1. Home
  2. 読書
  3. SUNNY 強い気持ち・強い愛
  4. 「でも20年以上も会ってないし、連絡先も...

SUNNY 強い気持ち・強い愛

2018.09.08 更新 ツイート

「でも20年以上も会ってないし、連絡先も分からないのよ」 黒住光

 次の日は朝早く、私の運転で夫を空港まで送った。道中、昨日のことを話した。高校時代の親友が余命宣告をされていて、彼女から昔の仲間に会いたいと頼まれたこと。

「へえ、奈美にそういう友達いたんだ」

「え?」

「あんまり話さないじゃん。高校時代のこととか」

 話を聞きながらも、夫の目は手にしたタブレットに向けられたままだ。

「まあ、でも力になってやれば」

「でも20年以上も会ってないし、連絡先も分からないのよ」

「ああ、女ってそんなだよね」

「え?」

「学校の時はすげー仲良くても、卒業したらもうそれっきり会わない、みたいな。意外と友情薄いんだよな」

 この人はいつもこうだ。「女は」「男は」とすぐに決めつけたがる。確かに男と女は違うし、男女に特有の傾向はある。だけど、男も色々だし、女だって色々ある。その色々の部分を話したいのに、こうやって十把一絡(じっぱひとから)げに決めつけられると話す気が失せてしまう。

「そういうんじゃないの」

 私はカチンときて、それきり話を打ち切った。

 空港へ着くと、夫は車を降りるなり携帯をかけ、「これから向かいます。じゃあ現地で」と仕事モードになりきっていた。空港ロビーの入り口へそそくさと向かい、ちょっとだけ振り向いて手を振ると、あっけなく行ってしまった。

 夫と入れ違いに、建物の中から制服の女子高生の一団がドヤドヤと出てきた。修学旅行帰りか、大きなスーツケースを転がし、お土産のビニールバッグを持った女子たちが、楽しそうにワーワーおしゃべりしながら歩いている。揃(そろ)いの制服を着て、みな同じように見える彼女たちだって、一人ひとり色々あるに違いないのだ。きっと、それぞれが同じようで違う思い出を、旅から持ち帰ってきたんだよね。

 女子高生たちを見ていて、ふと思いついた。……学校へ行ってみよう。

 

※奈美はこれから仲間たちをどうやって探していくのか? 続きは『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(黒住光著)をぜひお手にとってお楽しみください。

{ この記事をシェアする }

SUNNY 強い気持ち・強い愛

笑おう、あの頃みたいに――。珠玉の90年代J-POPと超豪華キャスト陣の競演で贈る、最強の“笑って泣ける青春映画”。自分らしく生きるって、楽しんで生きるって、そういえば、こんな気持ちだったんだ……

バックナンバー

黒住光

1963年、岡山県生まれ。フリーライター。脚本家として『クレヨンしんちゃん』『おでんくん』など多数のアニメシリーズ、大根仁監督のドラマ『まほろ駅前番外地』『リバースエッジ 大川端探偵社』『ハロー張りネズミ』などに参加。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP