1. Home
  2. 読書
  3. 見かけは違うけれど、実は仕事に役立つ本
  4. 『僕がコントや演劇のために考えていること...

見かけは違うけれど、実は仕事に役立つ本

2015.04.29 更新 ツイート

第1回

『僕がコントや演劇のために考えていること』(小林賢太郎)に名著『知的生産の技術』の神髄を見た!漆原直行

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

見かけは違うけれど、実は仕事に役立つ本

 

「ビジネス書」「小説」「コミック」「エッセイ」「実用書」――。本にはさまざまなジャンルがあります。しかし、あるジャンルに括られたからといって、本はひとつの枠だけにおさまるものではありません。本連載では、「一見ビジネス書には見えないけれど、実はすっごく仕事に役に立つ!」という本を選りすぐってご紹介。仕事のヒントは、思いもかけないところから吸収できます。

バックナンバー

漆原直行

1972年東京都生まれ。フリーランスの編集者・記者、ビジネス書ウォッチャー。大学在学中からライター業を始め、若手サラリーマン向け週刊誌などで取材・執筆活動を展開。著書に『ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない』『なぜ毎日コンビニで買ってしまうのか?』『ネットじゃできない情報収集術』、共著に『読書で賢く生きる。』がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP