1. Home
  2. 生き方
  3. すべてあなたが決めていい
  4. お釈迦さまも悩んでいた「スピリチュアルペ...

すべてあなたが決めていい

2021.02.22 更新 ツイート

お釈迦さまも悩んでいた「スピリチュアルペイン」とは? 玉置妙憂

コロナの蔓延によって、病と死の不安に脅かされている昨今。そんな時代だからこそお薦めしたいのが、現役看護師にして僧侶でもある玉置妙憂さんの『すべてあなたが決めていい』です。医療と宗教、両方の立場から「生き方」と「逝き方」を説く著者は、「クローズアップ現代+」や「あさイチ」でも取り上げられ、反響を呼んでいます。今回は、人生の残り時間を豊かにするための考え方を説いた本作の一部を、ご紹介します。

*   *   *

死は意外とすぐそばにある

人は誰でも、生まれた瞬間から死亡率100%だということを、普段は忘れて暮らしています。元気なときは、明日が来るのは当たり前で、生きている意味を考えることはあまりないかもしれません。

(写真:iStock.com/ipopba)

しかし、東日本大震災のような災害や新型コロナウイルスのような感染症など、人間の「命の限り」を感じるような出来事がきっかけで、生死や人生についてモヤモヤとした気持ちが溢れてくるときがあります。「人の命はこんなにもあっけなく奪われるものなのか」「生きる意味とは何なのか」と思った方も多いのではないでしょうか。

 

生死について思いをめぐらすときに浮かび上がってくる、このような疑問や苦悩は、「スピリチュアルペイン」と呼ばれるものです。心の痛みや精神的な苦しみより、もっと奥深いところにある、自分の存在にかかわる潜在的な苦痛といわれています。

 

世界保健機関(WHO)では、肉体的(フィジカル)、精神的(メンタル)、社会的(ソーシャル)、動的(ダイナミック)に加え、霊的(スピリチュアル)を健康の条件とする提議をかつてしていましたが、その「スピリチュアル」という言葉には宗教的な意味はなく、「人間が持って生まれた根源的なもの」だと私は解釈しています。

お釈迦様だって悩んでいた

「私は何のために生まれてきたのだろう」

「なぜ苦しい思いをして人生を送らなければいけないのか」

(写真:iStock.com/ipopba)

もし、皆さんがこのような問いを抱くようになったら、それは普段なら閉まっていたスピリチュアルの箱のフタが開いたともいえます。

「仕事がつらい」「家族とうまくいかない」といった精神的苦痛と違うところは、スピリチュアルペインには答えも解決策もないということ。このようなスピリチュアルペインを感じると、死ぬのが急に怖くなったり、生きていくこと自体がつらくなったりすることがあります。

仏教の開祖であるお釈迦様は、スピリチュアルペインがきっかけで出家しました。

インドの王族のもとに生まれたお釈迦様は、病や貧困で苦しんでいる人々がいる世の中の悲惨な状況を一切見せられることなく育てられました。しかし、あるとき勝手に家を飛び出したお釈迦様は、生まれてはじめて死人を見たのです。

そこではじめて病気になるとは、死ぬとはどういうことかを追究しました。その衝撃によってスピリチュアルペインを感じ、苦しんで悩み抜くことで、精神性を上の次元へと高めていきました

私たちは生きている間にどこかのタイミングで、スピリチュアルペインに向き合うことになっているように思います。正解のない問いを抱えて悩み苦しむことは、他人に対する優しさや思いやりや、想像力にもつながっていくのではないでしょうか。

「わからないものをわからないままに」しておくのが苦手な私たちは、ネットで調べたり他人に聞いたり、自分自身を納得させようと躍起になります。けれど、「わからないことをわからないままに」できる度胸は、生きていく上で必要なときがあります

答えのない問いを眺め続けられる力の種は、あなたの中にすでにセットアップされているかもしれません。

関連書籍

玉置妙憂『すべてあなたが決めていい』

思い通りにならないことは自分次第。 不安や不満の答えは、あなたの中に眠っている。 夫を看取り、出家した現役看護師・僧侶が綴る 人生の残り時間を大切にするためのメッセージ 朝日新聞、クローズアップ現代+、あさイチなどメディアで大反響!        医療と宗教の立場から語る、生き方と逝き方 □悔いなく穏やかに死にたいなら、今を悔いなく穏やかに過ごそう □「決断する」という大仕事を、他人様に委ねないで □この世は全部、自分の考えた通りになっている □ひとまず今日だけでも、自分を大切にする □がんばりすぎず、他人に依存するのも自立の証 □振り返って見える風景は、すべて最良の結果 まず今日一日だけ、ありのまま、素直に生きてみる。

{ この記事をシェアする }

コメント

デスポジーデス・ポジティブプロジェクト  玉置妙憂さんによる、スピリチュアルペインのわかりやすく端的な解説。 終末期医療やグリーフケア ではお馴染みの用語ですが、人間が本来持っている根源的な悩みのひとつとして広く知られて欲しい言葉です。 https://t.co/CIRvdcF1Jf 4日前 replyretweetfavorite

幻冬舎plus  [今日の新着記事] お釈迦さまも悩んでいた「スピリチュアルペイン」とは?|すべてあなたが決めていい|玉置妙憂 https://t.co/qSXbsLO7KW 5日前 replyretweetfavorite

幻冬舎plus  >正解のない問いを抱えて悩み苦しむことは、他人に対する優しさや思いやりや、想像力にもつながっていくのではないでしょうか。 なんのために生きるのかというスピリチュアルペインにぶち当たったとき、こんな風に受け止められるといいですね[… https://t.co/m3RHjPWXca 5日前 replyretweetfavorite

林けいこ  お釈迦さまも悩んでいた「スピリチュアルペイン」とは?|すべてあなたが決めていい|玉置妙憂 - 幻冬舎plus https://t.co/zXA1eSc8yw 5日前 replyretweetfavorite

不思議ニュース  お釈迦さまも悩んでいた「スピリチュアルペイン」とは?|すべてあなたが決めていい|玉置妙憂 - https://t.co/s6KPYWdT6C / https://t.co/smbzuLosTR #オカルト #不思議… https://t.co/kDvTcn8ffq 6日前 replyretweetfavorite

すべてあなたが決めていい

コロナの蔓延によって、病と死の不安に脅かされている昨今。それは気づかぬうちに、私たちのメンタルも蝕んでいます。そんな時代だからこそお薦めしたいのが、現役看護師にして僧侶でもある玉置妙憂さんの『すべてあなたが決めていい』です。医療と宗教、両方の立場から「生き方」と「逝き方」を説いた本書は、「朝日新聞」など各紙誌や、「クローズアップ現代+」「あさイチ」といった番組でも取り上げられ、反響を呼んでいます。今回は特別に、その内容を一部、ご紹介しましょう。

バックナンバー

玉置妙憂

看護師・僧侶・スピリチュアルケア師・ケアマネージャー・看護教員。専修大学法学部卒業。夫の自然死という死にざまがあまりに美しかったことから開眼し出家。高野山真言宗にて修行を積み僧侶となる。現在は「非営利一般社団法人大慈学苑」を設立し、終末期、ひきこもり、不登校、子育て、希死念慮、自死遺族などを対象とした幅広いスピリチュアルケア活動に取り組んでいる。また、子世代が親の介護と看取りについて学ぶ「養老指南塾」や、看護師、ケアマネージャー、介護士、僧侶をはじめ、スピリチュアルケアに興味のある人が学ぶ「訪問スピリチュアルケア専門講座」を開催している。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP