1. Home
  2. 生き方
  3. 渋谷で君を待つ間に
  4. 今だから楽しみたい渋谷7スポット #アン...

渋谷で君を待つ間に

2020.09.26 更新 ツイート

番外編

今だから楽しみたい渋谷7スポット #アンダーコロナ渋谷入門 カワムラユキ

ウィズコロナ、コロナに負けるなとか、コロナというワードを目にしただけで心がゾワっとする。

コロナという言葉そのものが、脳髄奥深くに無断インストールされてしまった。

一年前はビールでしか目にすることがなかったキーワードなのに、悲しい宿命に翻弄された魔法の言葉。

 

 

音楽で、価値観で、発想で、アートで、それぞれが想像する絆で、無限大を手にしたコロナと対峙して、与えられた時間と付き合ってゆく。

正論なんて堅苦しい、律儀なニュース速報にも疲れ果てて、だんだんと慣れっこになって。

それでも世界は次から次へと、見たこともないような激動に飲み込まれてしまう。

 

昨日までの本当が、明日は嘘の塊になって、12時過ぎにお菓子を食べたグレムリンみたいに、荒れ狂う。

標的になって無数の矢で撃ち抜かれた弁慶、生き様も死に様もルールの向こう側まで持ち出せるかどうか?

 

アンダーコロナという言葉は、何だかとてもだらしないような、微かな希望への願掛けのような、交わしたくはなかった約束の言葉なのだろうけれど。

地獄と天国が共存する街、善と悪が周囲を取り巻いて、結果的にはある種の聖なる可能性に満ち溢れた不思議な不思議な街、渋谷にていま何がしたいと?

 

もうこれ以上の失望に目を向けるには、自分自身が持ち堪えられない。

本音のひとつも、弱音の断片も、爪の先に灯せばふとあたたかい。

 

今回はいつも連載で綴っている渋谷の街を舞台にした音楽エッセイではなく、「アンダーコロナ渋谷入門」と題して、私が自粛明けに訪れた渋谷のお気に入りスポットや、自分自身で日々ガウディのようにエネルギーを注ぎ続ける場所などについて、インスピレーションの赴くまま紹介させていただきます。

 

改めて今回、思ったのは、渋谷は素晴らしい街!

あらゆる人間と街が、滞在的に持つ光と闇を、濃縮還元した100%オレンジジュースみたいに表現した場所というのが、最近私が感じた感触かな。

 

この浮世を、現在を、謳歌したり、落胆を繰り返して、命果てるまで朽ちてゆきたい。

あてもないストーリーの気軽な走り書きみたいなものを、うっすらと深く。

→「入門の秋」特集の他の記事も読む

PARCO MUSEUM TOKYO

大竹彩子さんの展覧会で目に焼き付けられた色彩の力によって、どんよりとした2020年の夏の終わりは一転、人生の夏をフラッシュバックするかのごとく、同じ渋谷PARCOの8階にある「シネクイント」へと。話題の『mid90s』を観に行こうと友達や仕事仲間と待ち合わせるも、なんと平日の16時回は満席! コロナの影響で座席数を減らしているとはいえ、その人気ぶりとパワーは圧巻。

思い切って20時台のチケットを予約して、地下の「disk union」と「テクニーク」でレコードをDIGって、石川セリさんのライブアルバムや、TODH TERIのインド系ディスコのエディットなどを購入。17時の開店を待ってヴィーガン居酒屋「真さか」と「Campy!bar」を梯子して、メンタル的にも仕上がった状態で鑑賞。胸熱のままエレベーターに駆け込むと、DOMMUNEの機材特集を終えたばかりのOTAIRECORDの皆さんに遭遇。その週は「TOKYO DANCE MUSIC WEEK 2020」でしたので。

渋谷のラジオ

毎月第一月曜16時台のレギュラー番組「道玄坂爆音部」を担当中の渋谷のラジオ。

17時から「渋谷のラジオの渋谷系」にご出演中の敬愛する野宮真貴さんに、遅くなりましたが還暦のお祝いの花束を贈らせていただきました。

渋ラジはコミュニティFMのほっこり感と、渋谷という土地が持ちうる芸能的なマジックが絶妙に融合した存在、とっても不思議でカッコイイ。

or(MIYASHITA PARK)

MIYASHITA PARKの複合型エンタメ施設「or」のオープニングウィークにDJでよんで頂いたので、お邪魔。Creative Directionを手がけるアビリオ君とは、20代からの友達。そしてブッキングを担当したHOWL君、一緒にプレイしたMizuki & Leo Gabrielとも音楽を通じてHAPPYな時間を過ごせてホッとしました。スケッチブックに今思いついたことを描きこんでゆくように、祝いの場でもゆっくり音を紡げることは本当に嬉しい。店内を彩る大友昇平さんの壁画の前でピース!

代々木カリー

2014年にオープンの私が初めてプロデュースを担当したテラスレストラン。

パリでぼーっとしていたテラス席のことや、青春時代に良くお茶していた原宿オーバカナルを思い出しながら、和食材や出汁を使ったカレーを軸にお店を作れたことは、心のシルクロードというか、自分にとっては貴重な人生の分岐点でした。

社会と繋がれたかなぁ~。

しかし、そんな代々木カリーも「代々木VILLAGE」の関係で、2020年いっぱいで閉店します。

機会があったら訪れてみてくださいね。

すずめの御宿

今までの人生、もんじゃを食べたことが一度しかありませんでした。

せっかちなので舌を火傷してしまうから。。。

Zoomでご一緒したやまちゃんにご紹介いただいた道玄坂の名店。

カマンベールもんじゃは、あらゆるカルマを背負ったギルティ・プレジャーな一品。

特別な存在で居続けたいので、PinoのCMみたいにASMRもんじゃしたいなぁと、たまにはね。

渋谷花魁

今年で10周年の私がプロデュースする道玄坂のウォームアップ・バー。

落書きだらけだったシャッターに、画家のminami tagaさんが、アフターコロナの世界で皆がラッキーを手に入れられるように、手乗りふくろう(不苦労)さんを軸に新しい絵を描いてくれました。

10周年記念Tシャツを、THREE1989の上村翔平くんに着てもらって、写真家のmoeko sawadaさんにシャッターの前で撮影していただきました。

このショットは初公開!

皆でそれぞれのパーティを続けてゆきたいね。

うちのベランダから見える空

日々の気分に寄り添ってくれるサンセットタイム。

毎日同じようで、全く同じ空というものはない。

これからも自分は自分!

Myルールを大切にしながら、出来る限り周囲を思いやって、当分は渋谷で生きてゆくつもり。

 

*   *   *

→ストアでも「入門の秋」特集を展開中です!

{ この記事をシェアする }

渋谷で君を待つ間に

誰かを待つ時間、あなたはどんな風に過ごすでしょうか。
その人が来たときの第一声を考えたり、そのあとの時間に思いを馳せたり、あるいはメールチェック、SNS、携帯ゲームなど、過ごし方はさまざま。
この連載では、そんな「待つ時間」にそっと寄り添う音楽を、DJ、作詞、音楽演出など幅広い活動をしているカワムラユキさんに毎回紹介していただきます。

バックナンバー

カワムラユキ

1978年8月東京生まれ、幼少期を仙台で過ごす。
98年頃よりフリーランスのプロデューサーとして、ヨーロッパのダンス・ミュージックのプロモート、様々な企業とのコラボレーションワーク、イベント制作を担当。
2000年頃よりDJ、ライターとしての活動をスタート。
DJ活動の傍らでスペインのIBIZA島などヨーロッパ各国を周遊しながら、ダンス・ミュージックに限らず、リラックスに特化した「Chill Out(チルアウト)」空間での音楽演出など、独自の活動を探求する。

2008年からは作詞家として「NARUTO」「バクマン。」「鷹の爪」などのアニメ主題歌、NHK WORLD「domobics」(東京パフォーマンスドール+どーもくん)、水曜日のカンパネラとのコラボ作品「金曜日の花魁」、多くのアーティストにカバーされたSam Smithのグラミー賞受賞曲「Stay With Me~そばにいてほしい」などの日本語詞を担当。
2010年には渋谷道玄坂にて、ウォームアップ・バー「しぶや花魁 shibuya OIRAN」をオープン。店舗運営と連動して、自身が主宰するミュージック・ブランド「OIRAN MUSIC」を2014年に発足。コンピレーションCDのリリース、リミックス・ワークの配信、アートや音楽フェスとのコラボなど、「渋谷」をキーワードとしたコンテンツ提供を活発に行っている。

現在、渋谷区のコミュニティFM「渋谷のラジオ」第一月曜16時~、インターネット・ラジオ「block.fm」毎週金曜20時~に、レギュラー番組の選曲とナビゲーターを担当中。

Twitter: @yukikawamura821
Instagram: @yukikawamura821
Web: OIRAN MUSIC公式サイト

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP