1. Home
  2. 生き方
  3. 愛と子宮に花束を――夜のオネエサンの母娘論
  4. 映画『身体を売ったらサヨウナラ』公開。鈴...

愛と子宮に花束を――夜のオネエサンの母娘論

2017.06.30 更新 ツイート

映画『身体を売ったらサヨウナラ』公開。鈴木涼美さん舞台挨拶決定!鈴木涼美

鈴木涼美さんの初エッセイ『身体を売ったらサヨウナラ~夜のオネエサンの愛と幸福論』が映画化、7月1日より劇場公開されます(映画『身体を売ったらサヨウナラ』公式サイト)。

監督は『下衆の愛』『グレイトフル・デッド』で国内外の注目を集める内田英治さん、主演は2013年に公開され大ヒットとなった『恋の渦』(大根仁監督)の柴田千紘さん。

【予告編】
 

【劇場情報】
K's cinema(東京都新宿区):7月1日(土)~ 7月14日(金)19:00 ~
シネ・リーブル梅田(大阪市北区):7月8日(土)~ 7月14日(金)レイトショー上映

公開初日の7月1日、K's cinemaでは、鈴木涼美さんが舞台挨拶に登壇します!
(19:00~ 映画上映前)

映画版も、原作以上に衝撃の仕上がりです。
ぜひ本×映画、衝撃作を2乗でお楽しみください。

 

鈴木涼美『愛と子宮に花束を-夜のオネエサンの母娘論』

愛しているがゆえに疎ましい。 母と娘の関係は、いつの時代もこじれ気味なもの。 ましてや、キャバクラや風俗、AV嬢など、 「夜のオネエサン」とその母の関係は、 こじれ加減に磨きがかかります。 「東大大学院修了、元日経新聞記者、キャバ嬢・AV経験あり」 そんな著者の母は、「私はあなたが詐欺で捕まってもテロで捕まっても 全力で味方するけど、AV女優になったら味方はできない」と、 娘を決して許さないまま愛し続けて、息を引き取りました。 そんな母を看病し、最期を看取る日々のなかで綴られた 自身の親子関係や、夜のオネエサンたちの家族模様。 エッジが立っててキュートでエッチで切ない 娘も息子もお母さんもお父さんも必読のエッセイ26編です。

『身体を売ったらサヨウナラ―夜のオネエサンの愛と幸福論』

まっとうな彼氏がいて、ちゃんとした仕事があり、昼の世界の私は間違いなく幸せ。でも、それだけじゃ退屈で、おカネをもらって愛され、おカネを払って愛する、夜の世界へ出ていかずにはいられない―「十分満たされているのに、全然満たされていない」引き裂かれた欲望を抱え、「キラキラ」を探して生きる現代の女子たちを、鮮やかに描く。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

愛と子宮に花束を――夜のオネエサンの母娘論

バックナンバー

鈴木涼美

1983年東京都生まれ。蟹座。2009年、東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。著書『AV女優の社会学』(青土社/13年6月刊)は、小熊英二さん&北田暁大さん強力推薦、「紀伊國屋じんぶん大賞2013 読者とえらぶ人文書ベスト30」にもランクインし話題に。夜のおねえさんから転じて昼のおねえさんになるも、いまいちうまくいってはいない。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP