1. Home
  2. 暮らし術
  3. ホロスコープ歳時記
  4. 【東洋二十四節気 星占い 3月20日~】...

ホロスコープ歳時記

2020.03.20 更新 ツイート

【東洋二十四節気 星占い 3月20日~】春のお彼岸「春分」の運勢は?小池雅章(青山五行)

四季折々の暮らしに欠かせない歳時記。昔から伝わる、季節の行事にあわせた暮らし方には日々の健康や開運・幸せになる知恵がたくさんつまっています。

そしてこれはあまり知られていないことですが、歳時記のもととなる二十四節気と、星占いをつかさどるホロスコープの運行には密接な関係があるのです。

本連載では、西洋の星占いと東洋の易をくみあわせた占術「青山五行」の創始者である著者が、3月20日から始まる「春分」の時期の過ごし方について、12星座を前半・後半にわけた「東洋二十四節気星占い」でアドバイスします。

*   *   *


いよいよ本格的な春の訪れであります。

3月20日は「春分の日」、つまり昼と夜の長さがほぼ同じ時であり、西洋占星術で言うところの春分点=牡羊座0度に太陽が入る時であります。

日本では春の彼岸でありますが、彼岸とは此岸(しがん※現世)に対比される世界で、あちら側。つまり、あの世を指すものであります。

 

どうして彼岸にはお墓参りをするようになったのか?

これには諸説ありますが、日本固有の風習で、陽が真西に沈むところから西方浄土に最も近くなる日、といった考えから派生したものではないかと考えられます。

現代の日本にあっても彼岸のお墓参りは、まだまだしっかりと我々の中に根付いている風習であります。

若者も、年長者にそういうものだと言われれば、何だか訳が分からなくても反発することはしづらいので、先祖を敬うため、いや、もしかするとお願い事をするために、詣で、手を合わせることになるのでしょう。

 

さてさて、宗教っぽい話はこれくらいに留め置いて、廻りくる春の艶やかさ、妖しさ、快活さに話題を進めましょう。
東洋二十四節気で言う「春分」とは下記の期間、15日間であります。
 

初候 3月20日~24日
雀 始めて巣くう(すずめ はじめてすくう)

次候 3月25日~3月29日
桜 始めて開く(さくら はじめてさく)

末候 3月30日~4月3日
雷 乃ち声を発す(かみなり すなわちこえをはっす)
 


雀は巣作りに励み、桜はその妖艶さを増し、春雷の轟く頃となります。
つまり、陽の気が増して生殖行為が盛んとなり、ものみな艶やかになり、雷が雨を降らせて万物の生成を促して行くのです。
簡単に言えば、生きとし生けるものが、生命の繁殖に向かう時なのであります。

 

この時節の有名な句に、

「葛飾や 桃の籬(まがき)も 水田(みずた)べり」

作はもちろん、私の大好きな水原秋桜子であります。

葛飾とは、野菜の供給源であった江戸から東の場所、今の東京都葛飾区から千葉県市川市や潮来市あたりまでの水郷地帯のことであります。
春の陽気にぬるんだ水面に舟を浮かべて細い水路を廻って行く、実際の句の意味とは異なるでしょうが、自分の持っている水郷のイメージに重ね合わせると とても春めいた気持ちになれるのです。

そしてこの句から更に連想させられるのが、

「江南春」……杜牧

千里鶯啼綠映紅

水村山郭酒旗風

南朝四百八十寺

多少樓臺煙雨中

 

私の勝手な訳ですが、

新緑と花の紅が、遠くの鶯の声を運んでくる
水田べりの村には新酒ができたとの印がなびく
昔は多くの寺でにぎわったというこの場所も
今日は 春の霞の中におぼろに浮かんでいる

双方ともに共通するのは「水」と「緑」と「紅」の素晴らしい対比です。
きっと秋桜子の頭の中には「江南春」が記憶されていて、その素晴らしい解釈として、“葛飾や……” という句が生まれたのでありましょう。

良いですね~~ 彩り豊かな春の訪れ!
それぞれの春を見つけに行きましょう。
さぁ、そんなこの時期の運気は如何でしょうか?

二十四節気星占いでみる、3月20日~の運勢

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

 

青山五行の創始者 小池雅章先生に人生相談をいたしませんか?

恋愛・結婚、仕事やこれからの生き方についてなど、、ジャンルは問いません。
ホロスコープから見る運気の流れをもとに、あなたの悩みにお答えいただきます。

相談はこちらのgoogleフォームからご応募ください。

 

※二十四節気占いについて

二十四節気の区切りは、生まれ年によって若干異なる場合があります。
境目の生まれの方で、自分がどちらかわからないという方は、support@gentosha.jpへ
件名に【ホロスコープ歳時記】/メール本文に、生年月日・生まれた時間(なるべく正確に)と出生地をご記入の上、メールでお問い合わせ下さい。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

ホロスコープ歳時記

「春分」や「寒露」など、手帳やカレンダーなどでもよく目にする東洋二十四節気と、星占いをつかさどるホロスコープの運行は、まったく別のもののように思われていますが、実は同じサイクルで動いています。

西洋と東洋の占いをくみあわせた「青山五行」の創始者である著者が、星占いをさらに前半・後半にわけた「東洋二十四節気星占い」によって、季節ごとの運勢を占います。

バックナンバー

小池雅章(青山五行) 占術家 「青山五行」創始者

世界各国の占術の研究を重ね「易」「四柱推命」「西洋占星術」などを複合的に組み合わせた独自の占術「青山五行」の創始者。
全国から鑑定予約殺到。これまで23500人を幸せに導いてきた、人気占い師。
twitterでの毎日の星占いが「当たる!」と評判に。@vinokoike
公式サイトではもっと詳しい星の動きを毎日更新しています。
https://www.aoyama-gogyo.com/

 

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP