毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

  • お知らせ
  • あらすじ
  • 商品情報
  • 動画
  • メッセージ
  • SPECIAL
お知らせ
  • 2015.03.16 書評掲載情報を更新しました。
  • 2015.03.11 本日20:00〜 NHKクローズアップ現代「震災4年 福島の避難者 それぞれの決断」に、真山仁さんが出演します。
  • 2015.03.09 書評掲載情報を公開しました。
  • 2015.02.19 イベント情報 in 盛岡を公開しました。
  • 2015.01.30 イメージビデオを公開しました。
  • 2015.01.27 イベント情報 in 東京を公開しました。
  • 2015.01.22 真山仁さんからのロング・メッセージを公開しました。
  • 2015.01.17 イベント情報 in 大阪を公開しました。
  • 2015.01.15 イベント情報を公開しました。
  • 2015.01.14 真山さんメディア出演情報を更新しました。
    ・ラジオ出演情報
    1月16~17日
    放送:NHKラジオ 番組名:「ともに迎えたい 阪神淡路大震災20年 ~みんな大切なひとり~」 時間:平成27年1月16日(金)23:20~17日(土)6:00 
    http://www.nhk.or.jp/osaka/shinsai-message/
    真山さんの出演は午前3時台と5時台の予定です。

    テレビ出演情報
    1月17日(土)
    放送:日本テレビ系列 番組名:「ウェークアップ!ぷらす」 時間:朝8時~9時25分
    http://www.ytv.co.jp/wakeup/
    阪神淡路大震災から20年の特番に出演します。

    1月17日(土)
    放送:サンテレビ 番組名:「震災20年 忘れないあの日」「報道特別番組‐記憶の再生・揺れた街から-」 時間:午後5時~午後7時 
    真山さんの出演は5~6時の予定です。
  • 2015.01.14 真山さんのメッセージ動画を公開しました。
  • 2015.01.07 書籍の発売前に1章、2章の試し読み無料サンプルをApple iBooksで配信開始!
    → iBooksで読む
    ※サンプルの読み方
    サンプルの閲覧には、お使いの端末(iOS7.0以降のiPhone・iPad)でiBooksアプリをインストールの上、上記リンク先の画面から「サンプル」をタップして閲覧ください。
TOP
あらすじ

最大の挑戦にして、最高到達点。こんな真山仁、読んだことがない。

あなたなら、その時、なにができるだろう?

3月11日、宮城県沖を震源地とする巨大地震が発生し、東北地方は壊滅的な打撃を受けた。毎朝新聞社会部記者の大嶽圭介は志願し現地取材に向かう。阪神・淡路大震災の際の〝失敗〟を克服するため、どうしても被災地に行きたかったのだ。被災地に入った大嶽を待っていたのは、ベテラン記者もが言葉を失うほどの惨状と、取材中に被災し行方不明になった新人記者の松本真希子を捜索してほしいという特命だった。過酷な取材を敢行しながら松本を捜す大嶽は、津波で亡くなった地元で尊敬を集める僧侶の素性が、13年前に放火殺人で指名手配を受けている凶悪犯だと知る・・・・・・。

現代の罪と罰を苛烈に問う心を撃ち抜く衝撃の社会派ミステリ誕生!
TOP
商品情報

書名 『雨に泣いてる』
著者 真山仁
発売日 2015/1/29
ISBN 978-4-344-02703-9
本体価格 1600円+税

TOP
動画
TOP
メッセージ

真山仁さんからのロング・メッセージを公開!

――まずは新作を待っていたファンの方々に今回の作品を紹介していただけますか?

 本作『雨に泣いてる』は、約8年ぶりの書き下ろし小説です。
 テーマは、「人はなぜ過ちを犯すのか」。
 人にはいろいろな種類の過ちがあります。犯罪という過ちだけでなく、あの時こうすれば良かったという“後悔”もその一種です。
 時にその過ちが命に関わることもありますし、多くの人の運命を変える可能性もあるでしょう。そのような過ちは、私たちが生きている中にはたくさん存在します。
 今回の作品では、一人の新聞記者――事件記者としての自負があります――を主人公に据え、舞台は東日本大震災が起きた直後の被災地です。人の営みがことごとく破壊され尽くした発災直後の被災地で、常に難しい選択を強いられながら前に進んでいかなければならない状況のなか、主人公は“悲劇”を被災者から訊き出していきます。 
< →つづき読む >

TOP
SPECIAL

『ポンツーン』2015年3月号に、タカザワケンジさんによる書評
「震災報道の現場を題材にしたタブーなき"熱い"ミステリ」が掲載されました。
→書評全文はこちら

TOP
  • お知らせ
  • あらすじ
  • 商品情報
  • 動画
  • メッセージ
  • SPECIAL
お知らせ
  • 2015.03.16 書評掲載情報を更新しました。
  • 2015.03.11 本日20:00〜 NHKクローズアップ現代「震災4年 福島の避難者 それぞれの決断」に、真山仁さんが出演します。
  • 2015.03.09 書評掲載情報を公開しました。
  • 2015.02.19 イベント情報 in 盛岡を公開しました。
  • 2015.01.30 イメージビデオを公開しました。
  • 2015.01.27 イベント情報 in 東京を公開しました。
  • 2015.01.22 真山仁さんからのロング・メッセージを公開しました。
  • 2015.01.17 イベント情報 in 大阪を公開しました。
  • 2015.01.15 イベント情報を公開しました。
  • 2015.01.14 真山さんメディア出演情報を更新しました。
    ・ラジオ出演情報
    1月16~17日
    放送:NHKラジオ 番組名:「ともに迎えたい 阪神淡路大震災20年 ~みんな大切なひとり~」 時間:平成27年1月16日(金)23:20~17日(土)6:00 
    http://www.nhk.or.jp/osaka/shinsai-message/
    真山さんの出演は午前3時台と5時台の予定です。

    テレビ出演情報
    1月17日(土)
    放送:日本テレビ系列 番組名:「ウェークアップ!ぷらす」 時間:朝8時~9時25分
    http://www.ytv.co.jp/wakeup/
    阪神淡路大震災から20年の特番に出演します。

    1月17日(土)
    放送:サンテレビ 番組名:「震災20年 忘れないあの日」「報道特別番組‐記憶の再生・揺れた街から-」 時間:午後5時~午後7時 
    真山さんの出演は5~6時の予定です。
  • 2015.01.14 真山さんのメッセージ動画を公開しました。
  • 2015.01.07 書籍の発売前に1章、2章の試し読み無料サンプルをApple iBooksで配信開始!
    → iBooksで読む
    ※サンプルの読み方
    サンプルの閲覧には、お使いの端末(iOS7.0以降のiPhone・iPad)でiBooksアプリをインストールの上、上記リンク先の画面から「サンプル」をタップして閲覧ください。
TOP
あらすじ

最大の挑戦にして、最高到達点。こんな真山仁、読んだことがない。

あなたなら、その時、なにができるだろう?

3月11日、宮城県沖を震源地とする巨大地震が発生し、東北地方は壊滅的な
打撃を受けた。毎朝新聞社会部記者の大嶽圭介は志願し現地取材に向かう。
阪神・淡路大震災の際の〝失敗〟を克服するため、どうしても被災地に行きたかったのだ。
被災地に入った大嶽を待っていたのは、ベテラン記者もが言葉を失うほどの惨状と、取材中に
被災し行方不明になった新人記者の松本真希子を捜索してほしいという特命だった。
過酷な取材を敢行しながら松本を捜す大嶽は、津波で亡くなった地元で尊敬を集める
僧侶の素性が、13年前に放火殺人で指名手配を受けている凶悪犯だと知る・・・・・・。

現代の罪と罰を苛烈に問う心を撃ち抜く衝撃の社会派ミステリ誕生!
TOP
商品情報

書名 『雨に泣いてる』
著者 真山仁
発売日 2015/1/29
ISBN 978-4-344-02703-9
本体価格 1600円+税

TOP
動画
TOP
メッセージ

真山仁さんからのロング・メッセージを公開!

――まずは新作を待っていたファンの方々に今回の作品を紹介していただけますか?

 本作『雨に泣いてる』は、約8年ぶりの書き下ろし小説です。
 テーマは、「人はなぜ過ちを犯すのか」。
 人にはいろいろな種類の過ちがあります。犯罪という過ちだけでなく、あの時こうすれば良かったという“後悔”もその一種です。
 時にその過ちが命に関わることもありますし、多くの人の運命を変える可能性もあるでしょう。そのような過ちは、私たちが生きている中にはたくさん存在します。
 今回の作品では、一人の新聞記者――事件記者としての自負があります――を主人公に据え、舞台は東日本大震災が起きた直後の被災地です。人の営みがことごとく破壊され尽くした発災直後の被災地で、常に難しい選択を強いられながら前に進んでいかなければならない状況のなか、主人公は“悲劇”を被災者から訊き出していきます。 
< →つづき読む >

TOP
SPECIAL

『パピルス』2015年4月号に、香山二三郎さんによる書評
「震災に暴かれた悲劇の謎に挑む硬派記者の矜持」が掲載されました。
→書評全文はこちら

『ポンツーン』2015年3月号に、タカザワケンジさんによる書評
「震災報道の現場を題材にしたタブーなき"熱い"ミステリ」が掲載されました。
→書評全文はこちら

TOP

 

★がついた記事は無料会員限定