森本健太郎さん(仮名)は、IT会社に勤める32歳。東京都内で10年ほど働いたのち、結婚し、現在は妻と共に生まれ故郷である佐賀県で暮らしている。
 6月に掲載した「僕は『戦争論』を誤読したネトウヨだった」の内田大輔さんから、「僕よりもっとガチな感じのネトウヨ卒業者の方がいらっしゃいます」とご紹介いただき連絡をとったところ、気さくに取材に応じて下さった。
「はい、僕はちょっとガチな感じでした。2009年の習近平来日時は、抗議デモに駆け付けて、日の丸振ってましたから……」

普通の会社員が、シュプレヒコールを上げるようになったワケとは…(写真/森本さん提供)

 

“暇な時間”ができたとき、昔1冊だけ読んだ井沢元彦をなぜか思い出す

 森本さんは、なぜネトウヨ活動に高じていったのか。その出発点は一冊の本だった。

「高校時代は、本なんか全く読まない人間だったんですよ。ところが同級生が、ゲームの会社に就職したいんだと言って本を読み出して、オカルトチックなジャンルにハマりはじめたんです。その中に、井沢元彦の『言霊(ことだま)』という本がありました。買い間違えたんだけど、面白いから読んでみたらと渡されたんですよ」

 井沢元彦『言霊 ――なぜ日本に本当の自由がないのか』は、言葉に出したことは現実になる、縁起の悪い言葉を避け、良い言葉を使っていれば、実際の結果が連なってくるものだという古来の言霊思想を取り上げ、その言霊思想に呪縛されることによって生じているとされる日本のいびつな社会現象や政治状況について言及した本だ。

「この本の中に、戦争をやりたくないからと言って、『九条、九条』と言霊のように唱えていれば戦争がなくなる、という考え方はおかしいということが書いてあったんです。要は護憲主義じゃだめだという主張なんですが、なるほど、これはちょっと面白いなと納得するところがあって記憶に残りました」

 その後、高校を卒業し、IT会社に就職。新生活ではたくさんの仕事を覚えなければならず、本離れしていたが、徐々に時間に余裕が生まれはじめる。

「エラーが起きた時に対応するという業種でしたから、仕事に慣れてしまうと、暇な時間がすごく増えたんです。会社の先輩たちは、みんな本を読んでいました。読みたいなら勝手に読んでいいよと言われて、最初は先輩たちが置いていったミステリーの本を読んでいたんですけれど、とにかく暇で、もうちょっと面白いものを読みたいと思うようになって。

 でも、もともと読書の習慣がありませんから、どんな本を買えばいいのかがわからない。そこで、『そう言えば井沢元彦の本があったな』と思い出したんです。本来、働いて金をもらうべき時間帯に娯楽本を読むのは気が引けるという感覚もありましたし、そうだ、井沢元彦なら真面目でいいじゃないか、と」

 先輩のミステリー本か、井沢元彦か。この時は読書の選択肢が二択しかなかった森本さん。だが、ここから猛然と本を読むようになる。

先にSNSにハマっていたが読書にも目覚めた

「最初は井沢元彦の本だけを読み漁って、友人にも勧めたりしていました。その影響もあって、友人とは一緒に靖国神社へ参拝にも行ったんです。ところが、その友人が、ある時『井沢って上から目線でムカつくから、俺、嫌い』って言い出して。で、山本七平がいいと言うので、『空気の研究』という本を買ってみました。

 そしたら、これが難しかったんです。それまで読んでいた本に比べたら、レベルが格段に高い。それで真剣に勉強しはじめて……初めて、いろんな本を読むということを覚えました。書店へ行って、世の中にはこんなにも本があるんだって、やっと気が付いたんですよ(笑)」

 笑いを交えながら、終始なごやかに楽しく話してくれる森本さんだが、一貫して感じるのは、強い知的好奇心と、まっすぐな生真面目さだ。

森本さんにはSkypeでお話をうかがった。赤く熱いTシャツも印象的

 2005年ごろSNSをはじめた森本さんは、読了した本のデータベースを作りはじめる。リスト全体を眺めながらその一部を教えてくれたが、整理番号を聞くだけでも相当大量に読み込んでいることが窺えた。

「この読了リストでは、Bの6番から37番までが井沢元彦ですね。ほかに、櫻井よしこ、石原慎太郎、大原康夫、呉善花、辛淑玉。金文学なんてのもありますね。黄文雄、藤岡信勝、前野徹、小堀桂一朗、小室直樹。山野車輪の『マンガ嫌韓流』。麻生太郎『とてつもない日本』も読んでいます。新渡戸稲造『武士道』。あ、八木秀次って人の本も……。

 基本の位置が右寄りなんですけど、そこから気になった本は読んでみるという感じで、イマヌエル・カント、マックス・ウェーバー、佐藤優なんかも読みました。

 冊数として一番多いのは、山本七平と小林よしのりです。『戦争論』は2005年頃に読んでいますね。それから、はじまりは井沢元彦でしたけど、古代史に興味を持ったりして幅が広がりました」

 現在も本を読み続けている森本さんは、リストを眺めながら、「読書をしていなかったら、いまでも絶対ネトウヨのままだった」とつぶやいた。

ネットの御用達は2ちゃんねるの「ニュー速」と「ニュー速VIP」

 ネトウヨ時代の森本さんが、読書と同時にハマっていたのはネットの世界だった。

 子供の頃からパソコンに慣れ親しんでおり、高校もコンピュータ系。社会人になって一人暮らしをするようになり、自分だけのパソコンを持ったことでネットの世界に入り浸るようになっていく。

「まずは2ちゃんねるですよね。基本は、『ニュー速』とか『ニュー速VIP』。ネトウヨの巣窟になっていた板ですが、悪ふざけのネタばかりが投稿されていて、みんなでアホみたいに楽しんでいるところです。面白けりゃいい、みたいな。

 僕が入り浸っていたのは2005年頃で、イラク戦争後でした。イラクでアルカイダによって殺害されてしまった香田証生さんの動画も2ちゃんねるで見ました。ああいった刺激的なものが出回って、2ちゃんねるそのものの知名度も高まっていた時期だったと思います」

 また、2ちゃんねると同時期にハマりはじめていたのが、ネットゲームとSNSミクシィだった。

「ネットゲームとミクシィで、自分のブログを書いて公開できるようになったんですよ。そこに、ネトウヨみたいな文章を日々熱心に書いてはアップするようになっていきました」

 

 2010年の参院選に当たって森本さんが書いたブログの一部(提供していただいたテキストから再現)。

 2010年7月に投稿されているブログのタイトルは「鬼畜米英!!!」。

 5600字を超えるこの大作は、来たる参院選に合わせて、「旧態依然としたテレビ」を信じる日本人に警告を発することからはじまり、民主制とはなにか、高齢者優遇社会への疑問、マスメディア批判、経済問題、自殺問題など、多岐に渡って硬派な持論を展開。

 国防については、白村江の戦い、元寇(蒙古襲来)、豊臣政権の朝鮮出兵にまでさかのぼって言及しながら「江戸時代以前、日本の対外戦争は3回だが、中国韓国は900回以上。なぜこうも差ができたのか」という比較から日本の地理的要因を解説。軍人のプライド、領土問題、中国、韓国、北朝鮮、ロシアとの関係などについて、怒りに満ちた過激な煽り文句とともに語る。

「かなり気合を入れて書いていました。でも、豊臣政権の朝鮮出兵なんてのは完全に井沢元彦の受け売りですけどね(苦笑)。

 当時は民主党政権でしたが、そんなもの支持してたらダメだ、甘い、たるんでると思っていました。かと言って自民党を支持する気もなく、ネットの中のお友達と話しながら、右翼団体みたいな人が立候補していた維新政党・新風を見て『お、振り切ってていいぞ!』なんて思って投票した記憶があります」

 1995年に設立された維新政党・新風は、愛国教育、歴史的仮名遣いの普及、体罰の復権、不敬罪の復活、同性愛の禁止などを掲げており、2000年代後半ごろは、在特会員らが入党するなど、排外主義的な極右団体と積極的に交流していた。選挙演説において「レイシストをしばき隊」と衝突したこともあった。

「ネトウヨ時代は、とにかく『反マスゴミ』のメディア批判と『嫌韓』でしたしね。

 順序的には、まず2002年の日韓ワールドカップから嫌韓感情が高まって、そこに慰安婦問題ですね。そして、韓国と同じく中国に敵対心が出て来る。で、奴らにおもねる左翼的マスゴミ、つまり、反日朝日新聞の裏には中国・韓国がいるんだ! という。当時はピュアでしたから、そんなネトウヨ的陰謀論をただ素直に信じていました」

 

反マスゴミ、嫌韓が高じ、ついに抗議デモデビュー!!

 2009年11月、ネトウヨ活動に日々邁進していた森本さんが、ついに義憤に駆られて街頭へ飛び出していく事件が起きた。

 鳩山由紀夫政権下において、習近平・国家副主席(当時)が訪日に際して天皇との会見を希望。しかし、天皇との会見には1か月前までに申請する慣例、いわゆる「30日ルール」があり、この範囲外だったため、宮内庁が拒否。すると、小沢一郎民主党幹事長(当時)が強引にこの慣例を破って会見を実現させてしまったのだ。宮内庁は異例の抗議を表明し、小沢一郎は「天皇の政治的利用」として大批判を浴びた。

「これには憤慨しました。天皇陛下のご予定調整のルールを無視して、憎き中国の、まだ共産党のトップでもない、次期トップと言われていただけの習近平を、日本に連れてきて天皇陛下に会わせる。日本としての屈辱的行為ですよね。

 天皇陛下が利用されたということと共に、嫌中感情がバリバリありましたから、ダブルでカチンと来たんですよ。ネットで抗議デモの告知を見て、『これは行かねばならん!』と」

 森本さんが駆け付けたのは、「日本文化チャンネル桜」系の市民団体によって呼びかけられた緊急抗議デモだった。集合場所の東京駅八重洲口には、日の丸を掲げた人々が大量に集まり、「日中国交断絶!」「ウイグル虐殺の指揮者習近平の天皇陛下会見強行反対!」「小沢・鳩山・民主党は中国共産党に日本を売るな!」「日本解体阻止!」などの横断幕、プラカードが踊っていた。

 森本さんも、その場で日の丸を渡され、一緒になって掲げた。東京駅から歩いて皇居まで進むと、全員で皇居の周りを取り囲み、街宣車からの掛け声に合わせて「習近平は帰れー!」などシュプレヒコールを復唱したという。警察も出動し、一部では衝突もあった。

 

ネトウヨたる者、「詳しく考えたら負け」

 しかし、「日中国交断絶」とまで煽る過激なデモには、どこまでのシンパシーがあったのだろうか。森本さんは当時を振り返る。

「とにかく中国は、『敵』だったんですよ。日本に攻めてくるぞ、というのもありましたし、反日マスゴミという土台もありました。マスゴミの背景にいるのは韓国であり、中国でしたからね。中国が反日マスゴミとともに日本を貶める行為をしているのだ、と。だから『敵』なんです。

 そして、ネトウヨにとっては、とにかく敵だと言われたら敵なんですよ。それ以上、詳しく考えたら負けなんです。だって、ただピュアに信じてるだけであって、理屈は何もないんですもん。

 突き詰めて詳しく考えていくと、いろいろ矛盾点が見えて、やっぱり自分が信じているものに疑問が出てきてしまうんです」

 信じるに足るものではなく、自分が信じたいものをひたすら信じている状態。なんだか変だなと感じるけれど、是が非でも信じなければ、まともに考えるなんてことをしてしまったら、自己否定をしなければならなくなってしまう。それはイヤ。

 “目覚めた自分”から、少しずつ目を醒ますにつれて、森本さんの心のなかには疑問が溜まっていった。そして、ある日、一気に欺瞞を崩壊させられる一言が……。

「僕の書いていたネトウヨブログを、身近な女性が読んでいて、『森本さんがいつも書いてるブログって、全部マスコミが悪いんですね』って、ボソッと言われたんですよ。これが、ボソッとだけど、かなりグサッときてしまって。

 そこから急に熱が冷めるといいますか、たしかにマスゴミ陰謀論にはちょっと無理があるよな、うわあ、俺、なにやってたんだろう! って(苦笑)。

 やっぱり身近な人からの図星というか、本質を突いた一言って、相当響くんですよね」

 身近な女性にイタいところを突かれて冷静さを取り戻した森本さん。しかし今度はネトウヨの「家族感染」に見舞われて――。

 一足早く卒業した森本さんが分析する「ネトウヨのリアリズム」、そして「遅れてきたネトウヨ」、「嫌韓こじらせた現代のネトウヨ」の特徴とは?

 

※気になる続きは、8月26日公開予定です!!

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定