1. Home
  2. 暮らし術
  3. 記憶力日本一を5度獲った私の奇跡のメモ術
  4. 夢や目標を達成したければ「紙」に書きなさ...

記憶力日本一を5度獲った私の奇跡のメモ術

2018.10.18 更新 ツイート

夢や目標を達成したければ「紙」に書きなさい池田義博

方眼メモを使う、ペンの色は基本2色、メモは3列で書く、人の言った言葉には吹き出しを使う……。40代半ばからたった1年で「記憶力日本チャンピオン」になった池田義博氏の著書、『記憶力日本一を5度獲った私の奇跡のメモ術』には、「仕事の効率が上がらない」「集中力がない」「いいアイデアが浮かばない」などの悩みがたちまち解消するメモ&ノート術が盛りだくさん。特別に本書の一部をご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

iStock.com/golibtolibov

成功者はみんな紙に書いていた

 私が世界記憶力選手権に出場して日本人初の「記憶力のグランドマスター」の称号を獲得したときに初めて使った目標達成法があります。

 それがうまくいったのでそれからは記憶競技以外でも何か目標が見つかるたびにこの方法をとってきました。

 その方法が「目標を紙に書く」というものです。

「なんだ、それだけのことか」と思われるかもしれませんが、この方法は昔から使われてきた非常に強力な目標達成法なのです。

 ご存知の方も多いでしょうが、誰もが知っている野球の日本人メジャーリーガーやサッカーでイタリアの名門チームの背番号10番になった日本人選手も、小さい頃に将来の夢をぼんやりとではなく具体的に克明に書いていたのは有名な話です。

 しかし、どんな目標も、単にこうなりたいと願っただけでかなうものではありません。

 その目標を達成するためには何が、または何をすることが必要なのかを理解し、それを日常の行動レベルまで落とし込む必要があります。

 その日々の行動をコツコツ積み重ねていくことで目標達成に近づくことになるのですが、「目標を達成するためにはこれをしなければならない」ということを常に意識しているのは困難です。

 人の日常生活のほぼ9割が無意識によって行動が制御されていると言われています。それほど、無意識からの影響は大きいのです。

 朝起きてから家を出るまでの行動、学校や会社への行き方、何年も乗っている車の運転などは無意識が自分を自動操縦してくれているとも考えられます。

 とするならば、こうなりたいという目標も意識下に刷り込むことができれば、無意識のうちに日常の考えや行動を目標達成の近道をたどるように脳が自動操縦してくれるということです。

 ですが脳のなかでは一日中次々にいろいろな思考が流れていっています。

 今こう思っていても次には違うことを考えていたりします。

 目標を脳に理解させるにはこの思考の流れを一時止めて注目させる必要があります。

 そのための有効な手段が「紙に書く」ということなのです。

「イメージ」と「復習」で脳に刷り込む

 目標を書く場所はコピー用紙でもノートでも手帳でもなんでも構いません。ただしあとで説明しますが、繰り返し目につくところにしてください。

 皆さんのなかには過去に実際に目標を紙に書いたのに達成しなかったという人が、もしかしたらいるかもしれませんが、実は紙に書いただけでは足りないのです。

 そこに脳の性質を利用してあることを追加しなければなりません。

 ひとつめはイメージを利用することです。

 脳は文字よりもイメージの方が理解しやすいという性質を持っています。脳に、こうなりたいという姿を強くわかってもらうには、イメージで見せてやる必要があるのです。

 そこで目標を文字にし、それを見たら頭のなかで実際にそれを達成して喜んでいるイメージを同時に浮かべるようにしてください。

 もしそれが難しい場合はイメージをイラストにして貼ったり、雑誌などから自分の目標とするものを連想できる写真などを切り取って貼ったりするのも良い方法です。

 ポジティブなイメージでワクワクすることは脳にとっても快なので、その状態に近づきたいと感じてくれるのです。

 そして2つめが復習です。

 目標というのは、ずっと頭のなかでキープし続けるという意味で言うと、これもいわば「未来の記憶」です。

 記憶というならば、記憶の性質が使えるというわけです。

 以前も書きましたが、記憶を強化するための重要な要素のひとつが復習でした。回数を重ねれば重ねるほど記憶は長く定着します。

 そこで目標も目につくところに貼ることにより、自動的に目にふれる回数を増やすのです。

 それが復習となり、より強く目標を脳に刷り込むことができます。

 

 

 この目標を書くという方法はとても強力なのですが、以前の私も「紙に書くぐらいで」とバカにしていたふしがありました。同じように考えている人は多いと思います。

 しかし実際にこれで目標達成している人がいるのも事実です。

 やることは目標を紙に書くだけ。

 それを写真に撮って携帯電話やスマートフォンの待受画像にするのも1つの手です。

 ものは試しでやってみてはいかがでしょうか。

◇ ◇ ◇

幻冬舎では期間限定で「ビジネスモチベーションアップフェア」を開催中!対象200作品以上が最大40%オフでお楽しみいただけます(10月18日まで)。

◆ 押井守 『コミュニケーションは、要らない』 722円→505円(税別)
◆ 田原総一朗,中谷彰宏,吉田豪,平林都,福澤朗 『賢人の話し方』 1,040円→624​円(税別)
◆ VERBAL 『フィーチャリング力 あなたの価値を最大化する奇跡の仕事術』 1040円→624​円(税別)
◆ 宮家邦彦 『仕事の大事は5分で決まる プロ外交官の仕事術』 1040円→832​円(税別)
◆ 山名宏和 『アイデアを盗む技術』 722円→505​円(税別)

→全ての値下げ対象作品を見る

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

記憶力日本一を5度獲った私の奇跡のメモ術

バックナンバー

池田義博

グランドマスタージャパン代表。大学卒業後、大手通信機器メーカーにエンジニアとして入社。その後、学習塾を経営。塾の教材のアイデアを探していたときに出合った記憶術に惹かれ学び始める。このとき、記憶力を競う記憶力日本選手権大会の存在を知り出場を決意。独学での練習の末、初出場した2013年2月の大会で優勝し記憶力日本一となる。その後、14年、15年と3連覇。17年、18年も優勝し、出場した5回すべてで記憶力日本一に。また、13年12月、ロンドンで開催された世界記憶力選手権において、日本人初の「記憶力のグランドマスター」の称号を獲得する。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP