1. Home
  2. 生き方
  3. フィンランドで暮らしてみた
  4. フィンランドでアパート探索してみたよ

フィンランドで暮らしてみた

2019.11.08 更新 ツイート

フィンランドでアパート探索してみたよ芹澤桂

白い大聖堂、サンタクロース村、オーロラ。フィンランドの見どころは数多くあれど、ガイドブックに載っている名所はもういいよ、という人には私はぜひともアパート探検をおすすめしたい。

(フィンランドだからって何から何までおしゃれとかではない)

私個人が海外旅行に行ったとき、何が一番面白いかというとその土地のスーパーやマーケット巡りなんだけれども、それは地元の人の生活ぶりがうかがえるからで、同じ視点でフィンランドのアパートメントを見てみると結構ユニークなんじゃないかと思う。

まず、一言にアパートと言っても色々あるけれど、日本でマンションと呼ばれる高層式集合住宅から言及したい。ここでは日本に合わせてマンションと呼ぶ。
高層式、と言ってもフィンランドは高い建物があまりないので、7、8階建ての上の方にでもなればだいたい辺りが見渡せる。余談だけど以前外資系ホテルチェーンが32階建ての新しいホテルをヘルシンキに建てようとして、高すぎる、と許可が下りず16階建ての建物を2つ並びにした、というエピソードがある。それぐらい高い建物がない。

そしてマンションは四角く無機質な見た目をしていることが多い。市の中心地など観光客が行く場所はまだ古き良き時代の美しい、装飾が施された100年ものの建物なんかが残っているけれど、メトロでふた駅も行けばその光景は日本のベッドタウンと変わらず、北欧デザインを期待してくるとちょっとつまらない見た目をしている。

ただし中が断然に面白い。

外見より中身が勝負

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

フィンランドで暮らしてみた

気づけばフィンランド人と結婚して、ヘルシンキに暮らしてた! しかも子どもまで産んだ!

日本人の大好きな「かわいい北欧」。でも、その実態は?

暮らしてみて初めてわかった、フィンランドのちゃっかり賢く、ざっくり楽しい、意外な一面。

ゆるゆるまったり、マイペースにご紹介。

バックナンバー

芹澤桂 小説家

1983年生まれ。日本大学芸術学部文芸学科卒業。2008年「ファディダディ・ストーカーズ」にて第2回パピルス新人賞特別賞を受賞しデビュー。ヘルシンキ在住。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP