1. Home
  2. 暮らし術
  3. 資本家マインドセット
  4. もう「他人の時間」を生きるのはやめよう

資本家マインドセット

2019.04.09 更新

もう「他人の時間」を生きるのはやめよう三戸政和

(写真:iStock.com/Bulat Silvia)

〈この本には私にとって「不都合なことばかり」書きました。文脈を読み違えれば、私が「搾取する側」に見えるからです。だからこれまで「資本家の考え方」は世に出てこなかったのでしょう。でもサラリーマンも、こんな「別の人生」があることを知っていたほうがいい。みなさんが思い通りの人生を歩めますように〉

シリーズ累計17万部突破『サラリーマンは300万円で小さい会社を買いなさい』(講談社+α新書)の著者・三戸政和さんがそう願って書き下ろした渾身の一冊『資本家マインドセット』。4月10日発売の本書から「はじめに」をお届けします。

*   *   *

サラリーマンよ、これからの時代は「資本家」として生きていこう。
 
そのためのマインドセット(思考様式、考え方の枠組み)を書いたのが、この本だ。

「資本家」とはいったい何をする人だろうか? 

 

私よりも上の世代なら、マルクス経済学を思い出すかもしれない。マルクス経済学における資本家は、簡単に言ってしまうと、労働者から搾取して利益を手に入れる「悪役」だ。マルクスの思想を知らなくても、資本家=ブラック企業の経営者、みたいなイメージを抱く人は多いかもしれない。

好きなことを、好きな人と、好きなようにやる人。

これが私の考える「資本家」だ。「好きなことを、好きな人と、好きなようにやる」というのは、TSUTAYAを運営するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)の社長・増田宗昭さんの言葉だ。これを聞いたとき、私は大きく心を揺さぶられ、そんな人生を歩んでいこうと胸に刻んだ。

私はいま40歳。人生の折り返し地点を過ぎ、残り時間を逆算するようになってきた。同世代の経営者とは、とにかく突き詰めて「好きなことを、好きな人と、好きなように」やれる環境を整え、実行しよう、と語り合っている。

では、どうしたら、そんな人生を歩むことができるのか? 

そのための具体的な方法についてはこれから述べていくが、すべての核になるのは、「他人の時間」を生きるのではなく「自分の時間」を生きる、ということだ。

「好きなことを、好きな人と、好きなように」やって生きていくには、有限の時間を最大限に活用しなければならない。他人の都合に振り回される、「他人の時間」を生きている暇はないし、「自分の時間」の効率も最大化させなければいけない。

これからは、キャッシュリッチではなく、タイムリッチになったものが、人生の勝者なのだ。

私はこれまで、ベンチャーキャピタリストとして、1000人以上の資本家(起業家)と出会い、共に遊び、働いてきた。彼らがどのような場面でどう意思決定し、どう行動に移してきたかを、つぶさに見てきた。

華々しく株式上場し、もしくは、自分の会社を売却し、莫大な資産を築き上げた資本家たち。彼らに共通していたのは、どうしたら時間対効果を最大にする=最短の時間で最大の効果を上げられるのかを常に考え、実践していることだった。

資本家として生きようとは、かつての「ヒルズ族」や「ネオヒルズ族」のような豪華絢爛(ごうかけんらん)、金がすべての人生を送ろうと言っているのではない。また、スティーブ・ジョブズやマーク・ザッカーバーグ、イーロン・マスクのように、24時間365日、人生のすべてを事業に投下し、巨万の富を築こうと言っているのでもない。

資本家とは、お金からも、働くことからも、自由な存在だ。

転職や出世競争で年収を数百万円上げようと考えるのは、サラリーマン・マインドセット。そのような、過当競争を強いられるのにリターンはわずかしか得られない土俵で戦っていては、「好きなことを、好きな人と、好きなようにやる」人生には死ぬまでたどりつけない。

他方、資本家たちが使いこなしているルール「資本家マインドセット」を体得し、戦う土俵を変えれば、サラリーマン時代と同じ労力で、数十倍、いや数百倍以上のアウトプットを得ることも可能だ。

なぜか? 

理由は簡単。資本主義のこの世界では、ゲームは資本家にもっとも有利に働くようになっているからだ。ルールをつくった側にいる資本家が、ゲームの勝ち方を知っているのは当然だ。

私自身、ほんの数年前までは、いちサラリーマンだった。だが、多くの優れた資本家と出会い、さまざまな実体験を通じて、「資本家マインドセット」を体得し、資本家の仲間入りをした。完璧ではないが、「好きなことを、好きな人と、好きなようにやる」人生を歩めるようになってきた。

そんな「資本家マインドセット」を、「このままサラリーマンをやっていていいのだろうか?」という不安や問題意識を持つ人たちとぜひシェアしたい。そう思って書いたのがこの本だ。

さらばサラリーマン。ようこそ資本家の世界へ。

三戸政和『資本家マインドセット』

なぜ資本家になると「好きなことを、好きな人と、好きなようにやる」ことができるのか? 資本家は「経営者」「投資家」「資産家」とはどう違うのか? どうやったら「資本家」になれるのか? 資本家とはいったいどんなマインドセット(思考様式、考え方の枠組み)を持っているのか? サラリーマンでは金持ちになれない、それどころかサラリーマンという職業がもはや絶滅の危機に瀕している。そんな時代に、自分の好きなことを追求して成功したい若者や、老後が不安なサラリーマンに向けて、「資本家」という新しい生き方を提案する、必読のビジネス書。

三戸政和『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』

「終身雇用は現代の奴隷制度」堀江貴文さん推薦! 飲食店開業や起業を夢見るサラリーマン。だが、その先には「地獄」が待っている。飲食・宿泊業の廃業率は20%で全業種トップ、起業して10年後に残っている会社は5%。それより会社を買って社長になろう。中小企業の約7割が後継者難。株式1円で買える好業績優良中小企業もゴロゴロ。キャリアを生かして社長として活躍し、最後は売り抜ける。人生を変える明るい資本家講座!

三戸政和『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 会計編』

シリーズ15万部突破の『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』の続編が登場。今度は「会計編」! ひと口に「会社を買う」といっても、危ない会社を避けて、成長可能性の高い会社を見抜くにはどうすれば? たとえるならそれは、資産価値の上がるマンションや車を買うのと同じ。斬新な視点で、サラリーマンが資本家になるための「会計思考」を実務に即してマスターできる、究極の1冊!

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

コメント

KOGITA JUNKO/小木田順子  RT @kechinno1: 数年前から会社と不動産を買うようになったけど、もっと早くからこのマインドセットを身につけたかったなぁ。金なかったから買えななかったけど。 もう「他人の時間」を生きるのはやめよう|資本家マインドセット|三戸政和 - 幻冬舎plus https://… 3日前 replyretweetfavorite

三戸政和・累計17万部!「サラリーマンは300万円で会社を買いなさい」「資本家マインドセット」の人。  RT @kechinno1: 数年前から会社と不動産を買うようになったけど、もっと早くからこのマインドセットを身につけたかったなぁ。金なかったから買えななかったけど。 もう「他人の時間」を生きるのはやめよう|資本家マインドセット|三戸政和 - 幻冬舎plus https://… 5日前 replyretweetfavorite

【目指せ下町マスター!】平野芽依  RT @kechinno1: 数年前から会社と不動産を買うようになったけど、もっと早くからこのマインドセットを身につけたかったなぁ。金なかったから買えななかったけど。 もう「他人の時間」を生きるのはやめよう|資本家マインドセット|三戸政和 - 幻冬舎plus https://… 5日前 replyretweetfavorite

幻冬舎plus  RT @kechinno1: 数年前から会社と不動産を買うようになったけど、もっと早くからこのマインドセットを身につけたかったなぁ。金なかったから買えななかったけど。 もう「他人の時間」を生きるのはやめよう|資本家マインドセット|三戸政和 - 幻冬舎plus https://… 5日前 replyretweetfavorite

けーちん  数年前から会社と不動産を買うようになったけど、もっと早くからこのマインドセットを身につけたかったなぁ。金なかったから買えななかったけど。 もう「他人の時間」を生きるのはやめよう|資本家マインドセット|三戸政和 - 幻冬舎plus https://t.co/C2CevbeQhZ 5日前 replyretweetfavorite

資本家マインドセット

好きなことを、好きな人と、好きなようにやる。

最短の時間で最大の効果を上げる。

サラリーマンが間もなく絶滅する時代の、新しい生き方の提案。

バックナンバー

三戸政和 株式会社日本創生投資代表取締役CEO

株式会社日本創生投資代表取締役CEO。1978年兵庫県生まれ。同志社大学卒業後、2005年ソフトバンク・インベストメント(現SBIインベストメント)入社。ベンチャーキャピタリストとして日本やシンガポール、インドのファンドを担当し、ベンチャー投資や投資先にてM&A戦略、株式公開支援などを行う。2011年兵庫県議会議員に当選し、行政改革を推進。2014年地元の加古川市長選挙に出馬するも落選。2016年日本創生投資を投資予算30億円で創設し、中小企業に対する事業再生・事業承継に関するバイアウト投資を行っている。また、事業再生支援を行う株式会社中小事業活性の代表取締役副社長を務め、コンサルティング業務も行っている。著書に『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 会計編』(いずれも講談社+α新書)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP