1. Home
  2. 生き方
  3. あぁ、だから一人はいやなんだ。
  4. 第150回 ランチ

あぁ、だから一人はいやなんだ。

2021.02.28 更新 ツイート

第150回 ランチ いとうあさこ

まるで春のように暖かい、ある日の昼下がり。大久保さんからLINEが来た。
「ランチしませんか?」
え? ランチ?「今夜飲みませんか?」じゃなくて、ランチのお誘い? ちょーっと待って、プレイバックプレイバック、ですよ。しかもお店で、じゃなくて“友人宅の屋上”で、です。実は私と大久保さんの家のちょうど真ん中ら辺にある友人宅は屋上付きの二階建ての一軒家。その屋上は一面芝生が敷き詰められており、ベンチやテーブルセットもあってとにかく快適。寒くない日は夜、そこで飲んだりしていたのですが、今回はランチ。ちょっと遅めの14時くらいからいかが? と言うのです。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連書籍

いとうあさこ『あぁ、だから一人はいやなんだ。』

ぎっくり腰で一人倒れていた寒くて痛い夜。いつの間にか母と同じ飲み方をしてる「日本酒ロック」。緊張の海外ロケでの一人トランジット。22歳から10年住んだアパートの大家さんを訪問。20年ぶりに新調した喪服で出席したお葬式。正直者で、我が強くて、気が弱い。そんなあさこの“寂しい”だか“楽しい”だかよくわからないけど、一生懸命な毎日。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP