1. Home
  2. 読書
  3. 映画『走れ!T校バスケット部』
  4. 早見あかり「私のことより、男の子たちの頑...

映画『走れ!T校バスケット部』

2018.11.10 更新 ツイート

早見あかり「私のことより、男の子たちの頑張りを観てほしい!」

 11月3日(土・祝)から絶賛公開中の映画『走れ!T校バスケット部』
 原作は累計120万部突破、松崎洋のベストセラー
『走れ!T校バスケット部』シリーズ。連戦連敗の弱小バスケ部が、最強チームとなって活躍する痛快青春小説だ。
 強豪校でいじめを受けて一度はバスケを諦めた元エース・陽一役に志尊淳、弱小T校バスケ部キャプテン・俊介役に佐野勇斗、共演に戸塚純貴、佐藤寛太、鈴木勝大、西銘駿、阿見201と若手注目俳優が勢揃いする本作。
 幻冬舎plusでは映画公開を記念して、ヒロインでT校バスケ部マネージャー・佐藤浩子役を演じた早見あかりさんのインタビューを3回にわたってお届けする。最終回は、撮影中の「T校」メンバーとの思い出、映画の見どころについて――。
(撮影:岡村大輔/インタビュー&構成:藤原将子)

*  *  *

 

──チームワークが必要な撮影だったと思いますが、現場の雰囲気はどうでしたか?

 男の子たちは、私よりも練習期間が長かったので、私が現場に入ったときにはもう「チーム感」ができあがっていたし、私も人見知りをあまりしないタイプなので、わりとすんなり輪の中に入れました。YOUさん以外だと女の子が私ひとりだったので、とくに主演の志尊(淳)くんがとても気にかけてくれて、ありがたかったですね。

 泊まりがけの撮影が多かったのですが、みんながご飯を食べにいくタイミングで「メンズチームでご飯いくけど、あかりんもどう?」みたいな感じで毎回誘ってくれたりとか。そういう細やかな心配りで私のことも上手にチームに引き入れてくれました。(志尊くんは)やっぱり主演だし、陽一だし、リーダー感というか、すごく頼りがいがありました。私がみんなに馴染めたのは、志尊くんが気にかけてくれたからだと思います。

 もう、みんな超仲よかったです。撮影が本当に楽しかった。ただ、(体力的には)大変だっただろうなとは思いますね。私はあぐらをかいて見てるだけでしたけど(笑)、みんなはもう、何回も何回もバスケシーンを撮影していたから。練習シーンもそうだし、試合のシーンはなおさら、体力的にはみんなつらかったと思うけど、それでも和気あいあいとした、本当に楽しい現場でした。純粋にみんなの練習を見ていたので、私はまさに「マネージャー」みたいな感じでした。

 

──実際に古い体育館で撮影したとか。

 廃校になった元学校の体育館を使っての撮影が多かったんですが、その中にもきれいな体育館と、本当に使われていない古い体育館、2つあったんです。古いほうはもう本当に、「ほこり!!」みたいな感じで、当然エアコンも入ってなくて、とにかく暑かったです。

 合宿のシーンはそういう汚いところで行うという設定だったので、その古い体育館で撮影して、普段の練習はきれいなほうの体育館を使わせてもらいましたが……とにかく暑さとの戦いでもありました。みんなメイクなんてしてなかったですから。汗ですぐ取れてしまうので。それでも女子チームはまあ、動いてないからだいぶよかったと思います。「なんとかしろよー!」とか叫んだりはしてましたけど(笑)。

 

──映画では、浩子をめぐって陽一(志尊淳)と俊介(佐野勇斗)が三角関係になるというような、少し恋愛的な要素も入ってきています。浩子の気持ちはどっちだと思いますか?

 どっちだろう……。でもそういう話、みんなでした気がします。「(浩子の思いは)ぶっちゃけ、どうなんだろうね?」みたいな。

 私だったらどうなんだろうなあ……。俊介もかわいいじゃないですか、すごく。いいやつだし、憎めないし(笑)。今の私の視点だから「かわいいな」と思えるのかもしれないけど……自分が同じく学生だったら、やっぱり陽一派ですかね~~(笑)。すらっとしてて、考え方も大人っぽいので。……でも俊介もかわいい、と思います。

 

 

──その他のメンバーとの思い出はありますか?

 その他メンバーは……なんかもう個性が豊かすぎて。小山先生も強烈ですね(笑)。原作読んで、「強烈だなー、この先生」と思ってたら、まさかのYOUさんが小山先生役で。「強烈!!」と思って(笑)。撮影をしていても、「あ~~思った通りのお芝居!」「最高!」っていう感じで、見てて本当に面白かったですね。

 YOUさんとは本当に、試合中のシーンとかはもうずっと一緒にいたので、ずっとふたりでおしゃべりしていました。YOUさんの、あのゆる~っとした、力んでない感じが本当に楽しかったですね。

 

──浩子役として、「ここを観てほしい」というシーンはどこですか?

「このシーン」というよりは、浩子の心情の変化を見てもらいたいかなって思いますね。最初はすごくモヤモヤしていたところが、陽一に出会うことでどんどん変わっていって……。最後に行き着くまでの浩子の心情の変化は、一言では表せないかなと思います。

 あとはもう本当に、バスケをやったことのない私が一生懸命やったシュートのシーン、そこですかね(笑)。ただ、私なんかどうでもいいくらい、今回は本当に男の子たちが頑張ってた!

 

──じゃあ、やっぱり映画全体の見どころとしては……

 もう完全に、男の子たちの頑張りです。私のことは見なくてもいいですよっていうくらい(笑)。試合のシーンももちろんそうですし、普段の練習シーンもそうだし。みんな本気で汗だくになりながらやってましたから。

 こういう撮影だと、メイクで汗をつけることもあるのですが、まったくそんな必要はなかったです。むしろ「汗が引かない!」みたいな。逆にびちゃびちゃになりすぎて、画にならない感じになっている子もいたりして。みんな、本気でした。

 

──この映画「走れ!T校バスケット部」、どんな方たちに観てほしいですか?

 やっぱり、まずは学生さんかなって思います。リアルに、今その場にいる人たちに観てほしいなと思いますね。バスケ部の子だったらとくに観てほしいです。夢は叶う……かもしれないよ、あきらめなければ。私みたいにちょっと高校時代から離れた人が観ても「懐かしいな」って思えるだろうし、大人が観たらもっと懐かしく思えるだろうし。

 陽一の家族についてのサイドストーリーもあるじゃないですか。バスケをやるだけじゃなくて、陰でお父さんが支えてくれている、といったことも描かれている。誰でも観られるし、観る人によって見方が変わるのかなって思いますね。

 お父さんの立場で観るのか、現役バスケ部員なのか、マネージャーさんなのか。そういうたくさんの方々に、ぜひ楽しんでいただけたらと思います。私も楽しみ!

 

【関連書籍】

松崎 洋『走れ!T校バスケット部』1~8巻

シリーズ累計120万部突破!

バスケの強豪校でいじめに遭い、失意のまま都立T校に編入した陽一を待っていたのは、弱小バスケ部の個性的な面々だった――。

連戦連敗の雑草集団が最強チームとなって活躍する痛快青春小説。

『「走れ!T校バスケット部」オフィシャル フォトブック』

仲間がいるから強くなれる。
連戦連敗の雑草バスケチームの成長と奇跡の日々を追いかけたフォトブック。

主演には、日本映画界でもっとも熱い視線を注がれる俳優・志尊淳。
T校の個性的な仲間たちには、2018年も出演作が相次ぐ佐野勇斗をはじめ、これからの映画界を担うブレイク必至の若手俳優陣が集結。秘蔵カット満載のオールカラー132p。オフショットも収録。

松崎洋『走れ!T校バスケット部』1~8巻

シリーズ累計120万部突破!

バスケの強豪校でいじめに遭い、失意のまま都立T校に編入した陽一を待っていたのは、弱小バスケ部の個性的な面々だった――。

連戦連敗の雑草集団が最強チームとなって活躍する痛快青春小説。

 

映画『走れ!T校バスケット部』DVD

連戦連敗の雑草チームの成長と奇跡を描いた、シリーズ累計120万部を超えるベストセラー小説が待望の映画化!
主演には、日本映画界で最も熱い視線を注がれる俳優・志尊淳。T校の個性的な仲間たちには、2018年も出演作が相次ぐ佐野勇斗をはじめ、これからの映画界を担うブレイク必至の若手俳優が集結。
笑って泣けて熱くなる、奇跡の痛快青春エンターテインメント! 

 

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP