1. Home
  2. 社会・教養
  3. 特別企画:戦後70年
  4. 戦後70年を報道写真で振り返る【1975...

特別企画:戦後70年

2015.09.07 更新 ツイート

戦後70年を報道写真で振り返る
【1975-1999】
第4回『ザ・クロニクル 戦後日本の70年』共同通信社

写真は日本の記憶――。
私たちは普段、新聞やあらゆるメディアで写真を目にしています。教科書などで見慣れた写真、見たことのない写真、それぞれに収められた決定的一瞬。その1枚1枚に秘められた意味と背景がそこにはあり、それを伝えるのが報道写真です。
戦後70年の今年、日本最大のニュースネットワークである「共同通信社」も、同様に創立70年を迎えます。戦後70年の日本の歴史を記録し続けてきた写真の保有数は2000万枚。その貴重なアーカイブと全国55の新聞社から発掘、厳選して綴る年代記「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」。

連載第4回目は、『ザ・クロニクル 戦後日本の70年』の表紙写真より、戦後からこれまでの日本の歩みを振り返ります。報道写真が語る当時のそれぞれの日本の姿をご覧下さい。 

 

ロカビリーサウンドに合わせ踊るローラー族の若者たち。=1978年、東京・代々木公園

79年ごろには東京で代々木公園や通称「ホコ天」といわれた原宿の歩行者天国に、原色の派手な衣装を着て集団で踊る若者たち「竹の子族」が現れた。【第7号(1975-79)より】

 
 
ホテルニュージャパン火災=1982年

1982年2月8日未明、東京都千代田区永田町のホテルニュージャパン9階客室から出火し、昼ごろまで燃え続けた。9、10階を中心に焼く4200平方メートルを焼失した。【第8号(1980-84)より】

 

 
日本企業の看板があふれるニューヨークのタイムズ・スクエア=1987年

バブルの乱舞。米国の象徴ともいえるニューヨークのロックフェラー・センターやコロンビア映画などの買収は米国民の反感を買い、ジャパンバッシングが巻き起こった。【第9号(1985-89)より】

 

 
ベルリン・ブランデンブルグ門広場=1990年

89年11月のベルリンの壁崩壊からわずか11ヶ月で東西ドイツが統一を達成し、「ドイツ共和国連邦」が4誕生した。ベルリンのブランデンブルグ門広場には大勢の市民が繰り出し、新しいドイツの誕生を祝った。【第10号(1990-94)より】

 

 
崩壊した阪神高速道路で落ちずに止まったバス=1995年

1995年1月17日午前5時46分、兵庫県の淡路島北部を震源地とするマグニチュード7.3の地震が発生し、神戸市などで観測し蒸発の震度7を記録した。死者6434人、重傷者約1万人、被害家屋は焼く64万棟に上った。【第11号(1995-99)より】

 

 

沖縄サミットでの歓迎夕食会前に首里城をバックに記念撮影に収まるG8各国首脳ら。左からブレア英首相、クリントン米大統領、金田のクレティエン首相、ドイツのシュレーダー首相、森首相、ロシアのプーチン大統領、EU欧州委員会のプローディ委員長、イタリアのアマート首相、フランスのシラク大統領=2000年7月22日【第12号(2000-04)より】

続きは、戦後70年を14冊で振り返る「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」をご覧下さい。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

特別企画:戦後70年

バックナンバー

共同通信社

1945年の創立以来、国内、海外のニュースを取材、編集して全国の新聞社、NHK、民間放送局、海外メディアに配信。日本語だけでなく英語や中国語、韓国・朝鮮語でも配信し、アジアに軸足を置く日本を代表する総合国際通信社。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP