1. Home
  2. 生き方
  3. あぁ、だから一人はいやなんだ。
  4. 【居場所を考える】第95回 ありがとう〔...

あぁ、だから一人はいやなんだ。

2019.06.10 更新

女友達はありがたい

【居場所を考える】第95回 ありがとう〔再掲〕いとうあさこ

幻冬舎plusフェスまであと3日!! 

仕事仲間と長い時間は過ごしていても、いわゆる友達づきあいは少なくなって……という人は少なくないのかもしれません。刺激的な仕事仲間ももちろん大事。でも、笑ったり泣いたり、自分の感情をすなおに出せる場所があると、それだけで心の支えになりますよね。みなさんはどうでしょうか?

*   *   *

ありがとう

大好きな言葉です。この「ありがとう」がタイトルの名曲。大江千里さん、SMAP、FUNKY MONKEY BABYSなどたくさんのアーティストさんが歌っていらっしゃいますが、その中の一曲、いきものがかりの「ありがとう」。先日、この曲を女芸人9人で歌ってきました。それは、杉原さんの結婚式にて。

杉原さんと言うのは「世界の果てまでイッテQ!」の『温泉同好会』のAPさん。言うなれば12人の女芸人のおっかさんです。ロケに大人数で行くことの多い温泉同好会。みんなが次々に「杉原さん、豆絞りありますか?」「杉原さん、この後のスケジュールどうなります?」「杉原さん、Wi-Fiお借りできますか?」と。あの一度に何人もの話を聞いたとされる聖徳太子のごとく、いや、それ以上の能力ですべてに答えていく。“頭の回転のよさ”“気遣い”において彼女以上の人はいない、と言っても過言ではない。

泥だらけ、汗まみれのロケも多く。でもその後の着替えやタオルの準備はもちろんの事、異国のシャワー室なんてちゃんと整ってない事も多いのですが、全部事前にチェックしてあって「ここは水の出が悪いですが、ここしかないので我慢してください」とか「ここは壁がないからタオルで隠しておきますね」とか。ちゃんと説明してくれるから安心もする。

あと時に“送り人 杉原”となる。以前森三中・大島ちゃんや私が、怖いアクティビティをする時。「行きたいんだよね。ホントは行きたいんだよね。行ってみよっか」「大丈夫。足を一歩前に出したら進むから。いつものように歩けばいいんだよ」優しい声で私たちを高い崖やビルの上から送り出してくれる。ホントに不思議なんだけど、そういう時ってパニくっているから人の声が聞こえなくなるのですが、杉原さんの声だけ聞こえてきたりするんですよね。松任谷由実さんや宇多田ヒカルさんなどが持つ“1/fゆらぎ”と言う人を癒やす特別な声のような、女芸人を癒やす特殊な“杉原ゆらぎ”があるのかもしれない。

何はともあれ私たち温泉同好会の女芸人たちは死ぬほど杉原さんにお世話になっているわけで。そんな大事な人の結婚式。披露宴で何か出し物を、と言う事になり、鬼奴とガンバレルーヤは仕事で来られなかったのですが、森三中・いとうあさこ・川村エミコ・バービー・やしろ優・おかずクラブの9人が集結。相談した結果、何か歌を歌おうと。いろいろ案は出ました。結婚式に合う歌はいっぱいありますからね。でもやっぱり私たちは杉原さんに“感謝”を伝えたい。そこで浮上したのがいきものがかりの「ありがとう」。歌詞を改めて読んでも本当にうちらの気持ちにぴったり。これでいこう、と。その時、森三中・村上が一言。「“ありがとう”のところさ、“おめでとう”に変えて歌わない?」ちょっと想像してみる。まさかのババア、泣けてきちゃいまして。「早い、早い、早い!」ですよね。

更にはせっかくだから合唱にしない? と。おばさんはすぐハモりたがります。ロケバスでも皆で合唱ごっこしたりしてましたから。では半分メロディ、半分ハモり。いとう、村上、バービー、やしろがハモり隊に。正直相当練習しました。家でも移動の車の中でも。時にスタジオに集まって。皆、大事な杉原さんに「ありがとう」って伝えたくて。

いよいよ結婚式当日。教会でのお式では、花嫁さんが出てくる前の賛美歌で泣き、花嫁さんが入ってきて泣き、出て行って泣き、フラワーシャワーで「おめでとう!」って叫びながら泣き。披露宴に移っても高砂の花嫁見て泣き、杉原さんの生まれてからの歴史VTRで泣き、知り合いの素敵な挨拶と、それを聞きながら目が真っ赤になっている杉原さん見て泣き。もう“泣き”だらけ。そりゃあ、もうおわかりでしょうが、歌の時ももちろん、泣いちゃうわけです。

女芸人9人は途中抜けだし、温泉同行会の浴衣に着替え。司会の方の「温泉同好会の皆さんです!」の呼び込みで入場。9人横一列に整列。まずは杉原さんのAPという仕事は何か、どれだけ私たちはお世話になってきたか、と言うVTRを見ていただく。この後歌うわけですから最年長、必死に唇噛んで涙こらえます。そしてVTRが終わり「本当に本当にお世話になっている杉原さんの為に歌います!」やっぱり大声出すとダメですよね。この宣言の途中で泣けてくるババア。「早い早い早い」と突っ込みながらも、泣きそうな顔をしている女芸人たち。「これはお祝いなんだから、ちゃんと杉原さんを見ながら歌うんだよ」なんて偉そうに言っていたくせに顔見ると涙が溢れてしまい、お恥ずかしながら全然見られず。ただただ上を見ながら振り絞るように歌いました。終わった後、その時の写真を見たら皆も上、向いていました。正直、上手いか下手かと言われたら決して前者ではなかったですが、杉原さんに気持ちがお届け出来ていたら、いいなぁ。

歌い終わった後、サプライズでゆいPが「おい! 旦那! ちゃんと杉原さんを守れるのか? 守れるかどうか、私と相撲で勝負だ! あたしを倒したら、認めてやるぜ!」と相撲を挑むくだりも。本当は旦那さんが嫌がるのを無理矢理ひっぱり出し、最後ゆいPがわざと負けて「おまえに任せたよ」。これがうちらの想定台本だったのですが、まさかの旦那さんノリノリ。しかも小柄な方なのにさすがは殿方。なかなかのいい取り組みを見せて、普通に勝つという。旦那さん、約束通り杉原さんを任せましたよ。

とにもかくにも涙と同じくらい笑いも溢れる素敵な結婚式でした。杉原さん、本当に本当におめでとうございます。末永くお幸せに。あ、泣いたり笑ったりで何かが壊れたのか、披露宴でいっぱい食べたのにもかかわらず、大島・村上・いとう・バービーが式場の近くのイタリアンにてパスタ3皿・ニョッキ・生ハム・チーズ・ポテトフライなどなど、「お腹いっぱい」と言いながらバカみたいに食べ倒して気持ち悪くなったのは内緒で。

【今日の乾杯】
広島に平野ノラ嬢と前乗りいたしまして。ホテル近くのお店でラクレットを。チーズの下は牡蠣・きのこ・ズッキーニ。白ワイン・赤ワイン、ガッブガブです。

 

 

 

イベント情報

幻冬舎plus presents
「人生の居場所をどう作る?
~つながりの見つけ方、孤独との付き合い方~」

出演:山口真由/カワムラユキ/松永天馬/矢吹透

日時:2019年6月13日 OPEN 18:30/START 19:30

場所:LOFT9 Shibuya
(東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 1F)

チケット:前売¥2000/当日¥2500(税込・要1オーダー500円以上)

関連キーワード

関連書籍

いとうあさこ『あぁ、だから一人はいやなんだ。』

寂しいだか、楽しいだか、よくわからないけど、日々、一生懸命生きてます。 人気芸人の、笑って、共感して、思わず沁みるエッセイ集。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP