1. Home
  2. 暮らし術
  3. 人生は名言で豊かになる
  4. 「死ぬる時節には、死ぬがよく候」。一瞬、...

人生は名言で豊かになる

2018.10.18 更新 ツイート

「死ぬる時節には、死ぬがよく候」。一瞬、唖然とする良寛のことばに、悲しみを乗り越える術をみる小泉十三

くじけそうなとき、負けそうなとき、古今東西の「名言」が、自分を助けてくれることがあります。ロングセラー『人生は名言で豊かになる』は、スティーブ・ジョブズ、シェイクスピア、チャップリンから、村上春樹、立川談志、坂本龍馬、良寛まで、著名人や歴史上の人物の「名言」を多数収録。どのページを開いても、心が晴れやかになる一冊です。本書の中からいくつか抜粋してお届けします。

iStock.com / zomby007

災難にあう時節には、災難にてあうがよく候。
死ぬる時節には、死ぬがよく候。
是はこれ、災難をのがるる妙法にて候

――良寛

「災害大国」に生きる日本人へ

 日本は、昔から地震の多い国である。東日本大震災や阪神・淡路大震災はいうまでもなく、関東大震災、安政の大地震など、何十年かに一度、死者が1万人を超えるような大地震が起きている。

 文政11(1828)年11月、越後三条でもそんな地震が起きた。マグニチュード6・9。死者1400人以上。当時の人口密度や家屋の構造を考えれば、三条は壊滅的な被害を受けたといっていい。

 このとき、三条の近くに住んでいた禅僧・良寛は、三条に住む知人に1通の見舞状を送っている。そこには次のように記されていた。

「災難にあう時節には、災難にてあうがよく候。死ぬる時節には、死ぬがよく候」

 一瞬、唖然とするような言葉である。

 被害にあった良寛の知人は、家だけではなく、家族や知り合いを失っているかもしれない。打ちひしがれていることは容易に想像できる。

 そういう人に向かって、「災難にあう時節には、災難にてあうがよく候。死ぬる時節には、死ぬがよく候」とは、いったい良寛はどういう神経をしているのか。被災した人々に向かってこういえる日本人はそうはいないはずである。

 しかし、いま良寛が生きていたとしても、彼はきっと同じことをいったのではないか。なぜなら、「災難にあうときは災難にあい、死ぬときは死ぬ」のが、

「災難をのがるる妙法」

 だからだ。

現実を受け入れるということ

 災難にあうと、人は自分の悲運を嘆き悲しむ。しかし、嘆き悲しんでばかりでは、災難を乗り越えることはできない。

 まずは災難という現実を受け入れる。そして、そのなかで何ができるかを考える。災難を乗り越えるためには、その現実を受け入れるところからしか始まらないと良寛はいうのである。

「死ぬる時節には、死ぬがよく候」というのも、死期が近づいたら、死をおそれずに受け入れろという意味だ。災難による死も、仏が定めた宿命であり、人間にとっては唐突にやってくるものではあっても、黙って受け入れるしかないというのである。

 死から逃れようとすると、人は往々にして自分を見失い、ときに絶望して心を病み、かえって死期を早めてしまうことがある。

 災難も死も、避けられない以上、それを淡々と受け入れる──。

 そういえば、東日本大震災が起きたとき、海外のメディアは、被災者たちがあまりにも冷静であることに驚き、略奪が起きるどころか、みなが黙々と瓦礫の片づけをしている姿を賞賛した。私などがここで良寛の言葉など持ち出さずとも、あのとき東北の人々は、被災の直後から良寛の心境に達していたのかもしれない。

 

◇ ◇ ◇
 

幻冬舎では期間限定で「ビジネスモチベーションアップフェア」を開催中!対象200作品以上が最大40%オフでお楽しみいただけます(10月18日まで)。

◆ 押井守 『コミュニケーションは、要らない』 722円→505円(税別)
◆ 田原総一朗,中谷彰宏,吉田豪,平林都,福澤朗 『賢人の話し方』 1,040円→624​円(税別)
◆ VERBAL 『フィーチャリング力 あなたの価値を最大化する奇跡の仕事術』 1040円→624​円(税別)
◆ 宮家邦彦 『仕事の大事は5分で決まる プロ外交官の仕事術』 1040円→832​円(税別)
◆ 山名宏和 『アイデアを盗む技術』 722円→505​円(税別)

→全ての値下げ対象作品を見る

関連キーワード

関連書籍

小泉十三『人生は名言で豊かになる』

「悠々として急げ」開高健、「落語とは人間の業の肯定である」立川談志、「きれいは汚い、汚いはきれい」シェイクスピア『マクベス』…あの有名人・作品の名言解説集。人生が変わる言葉に会える!

{ この記事をシェアする }

人生は名言で豊かになる

バックナンバー

小泉十三

1956年生まれ。早稲田大学文学部卒業後、出版社に入社し書籍の編集に携わる。独立後、単行本の編集・執筆を精力的に行う。著書はブームになった「頭がいい人」シリーズの「頭がいい人の文章の書き方」(河出書房新社)のほか、「ゴルフ・シングルになれる人、アベレージで終わる人」(幻冬舎)など多数。様々なジャンルの文献に精通し、いま役立つ知識・情報をさりげなく織り込む執筆スタイルから、その著書は、やわらかい教養本として幅広い層に支持されている。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP