1. Home
  2. 生き方
  3. あぁ、だから一人はいやなんだ。
  4. 第116回 なんくるないさー

あぁ、だから一人はいやなんだ。

2019.09.30 更新 ツイート

第116回 なんくるないさーいとうあさこ

4月からスタートしたユニコーン100周年ツアー「百が如く」。いろいろ足しての100周年。本当に“生きる”事を楽しんでいる感じがすごくして、自分もこう生きたいなぁと思う。デビューからずっと大好きな皆様です。7月あたまの武道館公演の時は、ちょうどマラソンの練習で皇居に向かう途中、目の前を通りまして。“ツアー行きたい”欲120%状態に。そんな時、ツアースケジュールを見たら8月最後の土曜日に沖縄公演が。手帳を確認するとその日は朝、いつものラジオが終わったらそのまま日曜日まで空いているではありませんか。おお、なんたるデステニー。でも一人で行くのも寂しいから「大久保さんがもし空いていたら行こう。でもそんな奇跡はないか」と思っていたら、これがまさかのOK!

 

そこからのあさこは速い。早速もろもろの手配を始めます。まずは飛行機。夏の終わりとは言えまだまだ混んでいたけれど、行き4席、帰り3席空きがある便を発見。慌てて往復2席ずつおさえる。ホテルは会場の宜野湾海浜公園野外劇場付近を探すとすぐ隣に1件。問い合わせるとツインが2部屋だけ空いておりまして。これまた滑り込みで1部屋予約。あとはレンタカー。“禁煙”“安い”で探したところ、これまた良い車がすぐに見つかり手配完了。こうして“奇跡の一泊二日の夏休み”の準備が整いましたのでございます。

8月31日当日。朝9時にラジオの生放送を終え、短い夏休みの始まりです。大久保さんとは羽田空港で待ち合わせ。こんなに溢れんばかりのウキウキ旅ですが残念ながら私はマラソンの名残で足を引きずり。大久保さんも坐骨神経痛でめちゃくちゃ足を引きずっておりまして。まさかの“ヨロヨロおばさん”二人旅です。
せっかくの夏休み。“羽田から乾杯”といきたいところなのですが、沖縄着いたら運転なのでグッと我慢。“速攻ホテル入って部屋飲み”プランで。那覇空港到着後、レンタカーの手続きを早々に済ませ一路ホテルへ。かわいい真っ赤な車で40分。真っ青な空と時折見える沖縄の海に大量のワクワクをもらいながらのドライブはあっという間。宜野湾のホテルに到着です。目の前が海のホテルと言うことで全室オーシャンビューという最高のロケーションにニヤニヤが止まらない。

部屋に着くと即、作戦会議。ライブは18時から。今は15時。まずはルームサービスのメニューをチェック。沖縄らしくゴーヤチャンプルーと、普通に“美味しそう”でミートソーススパゲッティーをセレクト。ただ先にグッズを買って、部屋でTシャツ等着替えて行くのがベスト、となりまして。なので私はまず会場横のグッズ売り場へ。そしてルームサービスがその間に来て、冷めちゃったらイヤなので「いとう、グッズ売り場へ」→「混み具合から戻り時間を逆算」→「ホテルで待つ大久保さんに連絡」→「大久保さん、注文」という完璧な計画をたてる。グッズ売り場に行くと時間も早くまだそんなに混んでいなかったのであさこ特派員、すぐ大久保さんに“注文GO”の連絡。さあ、グッズは何にしよう。実は今回の沖縄公演はMONGOL800さんとの対バンスタイル。なので沖縄限定グッズばかり。“超”レアな限定Tシャツとタオルに大興奮。更にはラババンとライブで使うフラッグも購入。戻る途中、売店で大量の缶ビール忘れずに買いまして部屋へ。すると部屋に着くと同時にちょうど素敵なご飯たちも到着。ああ、なんて無駄のない最高のタイミング。

目の前に広がる真っ青な海を見ながら、しかも明るいうちから飲むと言う贅沢感。お料理たちも満点の美味しさで幸せ気分がグングン上がります。夏休みというゆったりさに酔いしれながらちょうどビールがなくなり17時。Tシャツに着替えタオルを首に。手首にはラババン。旗を持ったらライブ参戦スタイル完成です。会場はおそらくキャパ数千人。ステージがめちゃくちゃ近い。屋外で沖縄の風を浴びながら、そして暮れゆく空を眺めながら、そしてそしてまさかの生ビールを飲みながら、というこの上なく最高な中、近距離で浴びる曲の数々に「幸せだあ!」と自然に何度も叫んでしまうほど幸せだった私。時に踊り飛びはね、時に感動に泣き、時に大声でみんな一緒に歌い。その夜の泡盛が止まらなかったのは言うまでもありません。ああ、素敵な夜過ぎた。ユニコーン様とモンパチ様。心から大大大感謝です。

翌日は夜の飛行機まで沖縄を満喫しよう、と。となるとやはり“海”。そのつもりで20年前に買った水着も持ってまいりました。でもあまり混んでいる所はやだな、と思って朝、携帯で“沖縄ビーチ内緒”で検索。いくつか出てきた中からビビビと来た宜野湾から約1時間半沖縄を横断したところにある浜比嘉島のムルク浜に行ってみることに。これがまた大当たり。ちょうど夏休みのラストと、9月からの大学生の来襲の狭間の日曜日で空いておりまして。ほぼ貸し切り状態。ジェットスキーで行く無人島シュノーケリングツアーを申し込んでかわいいニモたちを見て癒されたり、エサをあげたら魚に囲まれ指も噛まれて怖くなったり、無になってプカプカ浮かんでみたり。存分に海を満喫。シャワー浴びて着替えて車に戻ると、それまでの快晴が嘘のようにどしゃ降りに。本当にラッキー続きの旅でした。

帰り道はDJ佳代子が携帯の充電残20%なのにUNICORN&MONGOL800の名曲を流してくれ、ご機嫌な2時間弱のドライブ。レンタカーを返し、沖縄在住の、私と本当に瓜二つでおなじみの歌手アイモコのモコちゃんを呼び出し合流。最後はやっぱり泡盛&チャンプルーで終了です。

一泊二日とは思えない充実しまくり、大満足の沖縄旅行。沖縄の海、空、音楽、そして素晴らしきお酒とお料理たちよ。山ほどの幸せをありがとう。充電完了。よし、また頑張りやす。

 

【本日の乾杯】
沖縄の夜の泡盛のお供、海ブドウです。何が違うのか?と唸るほど、めちゃくちゃ張りがあってめちゃくちゃ美味しかった。そりゃシークワーサーたっぷり入れた泡盛がぶ飲んじゃうよね。

関連キーワード

関連書籍

いとうあさこ『あぁ、だから一人はいやなんだ。』

寂しいだか、楽しいだか、よくわからないけど、日々、一生懸命生きてます。 人気芸人の、笑って、共感して、思わず沁みるエッセイ集。

{ この記事をシェアする }

コメント

🐌でん🐌  遅くなったけどあさこさんの沖縄参戦記読んだ。好きなバンドや沖縄行きを誘える友達がいること、限りある時間を楽しみきる心があることなどのすばらしさをビシビシ感じる良き文章だ。 第116回 なんくるないさー|あぁ、だから一人はいやなんだ… https://t.co/0FxzIVSPSn 2日前 replyretweetfavorite

シロ  第116回 なんくるないさー|あぁ、だから一人はいやなんだ。|いとうあさこ - 幻冬舎plus いとうあさこさんのコラムがザキ様のコラムぐらい読み応えがあって面白い🤣文才ですな〜 https://t.co/qPIdZzs60Y 7日前 replyretweetfavorite

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP