この記事からさかのぼること4回にわたって、ネトウヨライフから卒業(卒ウヨ)した方のインタビュー「僕は『戦争論』を誤読したネトウヨだった」「僕はネトウヨを卒業したのに、父がネトウヨになった」「普通の会社員だった僕がネトウヨになり、習近平の“来日抗議デモ”デビューを飾るまで「卒ウヨして僕が気づいた4のこと」を載せたところ、大きな反響があった。

 とくに、前回の記事「卒ウヨして僕が気づいた4のこと」には、現役のネトウヨと思われる人々から猛抗議がやってきた。なかでも、「ネトウヨの巣窟」と言われ続けているYahoo!ニュースから配信された記事のコメント欄には、心に残るクレームが数多く残されている。いくつか紹介しながら、分析していきたい。

 

パターン1「ネトウヨは差別用語!レッテル貼るな!」

《私はネトウヨではない。私をネトウヨ認定するパヨクは日本から出て行ってほしい》

《ネトウヨ連呼の偏った記事をよく堂々と載せたもんだよなヤフージャパン!》

《そもそも「ネトウヨ」と言う言葉自体が、変な人たちが作った敵対者に対する差別用語なんだから定義なんてもんがないのに「卒ウヨ」と言うのがよくわからない》


 まず「私はネトウヨではない」というコメントを見て、ああこれまでの分析にあまりにもぴったりハマるネトウヨがやっぱりいたんだと思った。そして、自分自身を「ネトウヨ」と呼ばれることを嫌い、差別されていると感じるネトウヨは少なくないようだ。

 テレビ番組でネトウヨ分析をした時も、「公衆の電波で堂々と差別用語を使うな!」という抗議がネトウヨからやってきたので驚いた。なんで!?  略語でバカにされてる感じが伝わってくるから? それとも「ネット右翼」も差別用語なの? 「インターネット上でいわゆる『右翼的』な活動をされている方々」と丁寧に表現すれば怒らないの?

 反応を観察してみると、「差別しやがって!」と被害者意識を膨らませて怒るケースと、「一緒にするな!」と特別意識を肥大化させて怒るケースがあった。いずれにせよ世間から「ちょっとおかしなネットの人達」と指差されているという自覚はあるようだ。

 旧来の言説が浸透しづらくなった左翼が、自分たちを「リベラル」と言い換えた現象と通ずるところがあるだろう。ネット右翼の方々も、一瞬意味がわからないような、響きのカッコいい英語の新語表現が見つかれば、率先して言い換えはじめるのではないかと思う。

 

パターン2 「反日の中国ガー、韓国ガー、朝鮮人ガー」

《中国や韓国以外は日本を責めない理由は何でしょうね》

 中国や韓国以外は日本を責めていないの? 戦争に関する話なら、ベトナムからは米軍基地のある沖縄が「悪魔の島」と呼ばれて責められた(琉球新報 2015.7.31)。安倍首相になってからも、「イスラム国」から「日本政府へ。おまえたちは悪魔の有志国連合の愚かな同盟国と同じだ」と声明文が出された(産経新聞 2015.1.20)じゃないか。「あれはISであって国じゃないやい!」と言うかもしれないが。

 さらに、高市早苗や稲田朋美などの閣僚たちが、日本のネオナチと言われる活動家と2ショット写真におさまっていた件については、フランスAFP通信が第一報を報じ、イギリス・ガーディアン紙、タイムズ紙、豪州、香港、台湾など世界中から批判されまくっている。

AFPからものすごい疑いの眼差しを向けられる高市早苗先生(AFPツイッターより 2014年9月8日)

 

Guardianから責められる高市早苗先生と稲田朋美先生(The Guardian 2014年9月9日の記事)

 

《書いた人は反日帰化人?通名偽名でなく 元の国籍の本名で正々堂々と反日活動するべき ネトウヨ、 反日外国人が作った言葉 戦後、密入国してきた朝鮮人の犯罪、強姦、強盗、背のり、 歴史の真実を書かないとダメ 外国人に対する生活保護も廃止 日本人が払った税金を外国人に使うな》

 記事を見ただけで「これは日本人ではない」と認定するのも、また超古典的な反応だ。ものすごい視野の狭さと極端さ、そして直情的な決めつけ。ほかに思考の選択肢がない、国語力とボキャブラリーの乏しさ。そして、句読点のなさ。


《そもそも日本人はネットをネトとは絶対に言わない。この言葉は促音が発音できない外国人が作ったに違いない。外国人が日本人に成りすまして世論を誘導しようとしている》

 なんですか、この一周まわって斬新な思考回路は。「日本人はネットをネトとは絶対に言わない」というのが外国人認定の理由となるなら、「おk」だの「うp」だの「ワロタ」だの「ggrks」だの、ネット上には、あまりに怪しく崩れた言葉があふれているじゃないか。ネットスラングを使う人々は全員外国人なのか!?

 

パターン3「大手マスコミのネット叩きだ!陰謀だ!」

《こういうのプロパガンダ記事っていうのかな》

《最近マスコミによるネット否定に拍車がかかってる。何かを企んでるに違いない》

《こういうレッテル貼るのは朝日新聞系の定番。感情的で、ダブルスタンダード。もう情報独占できないし、終わってますよ》

 陰謀論的コメントのなかで一番多かったのは、記事に登場していただいた男性が感染していた「反マスゴミ」「朝日新聞ガ!」だった。朝日新聞じゃなくて『幻冬舎plus』って書いてあるのに。思わず不安になって、いまさら幻冬舎の主要株主を調べてしまった。当然ながら、朝日系列ではなかった。


《ネットの威力に恐れをなしたオールドメディアが、このわけのわからないライターを使って真っ当な世論を真っ当じゃない様に見せかけようと必死に愚策を仕掛けてきているのがわかります》

《インターネットやSNSがフェイクニュース・偏向報道やり放題なマスコミの抑制機関になりつつあるのが許せなくて怖くてビビってチビって、ネトウヨなんて言葉を作って自己防衛しようと足掻いてる》

 だから、そもそもこれは『幻冬舎plus』配信のネット記事だっつーの!

 ネトウヨはネットばかり見ているので、マスコミよりもネットの世界のほうがはるかに力を持っていると思っており、ネトウヨ批判の記事は、そのマスコミからの報復や偏向報道であると考えるようだ。

 ちなみにこの連載『オオカミ少女に気をつけろ!』は、マスコミから依頼されてネトウヨ取材をしているのではなくて、自分でネトウヨ取材をしたから、自分のネット連載枠で原稿化しただけのものだ。ネットにのめり込んでいると現実の感覚がわからなくなるのかもしれないが、普通に仕事していて、そう簡単に壮大な陰謀なんかとは出くわさない。

 

パターン4「ネトウヨを卒業したらみんな左翼!」

《卒ウヨ → 極左 ってのが理解できない。。。》

《卒ウヨして左翼に転身とかギャグかな?》

《ネトウヨからパヨクへの転向だからな。単に本人に常識、ポリシーが無いだけなんだが。》

 この手のコメントは本当に大量にあった。ネトウヨの定義に、ひとつ付け加えたい。ネトウヨとは――「ネトウヨ以外はすべて非武装護憲派のお花畑サヨクだと思っている」。

 

パターン5「こんなやつ実在するのか?」

《一読して架空の人物を仕立てているな、と思った。しかし、一面ネトウヨの特徴を実によく洞察していることも確か》

《実在する方なのでしょうか? だとしたら余程洗脳に弱い方なのでしょう。プロパガンダの創作記事だとは思いますが、いくらこんな記事書いてもマスコミの不信はもう取り返しつかないと思います》

 特徴を実によく洞察している→まったく自分に当てはまる→イヤーッ!否定したい! となれば、ちゃぶ台をひっくり返して「そもそも実在するのか?」と記事そのものをなんの根拠もなく否定するしかないというネトウヨ的リアリズムの真骨頂。大きな陰謀論から小さな陰謀論が飛び出す、陰謀マトリョーシカ状態である。

 そして最後に……。

 

番外篇:読まずに怒るか、壊滅的に読解力がないパターン

《タイトルに「僕」って書いてるけど、こいつは女だ》

 義務教育を受けていれば、元ネトウヨの男性をインタビューした記事だとわかるはずだから、きっと普段からツイッターなどで記事を読まずに見出しだけを見て、脳を介さず脊髄反射を起こす癖がついた人なんだろう。こういう原始的な回路にはまると、自分が損をすると思う。日常生活の隅々で超高速なそそっかしさを発揮し、チャンスというチャンスを逃しまくっていそうだ。そして、仮にもし記事を読んだ上でのコメントなら、国語力壊滅の人である。

 元ネトウヨだった人々を取材し、実際に届いたネトウヨからのコメントを読んでみて、「ああ、やっぱり分析は正しかった」とつくづく思った。ネトウヨを支えている陰謀論は、「表沙汰になっていないだけで、実は……」と前置きしただけのフェイクだから、そもそも議論を成立させることはできない。議論したくない人には打ってつけの武器だが、信じる人と信じない人を分断させるだけで、民主主義の崩壊につながっていく。

 今月6日未明に発生した北海道地震では、苫東厚真火力発電所が停止してブラックアウトが起きたが、案の定“原発維持というリアリズム”を炸裂させたネトウヨたちが騒いでいる。

《泊原発が稼動していて、火力発電所への一極集中がなければ、こうはならなかった》

《最大の原因は民主党政権と反原発派だ!》

 大地震の直後、余震も予断を許さない段階だ。まずは「原発、大丈夫?」と心配になるのが普通の人の感覚だと思う。しかも、泊原発は今回の地震で外部電源を喪失し、非常用電源に切り替えたと報じられたし、泊原発が仮に動いていたとしても送電網破綻の影響による緊急停止は免れず、今回のブラックアウトは防げなかった(ハーバービジネスオンライン 2018.9.10)というではないか。

「もし原発が稼働していて、原子炉内に核燃料があったら?」

「もし原発に震度7もの揺れが襲い掛かったら?」

 そんなことを想像すると具合が悪くなるので、考えるのはやめて、事実も調べずに「原発維持しかないのダー!」とだけ騒ぐのが、“ネトウヨ式リアリズム”ということなのだろう。

 やせ細った貧しい感受性……。タコツボ化とはよく言われてきたが、それじゃ広すぎる。ネトウヨたちは、もはや石灰化した小さな固着生物・フジツボと化し、民主主義を否定する、最も不自由な人々なのかもしれない。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定