1. Home
  2. 生き方
  3. 60歳、女、ひとり、疲れないごはん
  4. 手作りのおやつをよく作ってますね。

60歳、女、ひとり、疲れないごはん

2022.05.26 更新 ツイート

銀色夏生さんの「疲れないごはん」Q&A

手作りのおやつをよく作ってますね。 銀色夏生

ここまで生きてくると、もうこれからは自分の好きなものを、好きな量だけ、気楽に食べたい。作る時も食べる時も疲れないですむ、こころ落ち着くごはん。
生きていく人生の段階によって変化していく食事の風景。自分がおいしいと思うもの、それがいちばんのごちそう。――銀色夏生

60歳、女、ひとり、疲れないごはん』の「日々のメニュー」の写真から、銀色さんにいろいろ質問しました。

*   *   *

Q 手作りのおやつをよく作ってますね。
A ちょっとおやつを食べたいときに、家になにもないことってありますよね。そういうときに「よし!」って思って作ります。たまーにだけど。りんごチップスはよく作りました。スライスしてオーブンで焼くだけ、シナモンとかはちみつを最後にかけて。
ポテトチップスも手作りすると美味しい。すごく簡単です。スライサーでじゃがいもをスライスして、水にさらしてからペーパータオルで水分をとったら、油にすっすっすって入れるともういい具合に揚がるから。塩胡椒をふってしゃっしゃっしゃって混ぜて食べると、すごく美味しい。

Q 麩のラスクの作り方を教えてください。
A バターをフライパンにじゅわーって溶かして、麩を入れてそれを吸い込ませて、蜂蜜でも砂糖でもいいんだけど、甘いものをからませて、ちょっと焦げる手前みたいな、かりっとした感じに仕上げます。

Q バスクチーズケーキは作ってみてどうでしたか?
A  1回だけ作ってみたんだけど、好きじゃないことがわかりました。もし好きだったら人生のどこかで「バスクチーズケーキが好き」って思ったはずなんですよね。食べたことはあったはずだから。最近よく聞くから作ってみたけど、これはそうでもないなと思いました。

Q 栗の渋皮煮は大変じゃなかったですか?
A 固い皮を剥くのが一番めんどくさかったです。渋皮の筋も剥かなきゃいけなくて、それを丁寧に剥くのも意外とめんどくさかった。味付けは砂糖だけだったような気がします。もう少し煮たほうがよかったです。中身が半透明になるくらいに。1回で力尽きました。1年に1回くらいでいいと思ったのでまた今年も作りたいです。

関連書籍

銀色夏生『60歳 女ひとり、疲れないごはん』

ここまで生きてくると、もうこれからは自分の好きなものを、好きな量だけ、気楽に食べたい。作る時も食べる時も疲れないですむ、こころ落ち着くごはん。生きていく人生の段階によって変化していく食事の風景。自分がおいしいと思うもの、それがいちばんのごちそう。

{ この記事をシェアする }

60歳、女、ひとり、疲れないごはん

ここまで生きてくると、もうこれからは自分の好きなものを、好きな量だけ、気楽に食べたい。作る時も食べる時も疲れないですむ、こころ落ち着くごはん。生きていく人生の段階によって変化していく食事の風景。自分がおいしいと思うもの、それがいちばんのごちそう。

バックナンバー

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP