13歳で小林よしのり著『戦争論』に衝撃を受けるも、まったくの世間知らず状態のまま“誤読”してしまい、「昔の日本人スゴイ」→「日本人であるだけでスゴイ」→「だから僕はスゴイんだ!」という三段論法の“開眼モード”にはまり込んでネトウヨ化してしまったという内田大輔さん(仮名・31歳)。<前回インタビューはこちら>
 思春期を周囲の友人・大人たちに“真実の歴史を布教する”活動に捧げたが、イラク戦争、福島第一原発事故における保守派の言説に違和感を覚える。また、憧れから自衛隊に入隊するも過酷な訓練に耐えられず挫折。自身の言動を冷静に捉えなおすようになり、ネトウヨ活動は終了した。
 ところが、今度は家庭内でとんでもないことが――

 ***

「実は、父がこの数年で急激にネトウヨ化してしまいまして。スーパーに勤めていて、まもなく定年を迎える年齢なんですが……原因はネットだと思います。昔は転勤族で、早朝から深夜まで忙しく働いていたのですが、年齢とともに地位と時間の余裕ができたんです。そこにインターネットの進化があって、頻繁にネットを見るようになったようで。気が付いたら『ネットで真実に目覚めた!』という状態になっていました」

自身のネトウヨ活動が終了したと思ったら、今度は父親が独自ルートでネトウヨ化してしていたという内田さん(仮名・31歳)

 少年時代の内田さんは、父親から「中国、韓国がどうのなんて言って回るのはやめなさい」とたびたびたしなめられていたが、今では完全に立場が逆転してしまったという。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定