1. Home
  2. 社会・教養
  3. 冷酷 座間9人殺害事件
  4. 解体を目撃しながら生還した女性がいた

冷酷 座間9人殺害事件

2021.04.04 更新 ツイート

解体を目撃しながら生還した女性がいた 小野一光

ノンフィクションライター・小野一光氏が座間9人殺害事件の犯人・白石隆浩と重ねた11回330分の獄中対話と、裁判の模様を完全収録した書籍『冷酷 座間9人殺害事件』が話題だ。ここでは本書の一部を抜粋する。

今回は2020年10月26日、第11回公判について。白石は遺体解体を目撃した女性・甲さんをなぜ引き留めずに帰らせたのか?

*   *   *

(写真:iStock.com/whim_dachs)


解体を見た甲さんを素直に帰した謎

前回から4日空けた10月26日の第11回公判。この日はひきつづき、Dさん事件についての被告人質問から始まった。

まず弁護人が質問に立ち、白石の部屋でDさんの解体を目撃した女性「甲さん」が、滞在していた白石の部屋を出て、実家に帰った際のやりとりについてたずねる。

白石「電車で帰るのを見送った記憶があります。甲さんの母親が心配しているので帰ることになったんです」
弁護人「甲さんから帰ると?」
白石「そうです。とくに引き留めることはありませんでした

甲さんが白石の家を出たのは9月23日とのこと。Dさん殺害から7日後であり、Eさん殺害の前日である。

白石はEさん殺害の理由について、「Eさんが帰宅することを危惧し」としていた。だが、なぜ甲さんに関しては素直に帰宅させたのか。

そのことが明らかになるのは、続いての裁判官による被告人質問のなかでのことだ。

裁判官「甲さんの殺害を考えたことは?」
白石「ありません」
裁判官「甲さんからおカネを引っ張れなくなると判断したら、殺害していたかもしれないですか?」
白石「変化があったら、そうしていたかもしれないですけど、当時は甲さんとの関係は良好だと思っていたので……」

白石は、甲さんと同居し、家賃を払ってもらおうと考えていたという。

白石「一緒に住む方向で話そうとしていましたが、途中で帰ってしまった。出て行く理由が、母親が心配しているというものだったので、引き留めづらかった」

(写真:iStock.com/yamasan)

抵抗する相手との性行為にしか興味がなくなった?

白石が口にする甲さんを帰した理由を受けて、別の裁判官が新たに質問を加える。

裁判官「Cさんのときは、Aさんを殺したことを知らないのに証拠隠滅のために殺した。一方、甲さんは解体を知っていた。甲さんを帰すことのほうが、Cさんを帰すよりもリスキーだと思いますが
白石「Cさんと比べると、Cさんは距離感があり、信用、信頼がありません。甲さんとは信用、信頼、恋愛依存を感じ取れたので、大きな差がありました」
裁判官「甲さんが帰って関係が悪化する心配は?」
白石「しないようにしていました」
裁判官「捕まってもいいやという気持ちがあって?」
白石「ちがいます。甲さんを口説けていたので大丈夫だと……」

白石は甲さんに手を出さないことについて、過去のスカウト時代の経験を持ち出し、「カネを引っ張るためにそうしたほうが良かったから」と断言するが、それ以外にも理由があったように思えてならない。

白石は殺害の基準について次のように答えていた。

白石「状況によりけりです。普通の女性で収入がなくても、(相手が)わかりやすい好意を示す場合、殺害せずお付き合いしたいと考えていました」

それと同時に、自殺志願者だったDさんを自殺する方向に持っていかず、殺害した理由についてはこう答えている。

白石相手が普通にしている状態を襲うことが快感に繋がったので、考えなかった」

また、白石はほとんどの女性被害者の胸をまず触り、抵抗されてから首を絞めて失神させ、強制性交をしているが、その理由についての回答は以下のものだった。

白石「どんな反応をするのか見るためにやりたくて、反応を見てその内容で性的興奮に繋がるものがありました」

つまり白石は、素直に性行為に持ち込める相手よりも、抵抗する相手に向けた性行為にのみ、性的興奮を感じる傾向が顕著なのだ

極度の興奮を犯行に及んで初めて知り、幾度も重ねていくうちに、徐々に彼のなかで強い渇望になってきたのではないだろうか。

さらには、この性的興奮を感じる性行為のなかには、殺害行為も含まれると考えられる

*   *   *

衝撃のノンフィクション『冷酷 座間9人殺害事件』好評発売中

関連書籍

小野一光『冷酷 座間9人殺害事件』

2017年10月、神奈川県座間市のアパートの一室で、クーラーボックスの中から頭部など9人分の遺体が発見された。逮捕された白石隆浩はSNSを通じて知り合った女性8人男性1人を殺害・解体していたことがわかり、その残虐さに世間は騒然となった。 白石とはどんな人物か? なぜ事件を起こしたか? ノンフィクションライター・小野一光による11回330分の獄中対話と裁判の模様を完全収録。犯罪史上まれにみる凶悪殺人犯の素顔に迫った、衝撃のノンフィクション。

小野一光『人殺しの論理 凶悪殺人犯へのインタビュー』

「腕に蚊がとまって血ぃ吸おうとしたらパシンて打つやろ。蚊も人も俺にとっては変わりない」(大牟田四人殺人事件・北村孝紘)、「私ねえ、死ぬときはアホになって死にたいと思ってんのよ」(近畿連続青酸死事件・筧千佐子)。世間を震撼させた凶悪殺人犯と対話し、その衝動や思考を聞き出してきた著者。一見普通の人と変わらない彼らだが、口をつく論理は常軌を逸している。残虐で自己中心的、凶暴で狡猾、だが人の懐に入り込むのが異常に上手い。彼らの放つ独特な臭気を探り続けた衝撃の取材録。

{ この記事をシェアする }

冷酷 座間9人殺害事件

『冷酷 座間9人殺害事件』の最新情報をお知らせいたします。

バックナンバー

小野一光

1966年、福岡県生まれ。雑誌編集者、雑誌記者を経てフリーライターに。「戦場から風俗まで」をテーマに数々の殺人事件、アフガニスタン内戦、東日本大震災などを取材し、週刊誌や月刊誌を中心に執筆。最新刊『冷酷 座間9人殺害事件』のほか『人殺しの論理 凶悪殺人犯へのインタビュー』『全告白 後妻業の女 「近畿連続青酸死事件」筧千佐子が語ったこと』、『新版 家族喰い 尼崎連続変死事件の真相』『連続殺人犯』『震災風俗嬢』など著書多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP