1. Home
  2. 暮らし術
  3. 今日から幸せになれるアドラーの教え
  4. あなたは今すぐ変われる

今日から幸せになれるアドラーの教え

2016.05.06 更新 ツイート

あなたは今すぐ変われる岸見一郎

 『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社)が日本・韓国2か国で累計230万部突破など、今話題の<アドラー心理学>とはいったいどんな思想なのか?
アドラー心理学の第一人者・岸見一郎氏の原点ともいうべき『生きる勇気とは何か』、『人生に悩んだらアドラーを読もう。』の2冊同時発売を記念して、幸せに生きるためのアドラーの教えを抜粋して4回連載でご紹介します。
 第4回は、他者の評価にどう向き合うかについて考えます。

 

他者の評価から自由になる

 子どもの頃に親がほめてくれなかったから自分のことが好きではなくなったという人のことを先に見ましたが、他の人がたとえほめてくれなくても、自分のことを好きになることはできます。自分のことを好きになるためには、他の人からの評価はいらないということです。 

 例えば、他の人から「あなたはいやな人ね」といわれたからといって(そんなことを面と向かっていわれることがあるかはわかりませんが)、そのことであなたがいやな人になるわけではありません。反対に「あなたはいい人ね」といわれたからといって、そのことでいい人になるわけではありません。自分の価値は人からの評価によって少しも下がりもしなければ、上がりもしません。

 他の人が自分をどう思っているかまったく気にならない人は少ないでしょうが、すべての人が自分について同じように評価することはありえませんし、そもそも人からの評価は自分の価値を決めません。

 ほめられたいと思う人は、人の評価に自分を合わそうとしています。しかし、他の人の評価を気にかけ、他の人の期待に添うような自分になることに意味があるでしょうか?

さらに、人の評価を気にする人は、評価を得るために手段を選ばなくなります。評価を上げるためには、カンニングをすることも厭いません。評価されることを怖れて、例えば、試験を受けないということもあります。試験を受けなければ、可能性の中に生きることができます。もしも試験を受けていれば、と思えるからです。

 勉強したらもっとできるのに、といわれても勉強しません。実際に勉強してよい評価を得られないより、もしも勉強していればという可能性を残しておく方が得策だと思えるからです。しかしいずれの場合も、評価を怖れるあまり、何も学べないことになってしまいます。

 
このコラムは、『人生に悩んだらアドラーを読もう。』より抜粋しています。詳しくは本書をご覧ください。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

今日から幸せになれるアドラーの教え

『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社)が日本・韓国2か国で累計230万部突破など、日本のみならず世界で話題の<アドラー心理学>。

第一人者の岸見一 郎氏による、電子書籍『生きる勇気とは何か アドラーに学ぶ』『人生に悩んだらアドラーを読もう。』の2冊同時発売を記念して、アドラー心理学の思想をわかりやすく紹介いたします。

バックナンバー

岸見一郎

1956年、京都府生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋古代哲学史専攻)。著書に『アドラー心理学入門』(KKベストセラーズ)、『幸福の哲学』(講談社)、『人生を変える勇気 踏み出せない時のアドラー心理学』(中央公論新社)、『老いた親を愛せますか?それでも介護はやってくる』『子どもをのばすアドラーの言葉 子育ての勇気』『成功ではなく、幸福について語ろう』(幻冬舎)訳書にプラトン『ティマイオス/クリティアス』(白澤社)などがある。共著『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社)はベストセラーに。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP