会的評価に嬉しいハプニングがありそうです。しかし、それがもとで12日には多少の反発があるやもしれませんが、それは単なるやっかみですから軽く受け流してOKです。 18日は、気ばかりが焦ってしまい、何となく行動に移せない焦燥感が漂いそうです。もう少し時期を待ちましょう。20日には足元に変化が起こりそうですから、それまでにしっかりと立場を固めておきましょう。あなたの活躍の時期は、23日からです。そのための準備期間が今なのです!

 

「立秋」獅子座・後半(8.8~8.22生まれの方)

12日の満月は、対人関係において、突然、緊張の場面が生じることを暗示します。いくらか覚悟をしていれば無難に過ごせるはずです。この期間は、いつもは柔軟な発想で対応できるあなたには珍しく、非常に論理が優先してしまう時でもあり、理屈っぽくなっています。これが原因でスムーズに行くはずのものが、もつれてしまうのです。あなたには理屈よりも友愛の心が似合います。それが人を惹き付ける美点ともなっているのです。「情と才」、これがあなたの持ち味だということをくれぐれもお忘れなきように!

 

「処暑」乙女座・前半(8.23~9.7生まれの方)

11日、心の奥底に自信のようなものが生まれます。これは今後のあなたにとっては重要なアイテムとなりますので、しっかりと記憶に残しましょう。12日は、何となく抑圧的な感じが漂いますので、目立ったことは避け、なるだけ一人でできることをやっておきましょう。20日には行動力と思考力が高まってゆく時期のスタートとなります。ここからが今年の活躍期とお考え下さい。周囲の人々が戸惑っている中で、あなたは駆け抜けられます! 活躍期の始まりです。

 

「白露」乙女座・後半(9.8~9.22生まれの方)

12日の満月は、良きセルフイメージが生まれるようです。今までの実績に誇りを持てるようになり、ここから新たな段階に進んで行く時となります。あなたの実力というか真の力が甦る時となりました。何かと心配だった経済問題も20日にはピークを過ぎ、金運も順当に戻って行く暗示となります。余計な心配はせずに活躍できるようになってまいります。特に知性が冴える時期なので、懸案事項は22日までに片付けてしまうことをお勧めいたします。

 

「秋分」天秤座・前半(9.23~10.7生まれの方)

11日、誰かがあなたに力を貸してくれますから、困った時は直ぐに助けを求めましょう。14日、ちょっとしたことで拗ねてしまいそうですが、ご心配は無用です。そのことが後になってから良き結果を招くようです。20日、経済の活性化が始まります。出てゆくものも大きいのですが、入ってくるものや助けも期待できますので大丈夫です。22日と23日は、この期間の幸運日となります。この日に狙いを定めて何かを実行するのは大賛成!

 

「寒露」天秤座・後半(10.8~10.22生まれの方)

12日の満月は、あなたの金運に変化が訪れる時です。ここで有効と思える手段を講じることは、近未来に良き結果を出すことに繋がりそうです。15日にはパートナーシップにて多少の緊張が生まれそうですが、基本的にあなたは守られておりますので、心配には及びません。19日と20日は、この期間の幸運の時です。周囲の理解を得やすく、あなた自身も行動力に溢れます。23日からは更なる活躍期が始まります。

 

「霜降(そうこう)」蠍座・前半(10.23~11.6生まれの方)

11日、パートナーや対人関係において、相手の気まぐれに翻弄されそうです。これは一時的なものですので、この数日間はスルーの姿勢を決め込みましょう。ここさえやり過ごせれば、他にこれといった問題はない、平穏な時が流れて行きます。17日、もう一度緊張の場面がありますが、あなた優位に物事は展開してゆきますのでご安心を! そして20日からは好調期が始まります。ここから急速に運気は上昇を始めます。この先、数週間以上にわたって存在感を発揮できる、その始まりの時です。

 

「立冬」蠍座・後半(11.7~11.21生まれの方)

12日の満月には、極力、対人関係のいざこざは避けましょう。ここはあなたが優位になる時ですので、相手を完膚なきまでにやっつけてしまう可能性があるからです。争い事は、相手の立場や逃げ道を残しておかないと遺恨を買います。17日は大変好調ですから、何かを計画するならばこの日が良いでしょう。逆転サヨナラ勝ちの追い風が吹く日です。22日までが運気の強い時となっておりますので、課題はそれまでにしっかりとクリアーしておくことをお勧めいたします。

 

「小雪」射手座・前半(11.22~12.6生まれの方)

11日は急な仕事が入りそうですので、心の準備をしておきましょう。これが無駄に見えても近未来の成果に繋がります。15日には気持ちが大きくなりすぎてハメをはずしてしまうようですが、たまには良いかもしれません。誕生日を前にして20日からクライシスポイントに入ります。誕生日前の数週間は、誰しも注意の時なのです。それが今年は20日から始まります。思いつきの行動は、極力避けましょう。誕生日の2日後くらいまでは慎重にまいりましょう。

 

「大雪」射手座・後半(12.7~12.21生まれの方)

12日の満月は、今までの仕事のやり方を見直し、改善してゆく良き契機となりそうです。良いと思っていた習慣なども見直しの時であります。15日は気が大きくなりすぎます。取り返しのつかないような約束はしないように! 19日までは順調だった人間関係において、20日からは少しばかり波乱が生じがちです。友愛を第一義に考えて、エゴを引っ込める時であります。射手座の美点は自由な言動ではあるものの、勝手放題のワガママではいけません!

 

「冬至」山羊座・前半(12.22~1.4生まれの方)

11日、突然の恋心の発生が暗示されます。恋ではなくとも、何か惹かれるものの出現であります。17日あたりには、対人関係に少しばかり緊張が走るかもしれません。これは一過性ですのでお気になさらずに! 20日に大きく運気は変わります。ここからあなたの社会的人間関係や仕事上の交流が盛んになります。ここはできるだけ顔を出すべきであります。その中から個人的な付き合いに発展してゆく、大切な人物の出現も期待できます。

 

「小寒」山羊座・後半(1.5~1.19生まれの方)

12日の満月は、今まで良好であった関係が更に次の段階に移ってゆく暗示となります。仲間から親友へ、知り合いから恋人へ、そんな深化が暗示されます。17日にはその切り替えの緊張が生じそうですが、上手く乗り切れば良き関係が築かれてゆくでしょう。20日には公的な緊張から解放されて、やっと自由な時間を持てそうです。多くの人と楽しい時間を過ごせる時となりました。22日までの数日間ですが、魅力的な予定をどんどん入れてみては如何でしょうか?

 

「大寒」水瓶座・前半(1.20~2.3生まれの方)

11日、家庭内や家族間でのハプニングが生じそうです。これは数日間で自然消滅する可能性が高いのでご安心を! 18日には対人関係でやはり緊張が生まれます。こちらは修復のための努力が必要になりそうです。20日に火星が蠍座に入ると、水瓶座の守護星である天王星と180度の関係となり、本格的な緊張状態となります。これは11月末頃まで継続いたしますので、要注意の期間です。対人関係、相手の理不尽な要求に対処する時です。くれぐれも事を荒立てないよう、グッと抑えて大人の対応を!

 

「立春」水瓶座・後半(2.4~2.18生まれの方)

12日の満月は公私間の大きな葛藤を表します。あなたの立場も大事ですが、相手の要求にも正当性があるようです。柔軟な態度にて臨みましょう。18日もあなたを取り巻く環境が膠着(こうちゃく)しそうな雰囲気であります。これが22日まで継続して行くことになりますが、ここで味方してくれるのは、やはり身内であります。もちろん、そう思える友人、仲間でもあります。一人よりも、彼らとの共闘を選びましょう。今は周囲が非常に頼りになる時だからです。12月初めまでは、協力者の手を借りながら一緒に進むべきです。

 

「雨水」魚座・前半(2.19~3.5生まれの方)

11日はとてもインスピレーションが冴え渡ります。ここでのアイデアを書き留めておくと、近未来の発展に寄与するでしょう。17日は夢見と現実と知性が見事に調和する素晴らしい時でありますから、大きな進展が期待されます。20日からは数年ぶりに自信が戻り、大きな推進力となって、あなたを現実的な行動へと駆り立てます。これは数ヶ月間続く暗示でありますから、長期的な計画などを立てる時であります。加えて、社会的な評価も非常に上昇して行く時となりますので幸運期と言って良いでしょう!

 

「啓蟄」魚座・後半(3.6~3.20生まれの方)

12日の満月は今までの仕事が一段落することを暗示いたします。15日は、その切り替えポイントとなるでしょう。17日には周囲の揉め事の調整役として活躍できそうです。これらがあなたの評価をより高いものにして行くことになります。21日と22日も好調は継続して行きますが、ここで手を広げると抱え込み過ぎてしまいそうなので、依頼されるものはともかく、自ら進んで手を挙げることは控えたほうが無難でしょう。黙っていても、あなたの評価は充分に輝きますから、自然の成り行きに任せれば良いのです。

 


※編集部より

二十四節気の区切りは、生まれ年によって若干異なる場合があります。
境目の生まれの方で、自分がどちらかわからないという方は、gplus@gentosha.co.jpへ
件名に【ホロスコープ歳時記】/メール本文に、生年月日・生まれた時間(なるべく正確に)と出生地をご記入の上、メールでお問い合わせ下さい。
 

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

コメント

幻冬舎plus  【東洋二十四節気星占い 11月8日~】知性が高まる「立冬」の過ごし方とは|ホロスコープ歳時記|小池雅章(青山五行) https://t.co/07qVrjdv86 7日前 replyretweetfavorite

幻冬舎plus  今日から #立冬。12日の夜は「やるせない」満月が見える?!〔柳〕 【東洋二十四節気星占い 11月8日~】知性が高まる「立冬」の過ごし方とは|ホロスコープ歳時記|小池雅章(青山五行) https://t.co/07qVriVTJw 7日前 replyretweetfavorite

林けいこ  【東洋二十四節気星占い 11月8日~】知性が高まる「立冬」の過ごし方とは|ホロスコープ歳時記|小池雅章(青山五行) - 幻冬舎plus https://t.co/dVuf3x7m0G 7日前 replyretweetfavorite

小池 雅章 (青山五行)  幻冬舎PLUS 「ホロスコープ歳時記」 立冬編 リリースいたしました! クリック ↓↓↓ https://t.co/1CQbp8Rqc5 #占い #今日の運勢 7日前 replyretweetfavorite

幻冬舎plus  [NEW] 【東洋二十四節気星占い 11月8日~】知性が高まる「立冬」の過ごし方とは|ホロスコープ歳時記 小池雅章(青山五行) https://t.co/wm9vaLoGOd 8日前 replyretweetfavorite

ホロスコープ歳時記

「春分」や「寒露」など、手帳やカレンダーなどでもよく目にする東洋二十四節気と、星占いをつかさどるホロスコープの運行は、まったく別のもののように思われていますが、実は同じサイクルで動いています。

西洋と東洋の占いをくみあわせた「青山五行」の創始者である著者が、星占いをさらに前半・後半にわけた「東洋二十四節気星占い」によって、季節ごとの運勢を占います。

バックナンバー

小池雅章(青山五行) 占術家 「青山五行」創始者

世界各国の占術の研究を重ね「易」「四柱推命」「西洋占星術」などを複合的に組み合わせた独自の占術「青山五行」の創始者。
全国から鑑定予約殺到。これまで23500人を幸せに導いてきた、人気占い師。
twitterでの毎日の星占いが「当たる!」と評判に。@vinokoike
公式サイトではもっと詳しい星の動きを毎日更新しています。
https://www.aoyama-gogyo.com/

 

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP