1. Home
  2. 生き方
  3. あぁ、だから一人はいやなんだ。
  4. 第104回 人間ドック

あぁ、だから一人はいやなんだ。

2019.03.15 更新

第104回 人間ドックいとうあさこ

先日、人間ドックに行ってまいりました。人間ドックは毎年行かなきゃと思いつつも、だいたい1年半に一回のペース。まあ現段階でとりたてて「ここヤバくな~い?」みたいな所はないのですが、検査した方がいいに決まっている点が多々。

まずは年齢。48歳9ヶ月。日々必ずと言っていいほど何かしら健康の話が出てしまうお年頃。なのに健康のマスト条件“規則正しい生活”がまったくもって出来ておらず。その上、ご存じの通りのお酒大好きちゃんであります。

あと2011年11月11日と“1”がやたらと並んでいるこの日に、ロケでやっていただいた人生初の人間ドック。その際に隠れ脳梗塞が4つある、との診断。これは今すぐどうこうとかはないそうなのですが、「今後なくなる事はなく。そのままor増えたり大きくなったりするのは、あなた次第です」と都市伝説感溢るる言い回しでお医者さまにはビシッと言われまして。

更には以前スリランカにてアーユルヴェーダを体験した時の事。アーユルヴェーダというとおでこにオイルを垂らす、エステ的な事だと思っておりましたが、向こうでは完全に医療。入院施設もあり、救急車も停まっている。もう完全に病院です。で、あの“オイルを垂らす”は施術のほんの入り口で、アーユルヴェーダにはものすごい数の施術法がある。まずは先生が問診。静かに私の手首を数回触ると、ゆっくりと一言。「あなたは、おでこに痰がたまっています。」痰が? おでこに? そして手首で、わかったの? そしてそんな私へのアーユルヴェーダは“熱々のオイルを大量に鼻から入れる”と言う、思っていたのとは全く違うタイプのヤツ。鼻から口に入ってくるオイルの味が不味すぎて、1時間近くオエオエしておりましたがしばらくすると、おでこ、異常にスッキリ。あらやだ。ホントにおでこに痰、たまっていたって事?

ま、そんなこんなで“年齢”と“頭方面のもろもろ”でわたくし、定期的なボディのチェックは必須なのです。

周りから「せめて1週間前くらいからは食事とか気をつけな」なんて言われておりましたが、やっぱりここはドーンと“ありのままのあさこ”で行ってやろう、と。そうでないと意味がないんだ、と思っていたのに。思っていたはずなのに、急に前日の夜不安になっちゃって。晩ご飯のメニューを十八穀米、納豆もずく、豚モヤシ、ゴボウサラダ、ぬか漬け。飲み物も特保の麦茶に。悪あがきの“健康一夜漬け”して、さあ。人間ドック当日です。

まずは受付。前回“いとうあさこ”と言うよくある名前を様々な検査の度に呼ばれ、ちょいとその際の視線が恥ずかしく。口の周りバリウムだらけのタイミングで知らないおじ様に「いとうあさこさんなんだね」とよくわからない確認をされたりもしたもので、今回は名字のみで呼んでいただくお願いを。一度はOK出たものの「あ、ごめんなさい。今日伊藤さんだけで4人いらっしゃるから無理です。」ああ、さすが日本で多い名字第5位。「じゃあ何かお好きなお名前で」と言われたので母の旧姓・田島でお願いすることに。

検査着に着替えて待合室のソファに座って待つ事、数分。看護婦さんがカルテを見ながら大きな声で一言。「いとうあさこさ~ん。」更にもう一度。「いとうさ~ん、いとうあさこさ~ん。」立ち上がった時に美しいくらい揃っていた待合室の約30人の二度見。もし“二度見コンテスト”があったら“団体の部”優勝です。診察室に入るやいなや看護婦さんに「あのぉ、受付で田島麻子でお願いしていたのですが、通ってないですか?」と確認すると「あ、次わかるようにしておきます」「あ、カルテに書いてなかったんですか?」「いえ、書いてあります。」……えっとぉ、何かのとんち? 何はともあれそんなわけで次からはちゃんと「田島さ~ん、田島麻子さ~ん」と呼ばれるものの、こちとら一度「いとうあさこさん」で呼ばれちゃっていますからね。「いとうあさこってわざわざ偽名使ってんだぁ。」「別にいとうあさこがいるからって騒がねぇよ、ハハハハ。」自意識過剰なのは重々承知の助ですが、そう思われてそうでむしろ最初の二度見の時より恥ずかしい。その上こっちがお願いして“田島”にしていただいたのに、そこは48年“伊藤”でやってきましたからね。“田島”の自覚がないんですよ。だから呼ばれてもうっかり無視。で別の伊藤さんが呼ばれた時に反応しちゃったりして。なんともかんとも慣れない事はやめた方がいい。

問診で100%毎回行われる「声枯れてますね。どうされました?」「地声です」のやりとりがあり。内視鏡の為に鼻腔を広げる薬を鼻に入れた時、つい「あ、これがあれば『イッテQ!』で鼻ヨガする時、やりやすいかも」なんて考えたり。MRIの部屋の壁が青空だからか、あのグウォングウォンうるさい中、爆睡かましたり。そんなこんなで無事に検査終了。そして後日自宅に送られてまいりました検査結果。こんなに生活時間もめちゃくちゃで、お酒もガブリンチョの48歳。同世代が気にする血糖値やら尿酸値やらはまさかのOK。あさこ七不思議。ただ、やはり見逃せないメモ欄に書かれたこの一言。

肥満

“腹回り”が90センチ過ぎると“肥満”だそうで。お恥ずかしながらわたくし、93.5cm。あ、“腰回り”じゃなくて“腹回り”ですよ。ま、どっちみち、な数値ですが。それが赤字で書かれている上に、この“肥満”の二文字。まあ、もちろん知っていましたけどね、ええ。どうやら内臓脂肪はなく(逆にすべて皮下脂肪だと思うとそれはそれで怖いですが)いわゆる“メタボ”ではないそうですが「生活習慣を見直し、運動と減量に努めて下さい」とのこと。ですよね。心がけたいと思います。なんて書いている今、夜中のファミレス。いかと青じそのたらこパスタを食べながら執筆中。ダメだこりゃ。

【今日の乾杯】
これがつきだしのお店はもう当たりですよね。先日入ったお蕎麦屋さん。この春菊としめじの煮浸しでスタート。イクラがのっているのが素晴らしい。そんなわけで最初っから日本酒、いっちゃいやす。

関連キーワード

関連書籍

いとうあさこ『あぁ、だから一人はいやなんだ。』

寂しいだか、楽しいだか、よくわからないけど、日々、一生懸命生きてます。 人気芸人の、笑って、共感して、思わず沁みるエッセイ集。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP