1. Home
  2. 生き方
  3. おっさん画報
  4. アレッポの石鹸

おっさん画報

2016.12.27 更新 ツイート

アレッポの石鹸菅野完

 
「家庭画報」「婦人画報」はあって、なんで「おっさん画報」はないねん! 「昭和のおっさん」を自認する物書き・菅野完が、暮らしにまつわるアレコレ、気になる文物を、徹頭徹尾おっさん目線で語り尽くす新連載。

 * * *

 アレッポの街はどうやらローマ以前からすでに栄えていたらしい。物の本によると、ボスポラス海峡方面からイラン方面ひいてはインドへと至る東西の経路と、黒海方面からゴラン高原を抜けエジプトへと至る南北の経路のちょうどその交叉にあることが、アレッポの繁栄の源だという。地勢からして交易で栄えることが宿命づけられている街なのだろう。

 我々日本に住む者どもにとって、アレッポといえば、細い路地に商店がひしめき様々な物品が売買される、あの市場の様子がまず頭に浮かぶものだった。しかし2011年から続く内戦によって、アレッポのあの市場(あちらの言葉ではスークというらしい)は、灰燼(かいじん)に帰した。その後約5年にわたり、アレッポの人々は塗炭の苦しみを耐え抜いてきたことになる。そして今、ロシアの支援を受けたシリア政府軍がアレッポを占領し、そこに至るまでの様相は、まさに集団虐殺としか言いようがなかった……。

 いや、いかん。

 その悲憤慷慨を元に筆を進めるのが本稿の目的ではないのだ。

 ここに、石鹸がある。

 先日、新宿の「ベルク」にて購入したものだ。アレッポの産だという。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

おっさん画報

 「婦人画報」「家庭画報」はあって、なんで「おっさん画報」はないねん! 「昭和のおっさん」を自認する物書き・菅野完が、暮らしにまつわるアレコレ、気になる文物を、徹頭徹尾おっさん目線で語り尽くす。

バックナンバー

菅野完

著述家。1974年、奈良県生まれ。一般企業のサラリーマンとして勤務するかたわら執筆活動を開始。退職後の2015年より主に政治分野の記事を雑誌やオンラインメディアに提供する活動を本格化させる。同年2月から扶桑社系webメディア「ハーバービジネスオンライン」にて連載「草の根保守の蠢動」をスタート。同連載をまとめた『日本会議の研究』(扶桑社新書)は16万部を超えるベストセラーとなり、「日本会議ブーム」を巻き起こす。他の著書に『保守の本分』(noiehoie名義、扶桑社新書)、『踊ってはいけない国、踊り続けるために』(共著、河出書房新社)、最新刊は『日本会議をめぐる四つの対話』(K&Kプレス)。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP