1. Home
  2. 生き方
  3. 午前0時の恋愛相談 ~ご縁の法則
  4. 2020年下半期 かに座の運勢

午前0時の恋愛相談 ~ご縁の法則

2020.06.19 更新 ツイート

2020年下半期 かに座の運勢真木あかり

人気占い師、真木あかりさんの新刊 『2020年下半期 12星座別あなたの運勢』(6月25日発売)より、12星座別・ご縁の傾向と対策をお伝えいたします。

 

<全体運>

2020年上半期は、誰もが多かれ少なかれ、人との関わり方が変わる時期となりました。仕事では可能な業種でリモートワーク化・オンライン化が進められましたし、プライベートでも人と会ったり、話したりすることが大きく制限されました。これだけ便利になった世の中でも、顔を合わせて名前を呼んで、触れられるものならぬくもりを感じて──そうした営みというものは大きな価値を持っていたのだということに、改めて気づいた人は多いのではないでしょうか。その一方で、「実はいらなかったんじゃ……」という“用事”にお気づきになった方も多いことと思います。意味のない会議に雁首揃えて出席すること、とりあえず皆がオフィスに集って仕事をすること、数々の飲み会。そうしたものから解き放たれ、心からホッとして自分らしく過ごした人は、きっと日本中にいらっしゃるのでしょう。

2020年、かに座の年間テーマは「パートナーシップ」であり、これは下半期も継続します。対人関係のさまざまな風景のなかでも、みんなでワイワイではなく「あなたとわたし」の関係にスポットライトが当たります。出会いに恵まれますし、愛はもちろんのこと、下半期に強いスポットライトが当たる仕事での信頼関係についても、かけがえのない関係性を作り上げていくことができるでしょう。今後10年の対人関係の“ベース”を作っていく挑戦の、その後半戦がこれからスタートするのです。しかし下半期だけでなく、おそらくもっと長く付き合っていくことになるであろう「ソーシャルディスタンス」問題。「私の運はどうなっちゃうの!?」と言いたくなる人も少なくないことでしょう。

大前提として、下半期のあなたの運がなくなるとか、台無しでムダな時期となる、ということはありません。イレギュラーな流れではあることは確かです。「飲みにいきましょうよ!」「あのライブ、一緒に行きましょう!」なんてお誘いは、しばらく難しいのです。仕事つながりの出会いも最小限になるでしょうし、行き交う瞬間に視線が交錯することも──家族や同棲カップルでもなければ、時間を忘れて話し合うことも、しばらくは減ってしまうのでしょう。

ただ、メールやチャットがない時代に人々が理解し合えなかったかというと、決してそんなことはなかったはずです。愛が少なかったということはない、と歴史上の人たちが物語っています。そして、つながるべき人たちとはちゃんとつながれるのが、この下半期の運です。

理解を深められる人とは、ちゃんと深めていけます。警戒は私たちの隔たりを作りはしますが、警戒の度合いを通して価値観の一致・不一致を見たり、警戒することでの気配りや優しさに気づいたりすることもできるのが私たち人間です。「パートナーシップ? 時節柄、無理ゲーだよね」と運をちぎって捨てるようなことはなさらず、今だからできるコミュニケーション、今だから伝わってくる相手の価値観もあるのだろうと思います。──良くも、悪くも。会えないことで距離ができたり、不安や警戒の価値観が異なりすぎて疎遠になっていったりするようなご縁なら、この時期はとてもわかりやすく、はっきりとしたかたちで出てきます。もし「あ、ダメなんだな」と気づいたなら、そういうご縁だったと感謝して手放すほうがいいです。たとえあなたが我慢や無理をして今を乗り切ったとしても、それはいつかあなたを、別のかたちで苦しめることになります。離れて行く人は、追わないでおきましょうね。それはひどいことでも、冷たいことでもありません。自分を大切にすること、なのです。

一緒にいられたら安心なのに、すぐ会えたら素敵なのに。それは確かであっても、今できるコミュニケーションのなかにも喜びを見出していけたら、運はきっと良い方向へ向かっていきます。

さて、かに座の人の2020年下半期は、仕事運が最強であるという点に触れておかないわけにはいきません。詳しくは仕事運のところで書く予定ですが、「情熱と戦いの星」と呼ばれる火星が、あなたの仕事を力強く後押しすることになっているのです。

ここで追い風が吹く仕事というのは、目の前の「今日のタスク」的なものというより、遠い未来をも見越した「キャリア」です。到達したいステージはありますか。ずっと理想として、大切に抱きしめてきた望みはあるでしょうか。そうしたものに対し、自分からチャンスをつかみ取りに行くような行動に対しては、この上なく強い追い風が吹くでしょう。これまでの人生なんて関係ない。私は、運命を自分の手でつかんで変えていくんだ。もっと高みを目指すんだ。そんな思いがある人には、嬉しい時期となるでしょう。

こうした挑戦において、あなたは決してひとりではありません。下半期のテーマを「味方のいる挑戦」としたのがその理由です。あなたが本気で頑張ろうとするとき、いろいろな人とまっすぐに向き合うことになります。そんなあなたに手を貸してあげよう、なんなら一緒に頑張らせてほしいという人が、出てきそうなのです。

物語の主人公には、大抵、パートナーがいます。道行きをともにする頼もしい相棒、公私ともに支えてくれる伴侶。私がひとつ作品を挙げるとするなら、なんといっても007ですね。力を合わせて銃弾をかいくぐりヘリで脱出するとか、アストンマーチンでものものしくロンドンの街に繰り出すとか、いやもう素敵です。まあよくよく考えてみるとパートナーとしてはスリルに満ちすぎていてアレであり、私としてはもうちょっとその、裸で拷問されたり刺客を送り込まれたりしない感じの落ち着いたパートナーを希望したいところなんですけれども、やっぱりダニエル・クレイグは最高、ってハッいや話が脱線してすみません。とにかくですね、物語においては主人公がアツく何かを成し遂げんとするとき、ともに戦い主人公を理解し、ときに叱咤激励するパートナーがいます。この下半期、挑戦するあなたの近くには必ず、理解者なり協力者なり、本音で語り合えるパートナーがいるはずです。手に手を取り合ってとか、夜通し語り合ってといったわけにはいかないかもしれません。それでも、情熱を燃やすあなたは、決して孤独ではないだろうと思います。

<恋愛運>

総合運のところでも述べた通り、下半期もパートナーシップに追い風が吹き続けます。これは「幸運と拡大の星」と呼ばれる木星が恩恵をもたらしてくれているから。カップルにとっては、これ以上ないくらい印象的な時期となるでしょう。結婚や入籍など関係性を先に進めることになる人は多そうですし、お互いへの理解を深め、さらに絆を強める素敵な時間にしていけるはずです。ここ2年半ほど、パートナーシップにおいて“自分を鍛える”ような努力をなさっていた人も多いかと思いますが、この下半期はラストスパート。努力がきちんと絆に変わっていくことを、そこかしこで確認できるのではないでしょうか。

ただこの「拡大」の流れ、秋口までは少し弱まります。もちろん全員ではないのですが、ふと冷静になって関係を振り返って「あ、この人じゃないかもしれない」ということが起こる可能性があります。確信はできなくとも「この人でいいのかな」「私が求める幸せとは違うんじゃないかな」と、冷静な視線で関係性を見つめることも。その感覚は気のせいではなく、おそらくすごく大事な「ほんとう」です。とことん、自分の気持ちと向き合って答えを出すことも、幸せのうちであろうと思います。

もともと、木星という星は、単純に「付き合う」「結婚する」ということだけをもたらしはしません。一方が我慢してやっと成り立っている関係であったり、お互いに向き合うべきことをスルーし続けて惰性で続いていたりする場合は、「幸運と拡大の星」の後ろ半分、「拡大」の意味合いが強くなってきます。つまり、我慢ばかりが「拡大」して耐えられなくなってしまったり、向き合うべき問題が「拡大」してふたりを試すようなことが起こったりする、ということになります。

あなたは優しい人ですから、そうした状況に陥ってもなんとか関係を続けたいと思われるかもしれません。そうしたときは、元通りになる努力をするのではなく、我慢を減らす努力や、向き合う努力をすることが大事です。まずは話し合いや、ふたりの間の約束ごとを作ることに、相手がきちんと協力してくれるかどうか。問題をふたりのこととして考えてくれる人こそが、この時期ならではの「幸運」につながると、覚えておいていただけたらと思います。

さて、星占いという観点から見るとちょっと興味深い未来も浮かび上がってきます。というのも、年末から始まるあなたの2021年のテーマは「一歩踏み込んだつながり」。人間関係の濃さがぐっと増すなかで、会社や家族といった枠組みを超えた、人と人とのつながりを確かなものにしていく時期にあたっています。本当に深く入り込むためには、選べる関係はきちんと選ぶ必要があります。利用されるだけに終わったり、秘密を持たれたりすることなく、ただただ信頼のもとに。それでこそ人生は、自分にとって生きる意義のある物語となるのですね。パートナーシップにスポットライトが当たる2020年下半期は、そのことも織り込み済みで「誰とつながるか」を考えてみると、いいのかもしれません。

☆カップルの人

いい関係を築けているカップルにとっては、信頼関係を持ち合うことができる素敵な時期。結婚が視野に入っているふたりなら、進展に向けて舵を切っていく、信頼を高め合っていくことになるでしょう。夏の間は迷いもあるかもしれませんが、まずは自分の気持ちとしっかり向き合ってみることが大事です。自分はどうしたいのか、ということですね。「相手が変わってくれれば」「××をやめてくれれば」など、相手を変えようという発想が浮かんだときは、きちんと話し合いを。あなた側の努力だけでは不満やストレスが大きくなるばかりで、解決までの道のりは見えてきにくいでしょう。変わってくれる・くれない以前に、あなたの悲しみやフラストレーションにしっかり向き合ってくれるかどうかに、愛が表れるのです。

☆今は恋を探している途中の人

イベントなどでいろいろな人と接点を持って……とはいかないかもしれませんが、すでに知り合っている人との交流を深めたり、久々に連絡をとってみたりというのは良い選択であろうと思います。SNSでの交流や情報発信も、良い接点です。年上の情熱的な人とご縁が得やすいはずなので、ぜひ楽しみにしていらしてください。一点注意したいのが、なぜかこの下半期は無意識のうちにスペック重視になっていそうなところ。年収や勤務先、地位などが気になっている自分に気づいたら、人柄にも視線をシフトできるといいですね。

☆障害のある恋をしている人

「こういう関係も自由でいいや」などと無理に割り切ろうとすると、逆に溝ばかりが大きく感じられてしまいそう。本気で思っていないことは、自分に無理やり言い聞かそうとしないほうが関係性が安定するでしょう。連絡が途絶えてしまっているとか、都合のいい関係でしかなくなっているという場合は、追いすぎないほうがいいです。仕事に集中するなど、恋以外のことに意識を向けて、まずは自分ファーストでいましょう。

*   *   *

電子書籍版『12星座別 2020年あなたの運勢』では、月ごとの恋愛運や今がつらいという人のためのアドバイスを詳しく解説しています。お役に立てていただけますと幸いです。

<仕事運>

 6月末、「情熱と戦いの星」と呼ばれる火星が、あなたのキャリアを強く後押しし始めます。通常であればこの星の後押しは1ヵ月半程度なのですが、この下半期は特別な星回り。半年以上ずっと、かに座の人のキャリアにエールを送り続けてくれるのです。占いで「頑張りどき」というのはまさに、こういうとき。キャリアと書きましたが、今は多様な働き方をする時代です。いわゆる「バリキャリ」(死語か…?)に限らず、あなたが「こうありたい」と理想を掲げた働き方ももちろん入ります。それから、あなたが今、自分の時間と労力を割いて頑張っている社会的な役割、たとえば子育てやNPOなどの社会活動も、あなたが頑張りたいと思うならば素晴らしいパフォーマンスを発揮していくことができるでしょう。なお「なんとしても上を目指したい」「時代の覇者になりたい」といった野望を抱いている人は、今がチャンスと思って半年間、バリバリやっていきましょう。

「情熱と戦いの星」と呼ばれるだけに、火星はちょっとオラついているところもあります。ですので、受け身でいるとあれこれハードすぎて火傷してしまう、といった感覚が強くなるかもしれません。「自分らしく輝く」「自分からチャンスをつかみに行く」といったマインドセットでいれば、きっとうまく火星のパワーを使いこなしていけるでしょう。そうそう、カッとなりやすいところも加わりますので、たとえば仕事で「これだけは許せねえ!!」的なことがあったときは、キレ散らかしたりしないよう注意したいですね。あなたは優しい人です。でも敵味方を分けるところがあり、敵と思った人にはちょっと手厳しいところもあります。普段が優しいだけに、周りの人をびっくりさせないように気をつけて。まあ言うべきところは、ガツンということも大事ですけれどもね。

 総合運のところでも書きましたが、この時期のあなたには頼もしい理解者や、タッグを組むに値する協力者がいます。おひとりでも充分、力を発揮するだけのポテンシャルはあると思うのですが、そうした人と一緒であればより大きな成果を出すことも可能でしょう。信頼できる人とガッツリ組んでやっていくといいですし、この人と思った人と今からドライブをかけていくことも良いと思います。この人ならと思える人を見つけ、しっかりと信頼関係を築いていかれてください。

 なお、おそらくですが9月半ばから11月半ばにかけては、若干「勢いが落ちた」と感じるかもしれません。でも、心配しなくて大丈夫です。むしろ、落ちたと感じることのほうが大事です。それは運気の波に上手に乗っていることの証であり、この時期は「スピードや量よりも、じっくりと足元を固めながら前に進んでいくとき」だからです。つまらないと思うようなこともしっかり労力をかけ、うわすべりの知識ではなく根本から噛み砕き、人の話にじっくりと耳を傾ける。そうした時間が大事なときなのです。ゆめゆめ、焦って無闇に方向転換をしたり、「さらに努力しないといけないのか!」と自分を追い込んだり、なさらないように。ゆっくり進む時間にも、意義があります。

 11月後半からは調子を取り戻し、2021年1月7日までは一気に走り抜けていきます。12月半ば以降、ちょっと責任の重い役割を引き受けることになったり、人からのプレッシャーを感じたりすることもあるかもしれませんが、それもまたあなたの努力の結果であろうと思います。それはあなたを苦しめるためではなく、あなたに経緯や期待をこめて依頼されるものであるようです。応えることでさらなるチャンスも巡ってきますから、可能なら前向きに受けてみると、よろしいかと思います。

*   *   *

電子書籍版『12星座別 2020年あなたの運勢』では、月ごとの仕事運や今がつらいという人のためのアドバイスを詳しく解説しています。お役に立てていただけますと幸いです。

2020年下半期の運勢 星座の目次ページへ

 

*   *   *

毎月15日更新で、真木先生が読者のみなさまから頂いた恋愛相談にお答えします。

恋愛相談の応募はこちらから(Googleフォームを利用しています)。

真木先生のメッセージはこちらからお読みいただけます。

関連キーワード

関連書籍

真木あかり『2020年下半期 12星座別あなたの運勢』

物質や金銭中心の「地の時代」から、知性やコミュニケーションを重視する「風の時代」へ。2020年下半期は年末に向けて運気が大きく変動していきます。 星の動きが教えてくれる「幸せのヒント」とは?ウェブや女性誌で大注目の占い師、真木あかり先生による、2020年下半期の星占いです。 本作品では、真木あかり先生が12星座別にあなたの運命の流れを徹底解説。 さらに電子書籍版限定コンテンツが盛りだくさん!! ◆恋愛運・仕事運の月ごと(7月〜12月)の流れ ◆幸せになるために手放したいもの ◆幸せになるために手に入れたいもの ◆チャンスにつなげやすいタイミング ◆敢えて無理をしてみたい一歩 ◆グレートコンジャンクションで変わること ◆辛い思いをしているあなたへ などを12星座別にボリュームたっぷりでお知らせいたします。 スマホやPCに入れていつでも持ち歩ける、心のお守り本です。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP