1. Home
  2. 生き方
  3. 切なくてそして幸せな、タピオカの夢
  4. 人生は一度しかない。なるべく幸せでいたほ...

切なくてそして幸せな、タピオカの夢

2018.08.01 更新 ツイート

人生は一度しかない。なるべく幸せでいたほうがいい。なるべく愛する人と、おいしく食べたほうがいい。吉本ばなな

吉本ばななさんが、台湾の読者に向けて書き下ろした、心が満腹になるエッセイ「切なくそして幸せな、タピオカの夢」日本発売を記念し、試し読みをお届けします。台湾で人気の若手イラストレーター・スーピー・タンさんのあたたかいイラストにもご注目ください。

*   *   *

 あなたが恋人と食べるごはんが、いつか「家族」と食べるごはんになりますように。

 そしてそれの積み重ねが、かけがえのない地層となってあなたの人生を創りますように。できればそれが幸せなものでありますように。

 キャンドルを灯して、ビールやワインなど飲みながら、暮れ行く空を眺めていつもと同じ人たちと食べる晩ごはんのメニューを考える瞬間の幸せは、人生の数々ある幸せの中でもそうとうに大きいと思う。しかしそれも、食卓を囲む家族を愛していてこそだ。そんな愛があなたの世界にありますように。

 

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

切なくてそして幸せな、タピオカの夢

バックナンバー

吉本ばなな

1964年東京都生まれ。日本大学藝術学部文芸学科卒業。87年小説「キッチン」で第6回海燕新人文学賞を受賞しデビュー。89年『キッチン』『うたかた/サンクチュアリ』で第39回芸術選奨文部大臣新人賞、同年『TUGUMI』で第2回山本周五郎賞、95年『アムリタ』で第5回紫式部文学賞、2000年『不倫と南米』で第10回ドゥマゴ文学賞を受賞。著作は30カ国以上で翻訳出版されており、イタリアで1993年スカンノ賞、96年フェンディッシメ文学賞、99年マスケラダルジェント賞、2011年カプリ賞を受賞。noteにてメルマガ『どくだみちゃん と ふしばな』を配信中。
プロフィール写真撮影:Fumiya Sawa

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP