1. Home
  2. 生き方
  3. あぁ、だから一人はいやなんだ。
  4. 第131回 リモート

あぁ、だから一人はいやなんだ。

2020.05.15 更新 ツイート

第131回 リモートいとうあさこ

ちょっと前までは「よく聞くようになったな」くらいだったのに、もう今では日常に溶け込んだこの言葉。リモートワーク、リモート会議、リモート飲み会。私たちの仕事でもリモート収録やリモート出演なんて言うのもどんどん増えてきた。ただ私、かなりのアナログ人間でして。こういう最先端と申しますか。未来っぽい、メカ的な事はてんで苦手。今でも日記は紙に書きたいし、本やCDも現物をちゃんと買って手にしたい。

 

私の生活の中で馴染んでいる“リモート”なんて、もう“リモートコントローラー”、つまり“リモコン”くらい。考えたらこのリモコンだって私がちっちゃい頃はなかったんですよね。ちゃんとその機械の前に行って操作をしていた。テレビなんかは“若い方はわからない”でお馴染み、“チャンネルを回す”時代の人ですから。だから初めて実家のテレビにリモコンが付いた日の感動は今でも覚えている。一番最初は無線じゃなくて有線式。しかもケーブルも短かかったから、「だったらもう手を伸ばして手動でチャンネル変えればいいのに」ってくらいテレビに近づいて操作していた。それでもなんだか凄く未来な感じがして、番組そっちのけでがむしゃらにチャンネルをガチャガチャ変えてはしゃいでおりました。でも人はちゃんと慣れるもんで。今や、と言うかとっくにですが、もうリモコンなんて当たり前。当たり前過ぎてテレビ本体のチャンネルなんて裏側にありますもんね。

それと同じで、まだ若干の抵抗みたいなものは胸の奥にありますが、このリモート三昧に慣れつつある自分がいます。ファースト“リモート”はまだテレビ収録があって、少しずつ共演者は離れて立とうか、みたいになってきた頃。「ヒルナンデス!」生放送のCM中、「飲みに行けなくなった今、一人で家飲みは寂しい」なんておしゃべりをしていたら、日テレ滝アナに「あさこさん、リモート飲みしたらどうですか?」これが初めて私の中に“リモート”と言う言葉がちゃんと入ってきた瞬間。でもやはりそこは頭固めのオババでございます。「違うよ、滝ちゃん。画面越しでもいいから誰かと飲みたいんじゃないんだよ。あたしゃ、ぬくもりが欲しいんだ!」うん、なかなか哀しい台詞。

ただそんな私に“リモート”チャンスが。滝ちゃんとのやりとりから少しして、ラジオの生放送以外の仕事がほぼなくなりまして。気づけばずいぶん人と飲んでない! 人と喋ってない! これじゃいかん! と言う事で近所の仲良し・オアシズ大久保さんと“zoom飲み会生配信”と言う、昭和女子二人組からは一生出なかったであろう企画が浮上。早速大久保さんのマネージャーさんと相談しまして。本田兄妹あやのちゃんを加えた三人で一度やってみる事になりました。

まあ何せ初めてですから、わからない事だらけ。パソコン、Wi-Fiなどの環境面・技術面はもちろん“?”が無数に飛んでいる。と言うかそもそもおばさんが自宅でただ飲む姿なんて誰か観たいのだろうか? 半信半疑のまま、準備をしていく。これだけ皆さんやってらっしゃいますからきっと簡単なのかもですが、どこでどう遠回りしたのか私は1時間近くかかってzoomをパソコンにダウンロード。で……どうするんだ? ただただ不安だったので配信開始予定時刻20時の2時間前、18時にzoom集合してもらう事に。いやはや、この最初のドキドキよ。大久保‘sマネージャーさんに送っていただいたURLをクリック。ちょっとだけ時間がかかって繋がっていく。「お、いよいよzoom会議室に入るぞ」と思った瞬間、パソコン画面いっぱいに自分の顔。え? 何これ? どうやら“この顔で参加しますけどいいですか?”みたいな確認らしい。いやぁこれはねぇ、キツい。あの“携帯のカメラを起動したらうっかりインカメラになっていて、急に自分の顔のアップを見せられた”時と同じ感情。なんかわからないけど怖い。即座にzoomを閉じた。

「いやいや、いつもと別に変わらないですよ、あさこさん。いつもそういう顔ですよ。」と心の中の自分を言い聞かせ、再度zoomへ。もう一度来た“いいですか?”確認はもう無視に近いほどすぐOKして中へ。もう繋がってしまえばこっちのもん。すると今度は大久保さんの方が中に入れず大騒ぎ。Wi-Fi環境が原因らしく、いろいろやってみましたが結局パソコンではダメで。なので今度は携帯から入ってみたものの、何故か画面が横にならず「ロック解除してますか?」「なんか表示出てます?」「再起動してみてください」と散々試したもののこれまたうまくいかず。しかも大久保さんはハモネプ的な事をやりたかったようなのですが、タイムラグでどうしても合唱系はズレてしまい無理だと言う事も発覚。だんだん心折れ始める大久保さん。「今日、辞める?」ただね、そう言われた時、気づいちゃったんですよね。あれ? 私、超楽しみだ。あんなに画面越しの飲みを拒んでいた私が、いつの間にか“みんなと一緒に飲むんだ”モードにちゃんとなっておりまして。

「大久保さん、諦めないで! やりましょう!」正直この時点ではどうなるかもわかってなかったので告知もしておらず。辞めたとて、だったんですけどね。ここで辞めたら一生やらないかも、みたいな感じもどこかにありまして。みんなで力を合わせて、なんとか配信出来る状態になったのが20時直前。結局20時半からする事に。いろいろ準備を整えてからだったので「17分後、よろしかったら」と急なTwitter告知になってしまったのにもかかわらず、たくさんの方が一緒に乾杯してくださいまして。もの凄いスピードで画面にどんどん出てくる皆様のコメントを読む能力・視力が残念ながらまだ皆無に近く、ほぼほぼスルーになってしまったのはホントに申し訳なかったですが。とにもかくにもいっぱい喋っていっぱい笑っていっぱい飲んだ、あっと言う間の楽しき時間となりました。

その2週間後、第1回の最後に出した宿題「お互いの似顔絵」発表の第2回生配信も遂行済み。一応第3回に向けて「お互いが“どういう人”かプレゼン」と言う宿題は出ておりますがまだ未定。気まぐれに急にまたこの“自宅居酒屋”やるかもなので、その時はグラス片手に是非。

【本日の乾杯】

最近はこれをよく作る。4月に「男子ごはん」でやっていた“チキンソテー”。鶏もも肉を塩こしょうを振って焼いて。焼き終わった後のフライパンにケチャップとバターを入れてソースに。作り方がシンプルで美味しいって素晴らしい。さあ、ビールで乾杯。

関連キーワード

関連書籍

いとうあさこ『あぁ、だから一人はいやなんだ。』

寂しいだか、楽しいだか、よくわからないけど、日々、一生懸命生きてます。 人気芸人の、笑って、共感して、思わず沁みるエッセイ集。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP