1. Home
  2. 読書
  3. 沖田×華の蜃気楼家族
  4. 【家族が苦しい】忘れたいことばっかりだけ...

沖田×華の蜃気楼家族

2019.07.21 更新 ツイート

「0か100か」でなくてもいい

【家族が苦しい】忘れたいことばっかりだけど〔再掲〕沖田×華

「ダメだ」と思うと全否定。そういう気持ちの整理の付け方は、スッキリするようでいて、案外、しんどくなることがあるものです。できるのなら家族と仲良くしたかったという正直な思いや、いい思い出は、それはそれとして残しておいてもいいのかもしれません。

*   *   *
 

 

 

 

 

 

 

※『蜃気楼家族6』最終巻、絶賛発売中!!

 

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

沖田×華の蜃気楼家族

大ベストセラー『透明なゆりかご』の著者の自伝コミック。「蜃気楼の見える町」魚津(富山県)の小さな中華料理屋を舞台にかなりおかしな一家が繰り広げる爆笑&少しせつない怒濤の実録ストーリー。
※書籍化のためバックナンバーは一部のみ閲覧可能です。

バックナンバー

沖田×華 漫画家

1979年、富山県魚津市生まれ。作品は10年間の連載を経て完結した『蜃気楼家族』(全6巻、小社)の他、累計400万部の大ベストセラーとなり、2018年NHKでドラマ化された『透明なゆりかご』(現在7巻まで、講談社)、「やらかし」シリーズ(最新刊は『こんなに毎日やらかしてます。』ぶんか社)、『お別れホスピタル』(現在は1巻、小学館)などがある。2018年『透明なゆりかご』で第42回講談社漫画賞(少女部門)を受賞。2018年12月末発売の小説幻冬から新連載「父よ、あなたは…」が始まる(幻冬舎plusでも順次、公開予定)。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP