1. Home
  2. 暮らし術
  3. フランスの悪魔に学んだ3秒仕事術
  4. 「36%で動け」スピード狂がビジネスを制...

フランスの悪魔に学んだ3秒仕事術

2018.11.02 更新 ツイート

「36%で動け」スピード狂がビジネスを制する本谷浩一郎

素早く・正確な判断はビジネスの基本。とはいえ失敗は怖い…。外資系ファンドのトップたちはいかに巨額の案件の「GO!」を判断しているのか? デキるプロジェクトマネージャーに共通する3つの特徴を『フランスの悪魔に学んだ3秒仕事術』よりご紹介します。

1分1秒を無駄にしない(写真:iStock / jacoblund)

 プロジェクトの確度を検証するために情報を集めるとき、情報の質(情報の出所、精度)、量(網羅性、適合性)をチェックします。

 もっとも効果的な行動を取るために、検討に深さと広さを求めるということです。

 とはいえ、良いプロジェクトほど競合も厳しくなるので、このチェックに時間をかけ過ぎると機会を逸することになります。

 多くのプロジェクトマネージャーは、質・量ともに80%の完成度を目指し、全体で64%(80%×80%)の確信が持てたらGOサインを出しています。

 残りの36%の部分は、課題への対応力、問題解決能力によって乗り切るわけです。

 しかし、力のあるプロジェクトマネージャーはもっと早く動き始めます。

 もっとも重要な36%(60%×60%)を確信した時点でプロジェクトをスタートし、経験と勘と度胸で、残りの64%をコントロールします。

 人に先んじて決断することで、希少な機会をものにしているのです。

 ファンド会社トップのスコットランド人は、「36%GO、64%コントロール」の判断が抜群にできる人でした。資金調達が簡単ではなかった時期に、普通ではとても決断できないステージで、投資家から 多額の資金調達を実行させていました。

 当時の環境では、「資金を得ること」が最重要な36%だとわかっていたのです。

 実際、調達した資金の行先である不動産の購入(64%)がなかなかうまくいかず、眠れなかった夜もあったらしいですが、最後には帳尻を合わせ、巨額のファンド事業を立ち上げてしまいました。

 彼や他のファンドのトップを見ていて、こうしたコントロールに長けたプロジェクトマネージャーの気質には、一定の傾向があることに気づきました。

 1. ある種のスピード狂です。勝負どころは決して逃さず、他に先んじた決断をくだす能力があります。

 2. 種々雑多な人間と広く付き合えます。怪しげなブローカーとも交友を簡単には断ちません。玉石混淆の情報のなかから、コントロールすべきリスクを嗅ぎ分ける力があります。

 3. 興味のあるものしか見ません。投資案件の最重要な価値のある部分を見極めることに集中しています。

 36%とか、64%などはすべて「感覚値」です。こういう話をすると、数字に強いアナリストは、「根拠は?」と鋭く詰め寄ってきます。

 しかし、トップを張る人間は、数字は大枠のものがわかればよく、あとは感覚で判断することが多いようです。数字で表せないもののブレが、事業の行方を大きく左右することをわかっているからです。

 この視点はプロジェクトを決定権者に説明するときに応用できます。

 ・プロジェクトの検証が質・量の点でどの程度進んでいるのか

 ・残りの部分をどのようなスケジュールでつぶしていくのか

 ・起こりうる課題はどのようなもので、どう対応していくのか

 ・スピードと確度から考えて、いつスタートするのがベストなのか

 以上の点を押さえて話すことでプロジェクト確度への説得力がぐっと高まります。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

フランスの悪魔に学んだ3秒仕事術

6000億を動かしたたった4語の言葉とは? 数々の外資系企業を渡り歩き学んだ、交渉・プレゼン・発想・会議メソッドを明かす!

バックナンバー

本谷浩一郎 元カルフールジャパン開発本部長/プロジェクト推進アドバイザー

1963年、大阪府生まれ。関西学院大学経済学部卒。 プロジェクス株式会社代表取締役。プロジェクト推進アドバイザー、不動産鑑定士。 近鉄不動産株式会社、カルフール・ジャパン株式会社、AMBブラックパイン、レッドウッドグループ、セキュアード・キャピタル・ジャパン株式会社などを経て独立。 国内での開発プロジェクトは10カ所、総額600億円、ファンドでの運用総額は5000億円を超える。TOEIC490点でのカルフール・ジャパン入社に始まり、フランス人、スコットランド人、アメリカ人のトップの下で数々の事業立ち上げに成功。国籍、文化、年代をまたいだチームマネジメントをこなすなかで、プレゼン、会議、交渉、発想法など日々起こる課題に応じたビジネス技術を開発した。十分な経験と高度な技術を持ったマネージャーが、強いリーダーシップを発揮する「プロジェクト最速化システム」を広めることを現在の主業務としている。20年間ストップしていた大阪府茨木市の駅前再開発(建て替え)事業では、土地所有者133人の多くが不動産の素人、高齢者であるなか、3カ月で93%の同意を取り付けた。現在、総額300億円規模の開発事業を進行させている。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP