1. Home
  2. 生き方
  3. 日野原重明さんが最後に伝えたかったこと
  4. 核家族や、子どもを持たない夫婦など、様々...

日野原重明さんが最後に伝えたかったこと

2017.12.23 更新 ツイート

核家族や、子どもを持たない夫婦など、様々な家庭の形が増えていますが、先生にとって家族とはどんなものでしょうか? 日野原重明

2017年7月18日、日野原重明さんが105歳という年齢でこの世を去られたことは、みなさんの記憶に新しいと思います。2016年年末から始まったインタビューでは、「読んでくれる一人一人と対話しているような本にしたい」という日野原さんの希望を受けて、様々な質問に答えていただく形で進んでいきました。

105歳という長い人生を生ききった日野原重明さんが、死の直前まで私たちに伝え続けたメッセージとはなんだったのか。
最後の本となった『生きていくあなたへ  105歳 どうしても遺したかった言葉』より、その対話の一部を紹介させていただきます。

<質問>
「核家族や、子どもを持たない夫婦など、様々な家庭の形が増えていますが、先生にとって家族とはどんなものでしょうか?」

家族とは「一緒に食卓を囲む存在」。血のつながりは関係ありません。

「家族とは何か」と問われたら、僕は「一緒に食卓を囲む存在」だと答えます。そこに血のつながりは関係ありません。
食事をともにできるということ、それ自体がどんなに素晴らしいことか。

それはホームドラマに出てくるような理想の家族団らん、笑顔でいっぱいの食卓でなくてもいいのです。あたりまえのように食卓につき一緒に食事ができるということ、それ自体が家族に許された特別な恵みなのです。

あなたがあたたかい家庭をつくりたいと思うなら、ぜひその人と食事をともにしてみてください。一緒に食事ができること、それが与えられたことの喜びと感謝を、相手と分かち合ってほしいと思います。世の中には、どんなに望んでも大切な人と食事をすることができない人が大勢いるのです。

僕の家族は、日々の食事を通して、僕の好き嫌いや健康状態に気を配ってくれる。これほど嬉しいことはないですね。これこそが食事をともにすることで得られる絆なのです。日々感謝の気持ちでいっぱいです。

レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐(ばんさん)』という絵があります。ここにはイエス・キリストが弟子達と晩餐をともにしている様子が描かれています。食事をともにすることで、イエスが弟子達と家族のように一体化している、最高の姿だと思います。

弟子達の中にはイエスを裏切ろうとする者もいますが、イエスはそれを知りながらもともに食事をしようとするのですから、深く考えさせられる情景です。
イエスが裏切り者とも一緒に食事をしたのと同じように、あなたも自分にとっていつも都合のいい人とだけ食卓を囲めるわけではないでしょう。

家族というのは長い年月をともにするものなので、様々な時期があると思います。それでも家族になったのだから、一緒に食事をする。
そんな風に考えていれば、きっと本当の意味での家族をつくることができるのではないでしょうか。

僕達が誰かと仲良くなりたいなと思ったとき、相手に「ごはん食べに行こうよ」と誘うのも、食事をすることで一体感が生まれるということを、家庭の中で学んできたからなのではないかと思うのです。

関連書籍

日野原重明『生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉』

「人間は弱い。死ぬのは僕もこわいです。」105歳の医師、日野原重明氏が、死の直前まで語った、希望と感謝の対話20時間越。最後の力を振り絞り伝えたかった言葉とは。生涯現役、渾身最期の一冊。 「死ぬのは僕でも怖いんだよ。」だからこそ、朝起きて自分が生きていることが、心から嬉しい。105歳になっても尚、僕にはまだ自分でも知らない未知の自分がたくさんあると感じているのです。 今、最後の力を振り絞って私がしたいのは、あなたとの対話です。人生の中で、いつも私と共にあったのは言葉でした。 私が言葉によって支えられてきたように、迷い傷ついたあなたへ、私の最期の言葉を伝えたいのです。(本書より抜粋) 2017年7月18日この世を去られた日野原重明さん。2016年年末からはじまった本書のインタビューは、亡くなる直前まで、時にはベッドに横たわりながら20時間以上行われました。言葉を軸にしながら、死と生、病と健康、出会いと別れ等々、人生の深淵について語ります。 【本書の内容】 第1章 死は命の終わりではない 第2章 愛すること 第3章 ゆるすことは難しい 第4章 大切なことはすぐにはわからない 第5章 未知なる自分との出会い

{ この記事をシェアする }

日野原重明さんが最後に伝えたかったこと

2017年7月18日、日野原重明さんが105歳という年齢でこの世を去られたことは、みなさんの記憶に新しいと思います。
2016年年末から始まったインタビューでは、「読んでくれる一人一人と対話しているような本にしたい」という日野原さんの希望を受けて、様々な質問に答えていただく形で進んでいきました。「これが私の最後の使命です」とおっしゃりながら、時にはベッドで横たわりながらも、深く優しく強い言葉をつむがれていた日野原さん。

105歳という長い人生を生ききった日野原重明さんが、死の直前まで私たちに伝え続けたメッセージとはなんだったのか。
9月28日に発売する『生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉』より、その対話の一部を紹介させていただきます。

 

バックナンバー

日野原重明

1911年(明治44年)山口県山口市生まれ。1937年京都帝国大学医学部卒業。1941年聖路加国際病院内科医となる。1951年エモリー大学に留学。1973年(財)ライフ・プランニング・センターを設立。1992年聖路加国際病院院長に就任。同名誉院長、聖路加国際大学名誉理事長を歴任。2000年「新老人の会」を結成。2005年文化勲章受賞。2007年日本ユニセフ協会大使に就任。2010年コルチャック功労賞受賞。2017年7月18日逝去。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP