1. Home
  2. 生き方
  3. 真木あかりの恋愛占い
  4. 2021年4月の恋愛運

真木あかりの恋愛占い

2021.03.31 更新 ツイート

2021年4月の恋愛運 真木あかり

この占いでは、今月のあなたが得る「ご縁」や傾向をお届けします。4月の前半は12星座のトップバッターであるおひつじ座に星が集まり、火星が人々の議論を熱くうながしています。恋においては、前半はまっすぐな思いを貫くようなシチュエーションが、後半は落ち着いて仲を深めていくようなシチュエーションが似合います。このモードの変化に上手に乗っていくのが、この春のカギとなるかもしれません。

 



★おひつじ座
3.21~4.20

【恋愛運】
「前半は積極的に、後半はじっくりと」のつもりでいるといい時期です。人気運が高い今月は、恋だけを頑張るよりも、いろいろな人と話したり、勉強や趣味に打ち込んだりとバランス良く楽しむなかで恋愛運も上がってくるでしょう。12日の新月前後には、生まれ変わったような気持ちで新しいスタートを切る人もいるのかもしれません。

【カップルの人】
お出かけ運が高まっています。デートは手近なところで気になるスポットを訪れてみると盛り上がるでしょう。特に月の前半はおしゃれのしがいがあります。付き合いが長くなって、ラフなスタイルが多くなっている人も少し、春らしいファッションを楽しんでみてもいいのかも。時節柄、お出かけする気持ちになれないという人は、読書デートも◎。お互いの好きな本を薦め合ったり、感想を話し合ったりしてみては。

【シングルの人】
チャンスが多いのは15日まで。といっても、それ以降はまるでダメといったことはないのでご安心を。とんとん拍子に進むのが前半、スローペースになるのが後半と覚えておいてください。特に下旬は、なんとなく“いつもの自分”を出せず、背伸びしたり頑張りすぎたりしてはフラストレーションが溜まる傾向もあるかも。お誘いや約束は前半に固めておきましょう。

【障害のある恋に悩んでいる人】
コミュニケーションの総量が増えるので楽しい時期に。しばらく連絡が取りにくい日々が続いていた人も、また言葉を交わし合う喜びが戻ってくるでしょう。特に前半は、愛されている実感を得る人は多いのかも。後半になると、関係が明るみに出ないよう留意し、慎重に振る舞うほうが優先されます。お相手の存在だけがすべて! となるよりは、自分のことにも時間や労力を割くようにすると、うまくいきやすいでしょう。
 

★おうし座
4.21~5.21

【恋愛運】
前半はどこかもどかしい気持ちが募るとき。モヤモヤが募って「自分で自分に苛立つ」ような部分もあるのかもしれません。ただこの4月前半は、心の整理をつけていきやすい時期です。引きずっている悲しい思い出も、自分の心が前に進むために、幸せになるために、自分なりに学びとし昇華させていくこともしやすいのでしょう。それをしておくメリットもあります。月の後半、恋愛運に追い風が吹くためです。

【カップルの人】
前半はちょっぴり複雑な気持ちに。好きなのに「この人とダメになったら後がない」と思ったり、自分の気持ちを察してくれたらいいのにと責めるような感情が出てきたり、迷走してしまいがちに。ただ後半からは一気にラブラブモードへ。愛をいっぱいに感じることができるでしょう。あなたのなかにも、話したい言葉がたくさん生まれるようです。

【シングルの人】
好きな人を自分と同じように狙っているライバルがいる場合は、先月からふつふつと、とげとげしい気持ちが煮えたぎっているかも。ただ、それをやっても、片思いになんら進展があるわけではないのですね。できればもどかしい気持ちを、一歩踏み出す勇気に変えていきたいもの。それが叶うのが月の後半です。特に気になる人はいないという人も、ここから5月初旬にかけて嬉しい出会いが増えるでしょう。

【障害のある恋に悩んでいる人】
「あの人さえいなければ相手と正式に結ばれるのに」という気持ちを持つ相手への敵意がくすぶるとき。その一方で、今している恋に特別な意味を見出そうとする気持ちもはたらき、頭がいっぱいに。あなたはそうした感情を外に出す人ではありませんが、自家中毒のようにならないよう適度に発散しておきたいところです。月の後半は好調。ずっと言えずにいた気持ちも、伝えることができるでしょう。
 

★ふたご座
5.22~6.22

【恋愛運】
月の前半はカラッとしたライトな恋に縁がありそう。ただ、やや軽率で短慮な行動に出やすいとも言えます。冗談のつもりで危ないことをぽろりと話してしまったり、対人関係を広げたいがゆえに「恋人より友達が大事?」と思わせたりと、誤解されてしまう可能性も。月の後半はやや“内にこもる”ような時間が増えそう。自分が本当はどんな愛を求めているのか、心の内側を探ることになりそうです。

【カップルの人】
束縛されるのが苦手、という一面が強く出そう。同僚や友達との約束・用事が最優先になり、そのことでパートナーと争いになる予感も。ヒートアップし始めると止まらない時期でもあり、ケンカは収束が見えない泥仕合に。とにかく頭を冷やすのが先決でしょう。嫌い、別れるといった決定的な言葉は、短絡的に出さないこと。月の後半はゆっくり考える時間に。

【シングルの人】
ぴかぴかの新年度。人との接点が多く、コミュニケーションの幅が広がっていきます。特に、新しい同僚や仲間など、“ヨコのつながり”には恋の可能性が眠っているはず。積極的に接点を持って、あなたという人を印象づけてみてはいかがでしょうか。ただし何かと強引になりやすいときでもあります。なんでも勝ち負けに持ち込んだり、好奇心がマウント取りに向かったりしないよう気を付けて。

【障害のある恋に悩んでいる人】
気持ちが高まりすぎて、不完全燃焼気味な自分を感じやすいかも。お相手以外との対人関係は活発で好調なのに、と余計に寂しさを感じてしまうことも。今はとても考えられないかもしれませんが、身近な人がそんな心の穴を埋めてくれそうな暗示も出ています。本気で自分の幸せを考えてみて、今のお相手とは別の恋に気持ちを向けていこうと、決意する人もいるのかもしれません。あなたはあなたの幸せを追い求める権利があります。だから、自分を追い込みすぎないようにしましょうね。
 

★かに座
6.23~7.23

【恋愛運】
新年度のスタートはとても充実しています。キャリアにおいて自分が十分に力を発揮できるという確信を得たり、新しくスタートした仕事に全力でコミットしたりと、普段以上の意欲に満たされていることでしょう。ただ、その分、恋に向けるエネルギーは少なめ。恋どころじゃない、今は頑張るべきことがあるから!!などといった気持ちのほうが先に立つことも。

【カップルの人】
愛する気持ちはあっても、気持ちや時間に余裕ゼロだと苛立ちMAXになりやすい時期。特に相手とキャリアプランや仕事観がまるで違う場合は、ふたりの間にある溝がこれまで以上に深く感じられ、普段は好ましく思っているところさえ「どうしてわかってくれないの!?」「ついていけない」などと感じることも。あなたも十分わかっておいでかと思いますが、相手は相手、自分は自分。「こうしてほしい」と思うことがあるなら、察してもらおうとするより、はっきり言葉で伝えられると素敵です。

【シングルの人】
恋より仕事、という発想になりやすいとき。心機一転、本気で取り組まなければいけない仕事もあったりして、「恋したいけどそれどころじゃない」という人も。
ただ、その頑張る姿が、誰かの心を捉えることも多そうです。頑張りたいことがあるのなら、フルコミットしてみてはいかがでしょうか。余裕が持てるときだけで良いので、笑顔と優しい言葉遣いをプラスできると最高です。

【障害のある恋に悩んでいる人】
先月あたりから、「振り回されるのはもうカンベン」「悩むばかりの状況を変えたい」なんて気持ちが、強まってきているのではないでしょうか。もちろん普段からそんなのはイヤだろうと思うのですが、「もういい加減、この状況を変えたい!」と本気になれるのがこの4月。仕事や、自分が頑張りたい社会活動などに全力投球することで、その流れを変えられる人も多そうです。自分を信じて、大切にしましょう。きっと、良くしていけますから。
 

★しし座
7.24~8.23

【恋愛運】
モテとかウケとか、世の中一般で言われている恋愛テクニックのようなものが急に浅はかでつまらないもののように感じられてきそう。もしかしてこの占いも「どんなもんだか」と、冷めた目でご覧になっているのかもしれません。それほどに、ちょっとメタな視点で恋というものを捉えるようになるのでしょう。もし気持ちが向いたなら、名著と呼ばれる本のなかに答えがあったりするかもしれません。

【カップルの人】
愛とはどうあるべきなのか? 幸福とは何か? といったことを、わりと真剣に考えるフェーズに入ります。これまで「好きならOK」とザックリ考えていたところが、急に気になり始めるのです。もっと自由であるべきではないのか、といった思いから、突然付き合い方を変えようとすることも。ただ、あなたの頭のなかでは筋が通っている話でも、お相手もそうとは限りません。置いてきぼりにしないよう、ふたりでたくさんお話しできるといいですね。

【シングルの人】
興味があること、これからやってみたいこと。そうした「気になる!」を追いかけてみると、呼び合うように人が集まってくるときです。SNSでもリアルでも、できるだけ積極的に「気になる!」を発信してみませんか。妙に話が合う人がいたならば、今後恋に発展していく可能性も十分、考えられるでしょう。いわゆる“雲の上の人”と接点ができることも。

【障害のある恋に悩んでいる人】
昨年末、占星術の世界で20年に一度の大きなイベント、「グレート・コンジャンクション」が起こり、「風の時代」が始まりました。生活のあらゆることに影響が及びますが、パートナーシップについてはこれまで以上に自由に、形式に縛られないものになっていくとされています。たとえば結婚制度に縛られず、ふたりにとってのベストな関係を模索していく、といったことです。この時期のあなたはまさに、そうした思考に至る予感。ふたりの関係を既成の枠にはめるのではなく、縁あって出会った特別なふたりの愛として、定義していく。そんな流れが始まるのかもしれません。
 

★おとめ座
8.24~9.23

【恋愛運】
「世界中に、この人よりいい人はいない」「この恋を、人生最後の恋にしたい」__こういったセリフを言いがちな人は得てして「毎回そう言ってる」などと揶揄されるものですが、どの恋も、そのときの自分の知りうる一番広い範囲では真実であり、真剣なのでしょう。……というのは自分がそうだから申し上げるわけですが、この時期のおとめ座の人はどこか、広い範囲の多くの人とではなく、「この人」と決めた人とふたりの世界を追求していきたい、そんな恋が待ち受けているようです。濃密で、愛に満ちた春です。

【カップルの人】
心も体も深くつながりたい、という思いが募ります。場合によっては「相手の目に自分以外のものを映したくない」とばかりに、束縛めいた気持ちが生まれることも。愛情が執着に変わらないよう注意する必要はあるものの、濃密な愛を紡いでいくことになるでしょう。とことんのめり込むような恋をした結果、月の後半に「これまでのどんな愛よりも深くつながっている」という実感を得られる人もいるでしょう。嫉妬心も生まれますが、ほどほどに。

【シングルの人】
人恋しくなるタイミング。仕事がとても忙しい時期ですが、たとえばハードな1日を終えた帰り道や、ひとりで過ごす休日の午後など、何気ない瞬間に孤独感に襲われることが。モテるときでもありますが、この時期にアプローチしてくる人というのは下心1200%くらいの人が多いのです。誠実な人がゼロとは申しませんが、先を急ごうとする人は即、対象外に弾き飛ばすくらいのおつもりでいてください。マッチングアプリは使いこなすのに悪くない時期ですが、「実は既婚者」などといったことがないよう、相手の身元確認をしっかりと。

【障害のある恋に悩んでいる人】
たとえばお相手に、自分とは別のパートナーがいる場合。本来なら耐えがたい状況ですが、自分を納得させるようにしてお付き合いを続けている人もおられることでしょう。月の前半は、その状況が耐えられない、辛いと感じる時間が多くなりそう。「すべてを壊してもいいから、全部ぶちまけたい」という衝動にかられることもあるかもしれません。思いが強ければ強いほど、辛い時期です。敢えて恋愛以外の予定を増やすなど、意識を分散させる工夫も、自分を守る一手段になるだろうと思います。
 

★てんびん座
9.24~10.23

【恋愛運】
トークをすれば盛り上がり、リアクションすれば大ウケで……と、好意的に接してくれる人が多い時期です。あなたはもともと、人と接するときにベストな距離感を瞬時につかみ、相手の気持ちをパッと察して動ける人。恋においてもそうした長所が発揮され、いい流れに持っていけます。ひとつ申し上げるなら、カップルの人もシングルの人も、自分を「下げない」ことが大事です。自虐ネタや「どうせ自分なんて」という発言は押入れにでもしまっておいて、堂々とあなたらしくしていましょうね。

【カップルの人】
たくさん語り合えるときです。目を見て名前を呼んで、気持ちを確かめ合う時間を大切にしましょう。語り合うなかで、理想と現実のギャップに気付かされることもありそうです。が、それはふたりの仲を割くために出てくるのではありません。丁寧に話し合って、ふたりの一致点を見つけるために出てくるのです。ですから「あなたはそうなんだ!」と、お互いの違いを楽しめると素敵です。12日の新月前後、新展開が訪れる人も。

【シングルの人】
4月のあなたは、持ち前の魅力が他人から見てもすぐわかるほどに、きらきらと輝いています。ともに過ごす将来を想像できるような、誠実な人と出会える可能性も高まっていますから、ぜひ幅広く人と接点を持っていかれるといいでしょう。好きな人がいる場合も、その人だけでなく周りの人にも親切に、ほがらかに接しておくと「あの人、いいよね」と噂となってお相手のもとに届くことも。どんなミラクルだって起きていいと思って、オンライン・オフラインともに交流を広げていきましょうね。

【障害のある恋に悩んでいる人】
今のおふたりの関係がどうあれ、4月は春のあたたかな追い風が吹きます。おそらくですが、お相手のなかであなたの存在が、これまで以上に大きなもの、大切なものとして感じられるようになるのだろうと思います。12日の新月前後には、今の関係性のなかでではありますが、ふたりのなかでの新たな「始まり」とも呼べる象徴的な出来事があるのかもしれません。
 

★さそり座
10.24~11.22

【恋愛運】
さそり座の人々にとって、この新年度はかなりバタバタ。フレッシュな空気のなか、自分の責任を果たそう、周囲の人の役に立とうと力を尽くされていくのでしょう。そんななか、恋に追い風が吹くのは後半。ただ楽しいだけでなく、会話を通してお互いを理解し合いながら前に進んでいけるような、素敵な日々が待ち受けています。

【カップルの人】
前半、お相手のために力を尽くすようなシーンがありそうです。仕事や家事を手伝ってあげたり、助け舟を出してあげたりと、パッと気を利かせて動くことができるでしょう。ただ、相手があまりに怠惰だったり、将来についてまるで考えていなかったりする場合は12日の新月前後、関係を変えていく決意をするかも。しっかり話し合って。特におふたりのポジションに変化がない場合は、月の後半はラブラブです。あたたかで素敵な時間が流れていきます。

【シングルの人】
あなたがもともと持っている、ヘルシーな魅力が磨かれるときです。食習慣を見直したり、軽い運動を取り入れたりして、理想の自分を目指していきませんか。それは単に、外見目当ての人を増やすということではありません。ボディメイクは、自分を大切にすることと同義です。あなたが自分を大切にすると、人もあなたを大切にするというサイクルが始まります。それこそが、この時期の一番のメリットであろうと思います。月の後半は、行動範囲を広げて。

【障害のある恋に悩んでいる人】
ふたりの間の「ルール」があるのなら、それはきっちりと守り抜くことが大事なときです。「バレたらまずい」といった単純な話ではなく、相手を尊重することにつながるからです。ただ、もし「将来が見えない」という不満が頂点に達していたり、「嫉妬心に振り回されたくない」という思いが出てきたりしているのなら、この時期はあなた自身が「気持ちの整理をつけよう」と思うようになるのでしょう。決して簡単に決意できることではないと思います。ただ、もしそう思ったのなら、それを「なかったこと」にはしないほうがいいようです。
 

★いて座
11.23~12.21

【恋愛運】
さあ、楽しい春のスタートです。今年は3月後半から4月前半にかけて、いて座の恋はゴキゲンに盛り上がることになっていますから、楽しむつもり、幸せでいるつもりで過ごしていきましょう。この「つもり」が、いつも以上に大切なのが今月です。情熱というのはしばしば人を火傷させることもありますが、幸せでいるつもりの人は決して、誰かを焼き尽くすような熱を発したりはしません。人は一生懸命なときほど、熱くなりすぎている自覚を持てないものです。だから、「つもり」のことを、ときどき思い出せると素敵です。

【カップルの人】
月の前半はただただ楽しく、純粋に恋の醍醐味を味わい尽くすことができるはず。ふたりの関係をオープンにして、祝福してもらうのもいいでしょう。未婚カップルの場合はそろそろ結婚を、というお話も出て来るのかもしれません。その場合はあなたから話を持ち出すことで、スムーズな展開が期待できます。ただし駆け引きはNG。せっかくスムーズに進展しているところを、余計にややこしくしてしまいそうです。

【シングルの人】
恋愛にいい追い風が吹くのは月の前半。「こういう関係が理想」というイメージを明確に抱いて、たくさんの人と会話できるといいでしょう。時節柄それが叶わない場合は、もちろんLINEやメールで構いません。言葉が強い味方をしてくれるときですから、きっと発展性のある関係にしていけるでしょう。月の後半は尽くす時期。相手のために今、自分ができることを考えてみるといいでしょう。仕事で助け舟を出す、なんてこともきっかけになりやすい予感。

【障害のある恋に悩んでいる人】
障害があることに変わりはなくても、今月は純粋に「嬉しい」「幸せ」と思うことが多いでしょう。今まで、自分の要望を打ち明けることを我慢してきた人も、この時期は優しく伝えることができます。それがきっかけで、ふたりの関係がリフレッシュされるような部分も、あるのかもしれません。押し付けるのではなく「こう思ってるよ」「こんなふうにできたら幸せ」なんて、優しい言葉を選んでいけたら素敵です。
 

★やぎ座
12.22~1.20

【恋愛運】
この年度末・年度始めは、やぎ座の人はものすごく忙しそう。住まいや家族といったプライベートな環境が大きく変わったかと思えば、仕事量が激増しててんてこ舞いになったりと、八面六臂の大活躍でなかなかゆっくりすることができません。ただ、そのなかでも恋に前向きな追い風が吹き始めます。ときめく気持ちを、人を愛しく思う瞬間を、忘れずにいましょうね。

【カップルの人】
「今この瞬間を楽しむこと」に、強いスポットライトが当たります。先々のことまで考えなければいけないとか、計画性や将来性は大事とか、世の中ではさまざまな恋愛の「掟」が語られます。ただ、今この瞬間をお互いに良くしていくんだという気持ちがなければ、どんな掟もむなしく人を縛るだけの価値しかなくなってしまうのではないでしょうか。今のふたりには、楽しむことが大事です。ふたりでいる時間を、交わす言葉を、とことん大切になさってください。

【シングルの人】
月の前半は守りに入りがち。非常に忙しい時期でもありますから、オフの時間は疲れ果てて「ひとりでいたほうが楽」という気持ちになる人もいそうです。状況が変わってくるのが月の後半。一気に視界が明るく開けていくことを感じられる人は多いはず。ここからは、自分から積極的に行動してこそ幸せを手に入れやすくなるタイミングです。楽しそうと思える場所にはどんどん足を運んで。

【障害のある恋に悩んでいる人】
月の前半は家族を大事にしたいとき。特に、あなたに法律上のパートナーがいる場合は、家族の皆で過ごす時間が何より大事です。もちろんあなたとて、いつも家族は大切にしておられるとは思いますが。一方、恋が盛り上がってくるのは後半。関係がうまくいっていない場合、新たな候補が現れるケースもありそうです。もしも新たな恋を選ぶなら、寂しさを埋めるようにして進めるのは避けましょう。「好きだから前に進む」、それでこそ幸せになれるのですよね。
 

★みずがめ座
1.21~2.19

【恋愛運】
フレッシュで明るいムードに満ちた新年度の始まりです。たくさんの人との出会いが、興味深い人との交流が、尽きせぬ好奇心が、あなたの周りにたくさん用意されています。気軽に、気楽に世界に手を伸ばしていくことで、恋も仕事も面白くなってくるのでしょう。あなたにしては、かなりアグレッシブな行動に出ることもあるのかも!? どうぞお楽しみに。

【カップルの人】
たくさん会話をして、メッセージをやりとりしてと、わくわくに満ちた1ヵ月となるでしょう。恋は実に情熱的。大胆な行動でマンネリを打破しようとしたり、相手に気持ちをはっきりするよう迫ったり、といったこともあるのかもしれません、ただ、どんな情熱も、熱ければ熱いほどいいというものではありません。相手のテンションも考えながら、健やかに占いを使っていきましょう。

【シングルの人】
なんとしても好きな人を振り向かせたい、少しでも条件のいい人を見つけたい、といった野心が高まるとき。相手にすでにパートナーがいても、気がなさそうな素振りを見せても、まったく意に介さずに進められるのが今です。ただし、たくさん押せばOKというものでもありません。この時期は、会話を通して息がぴったり合う人を見つけられる時期。ガンガン攻めるだけでなく、楽しむことで見つけられるご縁もあると、覚えておいてください。

【障害のある恋に悩んでいる人】
不屈の精神で恋に向き合っていけるときです。今、吹き付けている逆風さえも、あなたの情熱を高めこそすれ、くじくことはないでしょう。ただ、愛ゆえに無謀なやり方さえもおそれないところは少々、心配なところ。フットワークも軽くなりますが、突然の訪問や電話、無理を言うといったことは、いつも吉という結果につながるばかりではありません。信頼を失うような行動は避けましょう。
 

★うお座
2.20~3.20

【恋愛運】
明るい忙しさに満たされていた3月。そこを過ぎた4月前半、運気はちょっとペースを落とし、落ち着いた雰囲気が漂います。自分が求めている幸せを丁寧に選び取っていくつもりでいると、追い風が吹きやすくなるでしょう。空気がふたたび活気づいてくるのは4月後半。わくわくするような面白いテーマを見つけ、アクションを起こしていくことになるはずです。

【カップルの人】
恋は安定第一。ここまで、ただ「好き!」という気持ちだけで過ごしてきたような人も、これからのことを考えるにあたって「この人って、パートナーとしてどうなんだろう?」と“はかる”ような目を向けることが多くなりそう。月の後半は打って変わってたくさんの会話が生まれます。今だから話せることも、相手に甘えすぎずに相談できることも、たくさんあるのだろうと思います。

【シングルの人】
一歩引いたところで、やや冷静に恋に目を向けるようになりそうです。むしろ、「恋がしたい!」などと前のめりになっていると思われるのがイヤで、引いて構えることも。それが見えないガードとなり、近寄りがたい印象を与えることもあるのでしょう。その傾向に変化が訪れるのが後半。語りたい思いが、わくわくするような情報が、たくさん出てきます。恋をする・しないにかかわらず、いろいろな人と交流を持っていくと良さそうです。

【障害のある恋に悩んでいる人】
一途な思いが強まるときです。起きている間、ずっと相手が心のなかにいるような、そんな時間を過ごす人は少なくないでしょう。お相手を信じ、ひたすら待つ強さというのは、この愛が育んだものなのでしょう。月の後半は、打ってかわって連絡が多くなりそうです。会話も増え、寂しかったりつまらなかったりした日々も、優しく癒やされていくのでしょう。

*   *   *

毎月15日更新で、真木先生が読者のみなさまから頂いた恋愛相談にお答えします。

恋愛相談の応募はこちらから(Googleフォームを利用しています)。

真木先生のメッセージはこちらからお読みいただけます。(旧:午前0時の恋愛相談)

関連書籍

真木あかり『2021年上半期 12星座別あなたの運勢』

2020年年末、物質や金銭中心の「地の時代」から、知性やネットワーク、個人の力に重きが置かれる「風の時代」へと移り変わりました。 そして2021年、運命の風はさらに強く強く、私たちを後押ししてくれるでしょう。恋愛や結婚制度、家族のかたちも、変わってきます。 これまでの「あたりまえ」とは違う幸せの形を、誰もが模索していくでしょう。 自分オリジナルの幸せをつかむためのヒントとは? ウェブや女性誌で大注目の占い師、真木あかり先生による、2021年上半期の星占いです。

{ この記事をシェアする }

真木あかりの恋愛占い

人気占い師・真木あかりさんによる恋愛占い。カップルの人・シングルの人・障害のある恋に悩んでいる人と、3つの状況別に、毎月の恋愛運を占います。(毎月最終日に更新します)

また15日には、真木あかりさんによる恋愛相談も読める、豪華連載です。

※この連載は、「午前0時の恋愛相談」を改題・リニューアルしたものです

バックナンバー

真木あかり

大学卒業後、フリーライターを経て占いの道へ。『辛口誕生日事典 2018』『悪魔の12星座占い』(宝島社)など著書多数。LINE占い「チベタン・オラクル」監修。個人鑑定も行っている。

Blog http://makiakari.hatenablog.com/
Twitter @makiakari

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP