1. Home
  2. 生き方
  3. 次元上昇日記
  4. 2019年2月5日 二回目のインド

次元上昇日記

2019.02.06 更新

2019年2月5日 二回目のインド辛酸なめ子

インド、インダス、インディスト。

 

 

そんな風に日々インド度が高くなっているような気がします。

バラナシからアラハバードにバスで向かう途中、窓から外を見ていたら、人々の暮らしが目に入ってきました。現代人は外から見えないマンションとかで暮らしているのが常ですが、インドはやっている暮らしや仕事が丸見え系です。壁や窓ガラスがないからでしょうか。まるで神が作ったレゴブロックのようでした。

理容店で散髪している人、家の前でたらいで洗濯している女性、牛や羊を放牧している人、籠を編んでいる人、魚や野菜を売っている人、畑仕事をしている人など……千年以上変わっていない生活がそこにありました。わらの上で取っ組み合ってじゃれあっている少年たちを見た時、タイムスリップしたのかと思いました。スマホを眺めている人もほとんどいなかったです。こういう素朴な生活もいいなと思う一方、私が役に立てそうな仕事が思い浮かびませんでした。

路上で魚を売っている人。生きて動いている魚もいたので鮮度は高いです。

ちなみにインド人のガイドさんたちは「生まれ変わったらヒンズー教のインドで大切にだれている牛に生まれ変わりたい」とわりと本気で言っているそうです。
生まれ変わりの時、あの世から次の生を選んで、牛の胎児に入ったら、食肉用だったりしたら……ショックですよね。

インドは二回目ですが毎回想像を超えるような体験があります。またクンブメーラに来てしまいました。三年に一度の精神世界の祭で、今年はアラハバードで開催。またヨグマタさんとパイロットババさんの聖者キャンプでお世話になりました。

前回は暴風雨や気温の高さなどいろいろなシレンや学びがありました。今回も沐浴場付近で、インド人のなだれ込みと木の冊の間にはさまって死ぬかと思いましたが聖者のパワーでなんとかなりました。おかげさまで無事に生還できそうな気配です。
 
聖者のパレードでナガサドゥーの何千人もの集団を見ることができました。
すごくテンションが高くて軽く踊ったり、棒みたいなものをかかげたり、花を投げたりしていました。
すべての所有物を捨てて到達できる自由な精神状態……。いつも荷物が多いので、その潔さに憧れます。

裸体が基本のナガサドゥーさんたちは密着度が高いです。やはり寒いのでしょうか?

長い箸がナガサドゥーの方々で埋まっていました。スマホを持っていなくて手持ち無沙汰にならないのが驚きです。

帰ったら部屋の断捨離をしなくては、…彼らの姿を思い浮かべて掃除がんばります。

 

関連キーワード

関連書籍

辛酸なめ子『次元上昇日記 ベストセレクション50』

「次元上昇」とは? それは「アセンション」のこと。 では、「アセンション」とは何か――? 辛酸なめ子さんにとっては、日々、功徳を積んで善行マイレージを貯め、それがある閾値に達すると得られる高い次元のこと。 本書は、そんな次元上昇をめざす一人の女性が、イベント、パーティ、買い物、仕事……と毎日足を運び、霊的な何かが見えたり、癒されたり、反省したり、試行錯誤する抱腹絶倒の記録です。 この世界の次元は一つじゃない――。 よりすぐりのベスト50をお楽しみください。

辛酸なめ子『次元上昇日記』

毎日のようにセレブやスピリチュアルな現場を取材し続け、どうやったら「次元上昇=アセンション」できるのかを考え続け、「小難しい本を読むより、猫を5分間撫でている方が真理に近付ける」と認識、善行というマイレージを貯めることこそが、個人の次元上昇を達成する方法だと気づく。そのおそるべき試行錯誤、抱腹絶倒の日常記録です。

辛酸なめ子『辛酸なめ子の現代社会学』

辛酸なめ子のフィールドワークは、犯人の足取りを追う老獪な刑事のごとし。正体を突き止められまいと足掻く「現代社会」を、軽やかな妄想と味わい深い漫画を駆使して追い詰めていく。モテ、純愛至上主義、スローライフ、KY、萌え……「ブーム」の名で艶やかに仮装した現代の素顔とは? 前人未到の分析でニッポンを丸裸にした圧巻の孤軍奮闘。

{ この記事をシェアする }

次元上昇日記

「次元上昇」とは? それは「アセンション」のこと。では、「アセンション」とは何か……。いろいろな意味があるので、ネットを検索してみて下さい。しかし、辛酸なめ子さんにとって、それは日々、功徳を積んで善行マイレージを貯め、それがある閾値に達すると得られる高い次元のこと。この連載は、その善行マイレージを貯め次元上昇をめざす一人の女性の抱腹絶倒、試行錯誤の記録です。

この連載が電子書籍になりました!『次元上昇日記 ベストセレクション50

バックナンバー

辛酸なめ子

東京都生まれ、埼玉育ち。漫画家、コラムニスト。巫女的な感性であらゆる事象を取材しまくる驚異のフィールドワーカーとして知られる。著書は『辛酸なめ子の現代社会学』『次元上昇日記』(幻冬舎)、『女子校育ち』(筑摩書房)、『辛酸なめ子のつぶやきデトックス』(宝島社)、『アイドル処世術』(コア新書)、『絶対霊度』(学研)など多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP