1. Home
  2. 生き方
  3. 前進する日もしない日も
  4. こんなかき氷食べました

前進する日もしない日も

2019.08.09 更新 ツイート

こんなかき氷食べました益田ミリ

かき氷が空間を飛びまわっている。

きのうも飛んできた。わたしのスマホに。こんなかき氷食べましたお知らせがやってくると、食い入るように眺めてしまう。

スマホに届いたそのかき氷は、桃のシロップの上に砕いたチョコレートがふりかけられていた。

 

かき氷の上に固形物。

「さもありなん」

もはや驚くこともなく、ただただ「おいしそう~」である。

最近は仕事の打ち合せも、かき氷がある店にしよう! なんてことになっており、先日、意気揚々と出かけたカフェのかき氷は、五感を刺激する新感覚のかき氷という触れ込みだった。途中でパウダーをかけると味がかわったり、さらにそこからマジックフルーツという実を食べてもう一度違う味わいを体験できるらしい。パチパチはじけたりもするそうな。汗をふきふき行ってみれば、五感を刺激するかき氷は売り切れであった。どうやら、みな五感を刺激したがっているようだ。

今頃書くのもどうかと思うが、タピオカも大流行している。まだ飲んでいない、という話をとある出版社の会議室で申告したところ、

「あります! うちのメニューに」

という朗報が入った。

「最近、タピオカドリンクが追加されたんですよ~」

編集者がメニューを持って来てくれたものの、タピオカドリンクの文字の上に「品切れ中」のシールが……。

わたしは勝手な推理をする。

若い社員たちは外のカフェでタピオカ体験を済ませているわけで、社内でこれを飲むのは若者ではない人々なのではあるまいか。流行っているようだしちょいとここで、みたいな? それで品薄になっているのだったりして。わたしも同じ魂胆であったがあいにくの品切れ中で断念。いつか令和元年を振り返るときに役立ちそうなアイテムに違いないので、

早く飲んでおかなきゃ!

と街を歩きつつ、今日でなくてもいいかなと行列の店の前を通り過ぎるのであった。

 

*最新刊『かわいい見聞録』の特設サイトはこちら。

猫のしっぽ、ソフトクリーム、シジミ、毛玉……王道&意外な30の「かわいい」
そのヒミツを探るコミック&エッセイ

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

コメント

幻冬舎plus  暑い夏にぴったりの記事。 「五感を刺激するかき氷」は食べてみたい…!〔柳〕 こんなかき氷食べました|前進する日もしない日も|益田ミリ https://t.co/UMESnoiuqB 8日前 replyretweetfavorite

林けいこ  こんなかき氷食べました|前進する日もしない日も|益田ミリ - 幻冬舎plus https://t.co/MzEauao2iE 8日前 replyretweetfavorite

幻冬舎plus  [NEW] こんなかき氷食べました|前進する日もしない日も 益田ミリ https://t.co/volqrM85b5 8日前 replyretweetfavorite

前進する日もしない日も

仕事の打ち合わせ中、まったく違うことを考えてしまう。ひとり旅に出ても、相変わらず誰とも触れ合わない。無地の傘が欲しいのに、チェックの傘を買ってくる。〈やれやれ〉な大人に仕上がってきたけれど、人生について考えない日はない。そんな日々のアレコレ。

バックナンバー

益田ミリ イラストレーター

1969年大阪府生まれ。イラストレーター。主な著書に漫画「すーちゃん」シリーズ、『週末、森で』『きみの隣りで』『世界は終わらない』『今日の人生』『僕の姉ちゃん』『沢村さん家のこんな毎日』『泣き虫チエ子さん』などがある。またエッセイ『女という生きもの』『47都道府県 女ひとりで行ってみよう』や、絵本『月火水木金銀土日 銀曜日はなにしよう?』(共著)など、ジャンルを超えて活躍する。最新刊は小説『一度だけ』。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP