1. Home
  2. 生き方
  3. 何者でもない
  4. ラッパー・般若が初の自伝を刊行! 彼はい...

何者でもない

2018.11.28 更新 ツイート

ラッパー・般若が初の自伝を刊行! 彼はいかにして孤高の存在になったのか。『何者でもない』12月13日発売。般若


2018年12月13日(木)発売!


 2015年に始まった深夜番組「フリースタイルダンジョン」(テレビ朝日)。若者を中心に支持を受け、MCバトルブームの火付け役となったこの番組で観る者を魅了し続けるラスボス・般若。
 そんな彼が、自身の人生を赤裸々に綴った『何者でもない』が12月13日に発売になります。

 母子家庭で育ち、いじめられっ子だった少年時代。
 暴走族を結成した仲間達に囲まれながらヒップホップに夢中になった10代後半。
 人気アーティスト達のライブに乱入してでも名を売ろうとした20代前半。
 長渕剛さんに見出され、武道館ライブで前座を務めた20代中盤。
 自主レーベルを立ち上げ、孤高のラッパーと呼ばれ始めた30代前半。
 そして、テレビ番組「フリースタイルダンジョン」への出演。

 般若さんは、触れたら火傷するほどの熱さで突っ走っていました。追い風だろうが逆風だろうが繰り返してきた限界突破。「ヒップホップなんてアメリカの真似だろ?」と言われていた頃から、ラッパーとしてステージに立ち続けた男だけに、その人生も胸熱の一言です。
 なぜ、そこまで必死に走ることができたのでしょうか。疾走の先に見えた景色とは一体何なのでしょうか。2019年1月11日に日本武道館での単独ライブを控える彼が、今まで語ることのなかった人生を本書で明らかにします。
(ただいまAmazonでも予約受付中です)
 
 般若さんの曲を聞いたことがない人は、以下のPVをご覧ください!

関連書籍

般若『何者でもない 【電子書籍版限定特典あり】』

「バイトじゃねえ 俺はヒップホップに就職!」 最ッ低のMC、孤高のラッパー、ラスボス。 異名の変化は、彼が全力で走り続けた証だったーー。 内気だった少年は、いかにして「般若」になったのか。 ヒップホップ界随一の異端児・般若、入魂の自叙伝。

{ この記事をシェアする }

何者でもない

バックナンバー

般若

1978年生まれ。ラッパー。2005年、長渕剛の武道館ライブで前座を務めて話題となる。08年に自身のレーベル「昭和レコード」を設立。映画、ドラマ、企業CMにも出演するなど活動の幅を広げている。18年までに10枚のアルバムを発表。現在、テレビ番組「フリースタイルダンジョン」にラスボスとして出演中。19年1月11日に日本武道館での単独ライブを控えている。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP