「中国・韓国は敵だ! 憎き奴らは反日マスゴミ・朝日新聞とともに日本を貶めている!」 ネトウヨ的陰謀観に染まって右バネが暴発、むき出しの愛国ブログを綴り、習近平の来日抗議デモに繰り出すまでに至った普通の会社員・森本健太郎さん(32歳・仮名)<前回の記事はこちら>。 身近な女性から「森本さんのブログって全部マスコミが悪いんですね」とイタいところを突かれて客観性を取り戻し、無事ネトウヨ卒業と相成ったが、熱が冷めて目の当たりにしたのは同じくネトウヨ化していた父親の姿だった。
 

ネトウヨの言う「リアリズム」は、ただの現状肯定だった

「実は、井沢元彦氏の本を父の誕生日に以前贈っていたんです。それで父がネトウヨ感染してしまいまして……」

 父親は多少進む道が異なり、竹田恒泰氏にハマって愛読していたようだ。森本さんがネトウヨを卒業したあとも、最初のうちは親子でそれほど大きな意見の相違はなかった。ところが、ある時を境に完全に道が別れたという。

「脱原発です。父は、小林よしのり氏が脱原発に踏み切ったことを、『日本はエネルギーを輸入に頼っているのに、リアリズムのない、理想論だけの奴だ』と酷評したんです。これはネトウヨの特徴なんですが、彼らは自分たちこそがリアリズムで考えていると思い込んでいるんですよ。でも実際には、単に現状肯定することを『リアリズム』と称していて、脱原発のように本来やらなければならないけど難しそうなことや、都合の悪い現実を『なんだその理想論は!』と切り捨てるだけなんですけどね」

 今年7月の西日本豪雨災害においては、安倍首相ほか自民党議員らが、気象庁から連絡がありながらも宴会を楽しみ、事態の把握と初動が遅れたとして批判されたが、ネトウヨ達は「あの時点では、まだ被害状況も想定できなかったのに、なぜそんなことまで安倍さんが批判されなければならないのか」「死んだ人間は自己責任だ」などとあまりに無理筋な暴論を『リアリズム』でがなり立てた。

豪雨のさなかの飲み会写真を見せつけられても『リアリズム』で擁護できるネトウヨ達って……。(写真/西村康稔官房副長官のツイッターより)

「ネトウヨというのは、日米の関係に関しても『日本とアメリカは同盟国なのだから対等である』というのをリアリズムにしていて、米軍に守ってもらっているとは思っていないんですよ。もちろん、それ以上のことは考えようとしませんしね」

 自分の信じていたい空想を『リアル』だと思い込み、居丈高に主張する無責任なネトウヨの頭の中。森本さんは、自主独立としての改憲を考える上で、この日米関係の矛盾にもっとも強い違和感を感じ、足を洗うきっかけにつながったという。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定