1. Home
  2. 生き方
  3. 性と芸術
  4. 会田誠さん〈サイン入り色校正紙+束見本〉...

性と芸術

2022.08.24 更新 ツイート

会田誠さん〈サイン入り色校正紙+束見本〉をプレゼント!サイン本の販売もスタート 会田誠

8月20日の刊行記念イベントではたくさんの質問に向き合い、答えられること、答えられないこと、どちらも真摯に言葉を紡ぎだしてくださった会田誠さん。会場のみの開催だったため、アーカイブのご案内ができないが残念ですが、終了後に、本と、製本前のカバーの色校正紙(色味などを確認するために実際に使う紙に試し刷りしたもの)にサインをいただきました。

色校正紙はカバー(サイン入り)、帯、表紙(『犬』のエスキース)、別丁扉(本文用紙とは別の紙にタイトル文字と著者名を印刷したもの)に束見本(実際に使用する用紙、体裁で製本したサンプル)をつけて1名様にプレゼントいたします。束見本は用紙の銘柄や製本の種類が明記された仕様書付きです。

ご希望の方は、下記フォームよりお申し込みください。締め切りは、9月11日(日)23時59分です。

※このプレゼントの応募期間は終了しました

また、サイン本は幻冬舎plusストアで販売いたします。数に限りがありますので、ぜひお早めにお求めください。

サイン本を購入する

関連書籍

会田誠『性と芸術』

日本を代表する現代美術家会田誠の23歳の作品「犬」は、2012年の森美術館展覧会での撤去抗議はじめ、これまでさまざまに波紋を呼んできた。その存在の理由を自らの言葉で率直に綴る。人間と表現をめぐる真摯な問い。 (目次) I 芸術 『犬』全解説 II 性 「色ざんげ」が書けなくて

{ この記事をシェアする }

性と芸術

日本の現代美術史上、最大の問題作、「犬」は、なぜ描かれたのか? 7月21日発売『性と芸術』(会田誠著)について

バックナンバー

会田誠 美術家

1965年新潟県生まれ。1991年東京藝術大学大学院美術研究科修了。 絵画、写真、映像、立体、パフォーマンス、インスタレーション、小説、漫画など表現領域は国内外多岐にわたる。
小説「青春と変態」(ABC出版、1996年/筑摩書房、2013年)、漫画「ミュータント花子」(ABC出版、1999年/ミヅマアートギャラリー、2012年)、エッセイ集「カリコリせんとや生まれけむ」(幻冬舎、2010年)、「美しすぎる少女の乳房はなぜ大理石でできていないのか」(幻冬舎、2012年)など著作多数。
自身の制作を追ったドキュメンタリー映画に「≒会田誠~無気力大陸」(B.B.B. Inc.、2003年公開)、「駄作の中にだけ俺がいる」(Z-factory、2012年公開)がある。 近年の主な個展に「天才でごめんなさい」(森美術館、東京、2012-13年)、「考えない人」(ブルターニュ公爵城、ナント、フランス、14年)、「世界遺産への道!!~会いにいけるアーティストAMK48歳」(鹿児島県霧島アートの森、14年)、「ま、Still Aliveってこーゆーこと」(新潟県立近代美術館、15年)、「はかないことを夢もうではないか、そうして、事物のうつくしい愚かしさについて思いめぐらそうではないか。」(ミヅマアートギャラリー、東京、16年)など。
<プロフィール写真>千葉九十九里にて 撮影:松蔭浩之

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP