1. Home
  2. 暮らし術
  3. 白いシャツは、白髪になるまで待って
  4. 試着をあきらめる

白いシャツは、白髪になるまで待って

2018.06.19 更新

『白いシャツは、白髪になるまで待って』刊行記念。

試着をあきらめる光野桃

「歳を重ねて、びっくりするほどおしゃれが自由に、楽しくなった」
そう語る、第一線を走り続けたファッションエッセイスト・光野桃さん。新刊、『白いシャツは、白髪になるまで待って』には、毎日使えるおしゃれのヒントを詰め込みました。一部を抜粋してご紹介します。

ネガティブな気分を
撒き散らさないためのアイテムを

 良くも悪くも周囲に与える影響が強くなる。立ち居振る舞いや言動、その日にどんな気分でいるのか、といったことから発せられるオーラが、若い頃の三割増しほど濃くなって、周囲に拡散する。それが歳を取る、ということで、よいオーラならひとを幸せにするし、逆にネガティブな気配も周囲にすぐ伝播してしまう。
 しかも、この年頃から以降、身体や心の変わり目を迎え、精神が揺れることが多くなる。家族にもいままでなかったことがいろいろ起こってくる。泣きっ面に蜂だが、それが円熟への道なのだと思う。だからいつも、気持ちよく過ごせる工夫をしておこう。
 それを嗅げばたちどころに気分が穏やかになる自分だけの香り、いざというときに心が落ち着き、浄化できる石やお守り、アロマエッセンス、肌を優しく包んでくれる手編みのソックスなどなど、自分のために心をこめて揃えておきたい。

試着をあきらめる

 ついに試着をあきらめた。
 肩が痛いし、慢性の腱鞘炎で指もよく動かない。狭い試着室で、お店の人に待たれながら焦って脱ぎ着をするのが、もう本当につらい。夏は汗びっしょりになり、結局着ないで出てしまう。何とか着たとしても、まだ自分に馴染まない状態の姿を見られるのが恥ずかしい。若い頃より服が自分に馴染むのに時間がかかる。こんなことが起こるなんて、想像すらしていなかった。試着こそが大事と思い、そう書いてもきたが、人生は思い通りにはならないものだ。
 試着をしないで買うのだから、自ずとチェックは厳しくなる。まず素材。次に、着脱しやすいデザインかどうか。ファスナーの持ち手の部分が少し長いだけでも助かる。前ボタンが多いもの、伸縮性のないもの、後ろ開きでボタンのものなどはあきらめる。
 そして、最後にじっと見る。穴の開くほど見つめて、着たところを想像する。その回数が増すごとに失敗しなくなり、服を手に取っただけで直感が働き、買ってよいかどうかがわかるようになってきた。
 脳は損傷すると、別の部位が代替機能を持って働くようになるらしいが、おしゃれも同じだ。あきらめ、手放すと、違う方法がやって来る。いまはそれが面白い。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP