1. Home
  2. 生き方
  3. 次元上昇日記
  4. 2021年4月7日 クロコダイル

次元上昇日記

2021.04.08 更新 ツイート

2021年4月7日 クロコダイル 辛酸なめ子

地球を支配していると言われている、爬虫類系宇宙人(レプティリアン)。支配しているといっても、そこまで邪悪ではなく良いレプティリアンもいると思われます。前に、私が転びそうになったときいつも支えてくれるレプティリアンがいると教えてもらったことがあります。(先日も駅の階段で転びかけてギリギリで踏みとどまりました) でも、中には人肉を食べる系もいるようですが……。

 

レプティリアンは王族とも関わりがあり、例えば日本でも天皇家の祖先にワニがいると神話に書かれています。山幸彦(火遠理命)の妻(豊玉姫)が実はワニで、神武天皇にはワニの血が混じっているという説が。

そしてやはり根強い噂があるのがイギリス王室です。エリザベス女王のElizabethという名前には「lizard」(トカゲ)という単語が。16世紀に、エリザベス1世を描いた肖像画の中に、秘密の蛇が描き込まれている、という件もありました。手に花を持っている絵が、経年劣化で花の下に描かれていた蛇が浮き上がってきたという……。近代だと、ダイアナ妃も、王室メンバーがレプティリアンにシェイプシフトする姿を目撃したと囁かれています。ロシアのプーチン大統領も、エリザベス女王のことを、人間ではないと畏れていたという都市伝説があります。

英王室のレプ具合が気になって、昨年のロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリーの展示の図録を見返してみましたが、さすがにモロに爬虫類は描かれていなかったです。ちょっと気になったのは「チャールズ1世」の肖像画で、右に神の言葉が書かれたロール紙みたいなものが浮かんでいるのですが、形が不自然でしっぽと頭部のある蛇に見えました。あと目が若干イッちゃってました。あとはレディ・ジェーン・グレイの髪の毛の飾りがシマヘビっぽいです。ヘンリー8世、アン・ブーリンなど目が冷たくてどこか爬虫類を思わせるものがありました。

そんなレプ匂わせの現代版なのでしょうか。トーク番組「The Late Late Show with James Corden」に出演したヘンリー王子が息子のアーチーくんについて語っていたのですが、その内容をネットニュースで見て鳥肌が立ちました。

アーチーくんがはじめて発した言葉は、「crocodile」(クロコダイル)だったそうなのです。

赤ちゃんがはじめて「クロコダイル」なんて複雑な単語言います? しかも「ママ」「パパ」より先に「クロコダイル」とは。ホラー映画かと思いました。

王子夫妻は、王室離脱のドラマよりも、「V」(ビジター)(爬虫類系宇宙人が人間に化けているという80年代の海外ドラマ)の続編を作ってほしいと感じました。その冒頭にアーチーくんが「クロコダイル」と言うシーンを持ってくるのはいかがでしょう。

トカゲでもヘビでもなく、さらに強そうなクロコダイルを言うアーチーくんが末恐ろしいです。

アーチーくんのはじめての言葉のシーンを恐怖にかられながら描いてみました。

関連書籍

辛酸なめ子『次元上昇日記 ベストセレクション50』

「次元上昇」とは? それは「アセンション」のこと。 では、「アセンション」とは何か――? 辛酸なめ子さんにとっては、日々、功徳を積んで善行マイレージを貯め、それがある閾値に達すると得られる高い次元のこと。 本書は、そんな次元上昇をめざす一人の女性が、イベント、パーティ、買い物、仕事……と毎日足を運び、霊的な何かが見えたり、癒されたり、反省したり、試行錯誤する抱腹絶倒の記録です。 この世界の次元は一つじゃない――。 よりすぐりのベスト50をお楽しみください。

辛酸なめ子『次元上昇日記』

毎日のようにセレブやスピリチュアルな現場を取材し続け、どうやったら「次元上昇=アセンション」できるのかを考え続け、「小難しい本を読むより、猫を5分間撫でている方が真理に近付ける」と認識、善行というマイレージを貯めることこそが、個人の次元上昇を達成する方法だと気づく。そのおそるべき試行錯誤、抱腹絶倒の日常記録です。

辛酸なめ子『辛酸なめ子の現代社会学』

辛酸なめ子のフィールドワークは、犯人の足取りを追う老獪な刑事のごとし。正体を突き止められまいと足掻く「現代社会」を、軽やかな妄想と味わい深い漫画を駆使して追い詰めていく。モテ、純愛至上主義、スローライフ、KY、萌え……「ブーム」の名で艶やかに仮装した現代の素顔とは? 前人未到の分析でニッポンを丸裸にした圧巻の孤軍奮闘。

{ この記事をシェアする }

次元上昇日記

「次元上昇」とは? それは「アセンション」のこと。では、「アセンション」とは何か……。いろいろな意味があるので、ネットを検索してみて下さい。しかし、辛酸なめ子さんにとって、それは日々、功徳を積んで善行マイレージを貯め、それがある閾値に達すると得られる高い次元のこと。この連載は、その善行マイレージを貯め次元上昇をめざす一人の女性の抱腹絶倒、試行錯誤の記録です。

この連載が電子書籍になりました!『次元上昇日記 ベストセレクション50

バックナンバー

辛酸なめ子

東京都生まれ、埼玉育ち。漫画家、コラムニスト。巫女的な感性であらゆる事象を取材しまくる驚異のフィールドワーカーとして知られる。著書は『辛酸なめ子の現代社会学』『次元上昇日記』(幻冬舎)、『女子校育ち』(筑摩書房)、『辛酸なめ子のつぶやきデトックス』(宝島社)、『アイドル処世術』(コア新書)、『絶対霊度』(学研)など多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP