1. Home
  2. 暮らし術
  3. すべてを喜びとする。
  4. 「生きていかなくてはなりませんか」→「生...

すべてを喜びとする。

2017.05.22 更新 ツイート

駆け込み寺庵主さんの<今週の引き寄せ問答>その31 最終回

「生きていかなくてはなりませんか」→「生きていてよかった」という日は必ず来る戸澤宗充

伊豆天城山で女たちの駆け込み寺「サンガ天城」を運営し、たくさんの悩める女性を救ってきた尼僧・戸澤宗充さん。著書『すべてを喜びとする。駆け込み寺庵主の「引き寄せ」問答』より、頑張ってるあなたの小さなモヤモヤをすっきり解消する問答をお届けします。


今の私は「人間大好き!」で、どろどろとした人間関係にも進んで足を踏み入れていきます。人のために奉仕をすることが、私自身の喜びだからです。

けれども、実は若いころの私は、人づきあいが苦手でした。けっこう暗い人間だったんですよ。中学生のころから、休み時間も放課後も本ばかり読んでいて、友達と遊んだ記憶はほとんどありません。友達とワイワイ過ごすのが嫌いだったんです。高校進学後も、その傾向は弱まることなく、むしろ強まっていきました。趣味は、ひとりで美術館やコンサートに行くことで、「おひとりさま」が大の得意。周りからは「こわい人」と思われていたようです。そんな私が、今では尼僧となり、人々のためにご奉仕させていただく日々を過ごしているのですから、人生とは不思議なものです。

「なんでこんなに悲しいのに、苦しいのに、生きなくてはいけないのか」
私自身、何度も自分に問いかけました。けれど、娑婆は苦しくて当然なんです。そのことがわかると一気に心がラクになります。それを乗り越えたときに、「あぁ、生きていてよかったな」という日が、絶対に来るんです。「そうかしら?」ってみんな言うけれど、本当に来るの。だって、私が今、そうですもの。

色々苦労してきたけれど、私は今、生きていることがとても楽しいのです。自分が楽しくしていると、お友達がたくさん寄ってきて、みんな楽しくなります。「ここに来ると楽しい!」「庵主さんに会いたい!」って言っていただけるのが、私自身の喜びなので、苦しいとは思えません。お茶を教えて、お説教をやって、サンガ天城もやって、おばんざい屋もやって、大変じゃないですかと言われますけど、楽しいんです。全部、楽しいんです。意識して「楽しい」と思っているつもりもありません。ただ、やっていること自体が、本当に楽しいのです。

人間嫌いだった私が、人間大好きに変わったように、人は変われます。死にたくなるくらい辛いことがあっても、幸せになることができます。どんなことも当たり前と思わず、今、この世に生を受けていることも当たり前と思わず、感謝しましょう。喜びを感じましょう。お釈迦様はこう説いています。

「その報いは私には来ないだろう」
とおもって、悪を軽んずるな。
水が一滴ずつ滴りおちるならば、
水瓶でもみたされるのである。
愚かな者は、水を少しでも集めるように
悪を積むならば、
やがてわざわいにみたされる。

「その報いは私には来ないだろう」
とおもって、善を軽んずるな。
水が一滴ずつ滴りおちるならば、
水瓶でもみたされる。
気をつけている人は、
水を少しでも集めるように
善を積むならば、
やがて福徳にみたされる。

「これくらい、まぁいいか」という小さな悪であれ、相手に気づかれもしない善であれ、いずれ満ちるときがきます。あなたの心の中を少しずつ少しずつ満たしていくのです。生きることに伴う苦や喜び、すべてをかみしめながら、今日という日を生きていきましょう。生かされている命に感謝して。

命に感謝し、
すべてを喜びとして
生きていくのです。

娑婆は苦しくて当然。
そのことがわかると
ラクになる。

 

関連キーワード

関連書籍

戸澤宗充『すべてを喜びとする。 駆け込み寺庵主の「引き寄せ」問答』

今日という日に、存在してください。 女たちの駆け込み寺で、仕事や人間関係に悩むたくさんの女性たちを助けてきた庵主さんが、頑張ってるあなたの小さなモヤモヤをすっきり解消します! 求めてばかりの「我」にさよならしましょう。 生きていると、友人や同僚、家族との人間関係に悩んだり、なんとなく毎日が物足りなく感じたり、ときには、大きな悲しみや絶望に襲われたり、本当にいろいろなことがありますね。そんな「喜びを感じられない」とき、私たちは一体どうすればいいのでしょうか。本書では、みなさんから特に多く寄せられるお悩みを、私の人生に照らし合わせながら「問答」としてお応えしています。(はじめにより) ●どうしてもやる気が出ないのです→目についたことをやってみればいい ● 今の自分を変えたいです→変わるために大切なものは、自信 ● 会社の人間関係が辛いです→いちいち心を引きずられずに受け流す ● 相手の過ちが許せません→自分はそんなに完璧な人間だろうか ● 評価されません→結果に対して自分が納得できればいい ● 浮気をされました→1回は許してあげる 54の痛快問答!

{ この記事をシェアする }

すべてを喜びとする。

バックナンバー

戸澤宗充 日蓮宗一華庵・サンガ天城庵主

1937年東京都生まれ。33歳のとき二児を残しモルモン教徒の夫が事故で急逝したことから法華経と出会い、46歳で出家する。2003年、65歳で私財をなげうち、女性たちの駆け込み寺「サンガ天城」を設立。以後、様々な問題で悩み苦しむ女性たちを受け入れてきた。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP