1. Home
  2. 生き方
  3. 悩みぬく意味
  4. 疲れた心がスーッと軽くなる「自分から逃げ...

悩みぬく意味

2020.03.29 更新 ツイート

疲れた心がスーッと軽くなる「自分から逃げる」という方法諸富祥彦

「悩みから逃げず、きちんと悩める人にだけ濃密な人生はやってくる」。そうおっしゃるのは、心理学者でカウンセラーの諸富祥彦先生。とはいえ、やみくもに悩めばいいわけではありません。「正しい悩み方」があるのです。著書『悩みぬく意味』は、その具体的方法を伝授してくれる本。いつも悩みがちなあなたにぜひ読んでいただきたい本書から、一部をご紹介します。

*   *   *

自分を見つめない工夫

もっとも原初的な方法は、「スプリッティング」(分離・切断)です。

(写真:iStock.com/Poike)

たとえば、「こんな私じゃ、だめ」「こんな私は、嫌い」という気持ちでいっぱいになりそうな時に、まずその気持ちを、可能な限り見ないようにするのです。

「ま、いいか」

「仕方ないか」

「できることをしていくしかない」

そんな言葉を自分の中でつぶやきながら、「自分の問題」や「自分を責めてしまう気持ち」などを(それと正面から向き合って、考えようなどとせず)、とりあえず自分から切り離して、脇に置いておく。とりあえず、自分から、切り離しておく。

そしてどんな小さなことでもいいので、「今、さしあたり、できること」をしていく。仕事でも、雑用でも、テレビでも、ネットサーフィンでもいいので、できるだけ何か単純な作業に意識を集中させておく。特にお勧めなのは、お皿を洗うとか、掃除をするとかの単純作業です。

「目の前の、やるべきこと」に意識を集中させることで、自分の中の「つらい気持ち」に意識が向かないようにして、つらい気持ちに押しつぶされそうな日々をしのぐのです。

しかし、まじめな方は、「でも、なんだかんだ言っても、やっぱり私が悪いんじゃ……?」と思ったり、「なんでもっとこうできなかったんだろう……」とまた考え始めてしまうかもしれません。

そんな時は、その「割り切れない気持ち」をまた、ちょっと自分から切り離すのです。そして、少し脇に置いておくようにしましょう。

「とりあえずは、ここに置いておこう」「しばらくは、見ないようにしよう」と、その気持ちや考えを自分から切り離し、「できるだけ、何も考えず」「とりあえず、今、できること」をやっていくようにするのです。

こう書くと、「それじゃ、自分から逃げていることにならないだろうか?」「やはり、どうしてそうなったか、自分を見つめることが必要なのでは?」と考える人もいるでしょう。

そうです。この場合は、じょうずに「自分から逃げる」ことが大切です。

「自分を過度に見つめ」たり「自分を過度に追いつめ」たりする習慣がついていることが問題なのです。その習慣をやめるためには、「逃げていい」し、むしろ、「逃げなくてはならない」──「自分から逃げる方法を学んでおく必要がある」のです。

フランクルの「脱内省」とは

これと似ているのですが、もう少し踏み込んだ方法が、フランクルが提案する「脱内省(dereflection)」です。従来は「反省除去」と訳されてきましたが、この語には、日本語の「僕、反省します!」の「反省」とは異なって、いわゆる「内省的心理療法」に対するアンチテーゼの意味も含まれているように思われますので、ここでは「脱内省」と訳します。

(写真:iStock.com/puhhha)

これは要するに、「自分」から目を逸らすように工夫すること。「自分の内側を見つめる=内省する」習慣をやめることです。そこは先と同じなのですが、フランクルの「脱内省」は一歩踏み込んで、自分の意識を「自分を待っている何か」や「誰か」に向け変えるところまで進めていきます。

フランクルは、人間の精神には「何か」や「誰か」に向かう本質があると考えます。フランクルの「脱内省」は、自分自身に過度に意識が向いている状態を、「本来の、自分以外の他のものに意識が向いている状態」に立て直そうとする方法だと言っていいでしょう。

フランクルは言います。いずれも患者さんへの具体的な助言としてなされた発言です。

「あなたの内側にある困難を見つめないでください。あなたの内側を見つめるのをやめて、あなたを待っているものに目を向けてください。大切なのは、あなたの心の中に潜んでいるものではなくて、未来であなたを待っているもの、あなたによって表現されるのを待っているものです。

とにかく、自分自身に目を向けないことです。あなたの内側で起こっていることを見つめないで、あなたに見出されるのを待っているものを探してください。

症状について話し合うのはやめましょう。不安神経症、強迫神経症、それがどんなものでも、あなたがアンナであるという事実。何かがアンナを待っているという事実を考えましょう。

自分自身について考えないでください。あなたが創造しなければならない作品、まだ生まれていない作品に目を向けてください。あなたがどんな人かは、あなたがその作品を作ることではじめてわかることなのです」

(『意味への意志』)

フランクルは一貫して、「自分の内側を見つめる」のはやめて、「あなたを待っているもの」「あなたに表現されるのを待っている何か」に意識を向けなさい、と言うのです。

関連キーワード

関連書籍

諸富祥彦『悩みぬく意味』

生きることは悩むことだ。悩みから逃げず、きちんと悩める人にだけ濃密な人生はやってくる。ただし、やみくもに悩めばいいわけではない。心が弱っている人は、自分の内面を見つめず現実をしのぐ工夫から始める。心がある程度頑丈ならば、自己を掘り下げ、悩みの正体を受け止める。苦悩する人々に寄り添い続ける心理カウンセラーが、フランクル、フォーカシング、森田療法、ミンデルらの手法をもとに濃く深く生きるための正しい悩み方を伝授する。

{ この記事をシェアする }

悩みぬく意味

「悩みから逃げず、きちんと悩める人にだけ濃密な人生はやってくる」。そうおっしゃるのは、心理学者でカウンセラーの諸富祥彦先生。とはいえ、やみくもに悩めばいいわけではありません。「正しい悩み方」があるのです。著書『悩みぬく意味』は、その具体的方法を伝授してくれる本。いつも悩みがちなあなたにぜひ読んでいただきたい本書から、一部をご紹介します。

バックナンバー

諸富祥彦

1963年福岡県生まれ。1986年筑波大学人間学類、1992年同大学院博士課程修了。英国イーストアングリア大学、米国トランスパーソナル心理学研究所客員研究員、千葉大学教育学部講師、助教授(11年)を経て、現在、明治大学文学部教授。教育学博士。 時代の精神(ニヒリズム)と「格闘する思想家・心理療法家」(心理カウンセラー)。 日本トランスパーソナル学会会長、日本カウンセリング学会理事、日本産業カウンセリング学会理事、日本生徒指導学会理事。 教師を支える会代表、現場教師の作戦参謀。 臨床心理士、上級教育カウンセラー、学会認定カウンセラーなどの資格を持つ。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP