1. Home
  2. お知らせ
  3. 小さな声、光る棚 新刊書店Titleの日常
  4. また走り出そうとしている世の中で――『小...

小さな声、光る棚 新刊書店Titleの日常

2021.06.30 更新 ツイート

また走り出そうとしている世の中で――『小さな声、光る棚 新刊書店Titleの日常』辻山良雄著、6月30日発売! 幻冬舎編集部

“高速回転”を今後もあなたは続けますか?

幻冬舎plusで2016年から連載中の人気エッセイ「本屋の時間」が、大幅な加筆修正を加え、単行本『小さな声、光る棚 新刊書店Titleの日常』となって本日発売となりました!

ブックデザイン/鈴木成一デザイン室


Titleの看板の写真が大胆に使われているオビには、ブレイディみかこさん、いしいしんじさんからいただいた素敵な推薦文が入っています。

本に携わる人間にとり、
「命の洗濯」とはこのような本を読むことかもしれない。
「そうあってほしい世界へと手を伸ばす、
ものいわぬ意志」を感じさせる本。
――――ブレイディみかこ(ライター)

この世でもっともユニークな場が、
町でいちばん「あたりまえ」の本屋さんでもある。
毎朝シャッターをあけるたび、
辻山さんはそんな奇跡に立ちあっている。
――――いしいしんじ(作家)

荻窪に店を構えて5年と半年、様々な本に出会い、売ることを通して辻山さんが考えた、よく働き、よく生きることについての考察は、連載中から反響を重ねてきました。このコロナ禍でオリンピックを迎えようとしている今、著者の自問を通して個々の生き方をあらためて問われるようなことばも多数おさめられています。

そしてそんなTitleのある町・荻窪の息づかいを、写真で見事に表現してくださったのは齋藤陽道さん。

この本のために、齋藤さんが三日間で撮った写真の総数は510枚に及びますが、書籍の中には厳選された32枚が贅沢におさめられています(510枚すべてを見られる展示は、Title2階ギャラリーで7月22日(木)~開催)。

以前の“日常”に急速に戻ろうとする世の中で、自分の速度で歩き、考えながら、大切なことを静かに見つめ直したくなる本書。お近くの書店さんでぜひお手にとってお楽しみください。

 

書誌情報
タイトル:小さな声、光る棚 新刊書店Titleの日常
著者名:辻山良雄
発売元:幻冬舎
定価:1760円(本体1600円+税10%)
発売日:2021年6月30日
ページ数:240ページ

関連書籍

辻山良雄『小さな声、光る棚 新刊書店Titleの日常』

まともに思えることだけやればいい。 荻窪の書店店主が考えた、よく働き、よく生きること。 「一冊ずつ手がかけられた書棚には光が宿る。 それは本に託した、われわれ自身の小さな声だ――」 本を媒介とし、私たちがよりよい世界に向かうには、その可能性とは。 効率、拡大、利便性……いまだ高速回転し続ける世界へ響く抵抗宣言エッセイ。

{ この記事をシェアする }

小さな声、光る棚 新刊書店Titleの日常

幻冬舎plusの人気連載「本屋の時間」を1冊にまとめた新刊『小さな声、光る棚 新刊書店Titleの日常』(辻山良雄著)の刊行他情報。

バックナンバー

幻冬舎編集部

幻冬舎編集部です

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP