1. Home
  2. 生き方
  3. 幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと
  4. 幸せに生きた人は幸せに死んでいく。だから...

幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと

2015.05.23 更新 ツイート

第3回

幸せに生きた人は幸せに死んでいく。だから…中山祐次郎

 AKB48のメンバーなど著名人と直接交流できるスマートフォンのアプリ「755」をご存じですか。「755」で、一般ユーザーでありながら、著名人顔負けの人気者となった「藪医師(やぶいし)」。34歳独身、大腸がん手術が専門の現役外科医です。
その藪医師こと中山祐次郎さんが、初めての著書『幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと~若き外科医が見つめた「いのち」の現場三百六十五日』を刊行しました。
 連日の手術、術前術後のケア、後輩の指導、論文執筆や学会発表など、若手医師の日常はとにかく過酷。その激務の合間を縫って、ときに眠れなくなり食べられなくなり涙しながらも、書かずにはいられなかったのが本書です。
読売新聞の読書欄でも紹介され大きな反響を呼んだ本書の一部を、全3回でご紹介します。第3回は、「幸せに生きてきた人は、幸せに死んでいく」という中山さんが、多くの患者さんたちから教えてもらった、幸せに生きる処方箋について。

* * *

「幸せに生きる」ために、私は三つの処方箋をお渡ししたいと思います。
 これは、修行のすえあみだした秘技でも、世界初公開の新思想でもなんでもありません。私が生きてきて、たくさんの患者さんを診てきたなかで思った、ほんの「ヒント」や「コツ」のようなものです。

 一枚目の処方箋です。
「幸せのハードルを、自分で動かす」ということです。
幸せのハードル」とは、「これ以上であれば幸せだけど、これ以下だと不幸せ」というハードルのことです。満足のハードル、と言ってもいいかもしれません。
 このハードルは、ひとりひとりのこころのなかにあります。あなたのこころにも、もちろん、私のなかにも。
「幸せのハードル」は、ぱっと見た感じ、古びた重そうな、錆(さ)びついた金属でできていて、しかもしっかりと固定されていて動きそうにありません。
 永年のご自身の人生で、「これくらいあれば幸せ」「これができなければ不幸せ」という基準は、だいたい決まっている方が多いんじゃないでしょうか。

「一戸建て庭付きに住めたら幸せ」
「ちゃんと子どもが育って一人前になってくれたら幸せ」
「年に一度、海外旅行に行けたら幸せ」
 こんな具合だと思います。

 ですが、ちょっと試しにこのハードルを、動かしてみてください。可動式にするのです。
 見た目は重そうですが、意外とひょいっと動きませんか。
 相田みつをさんの言葉のなかに、私の大好きな言葉があります。

 しあわせはいつもじぶんのこころがきめる

 私は病院で医者をやっていて、本当にそうだなと思うのです。
 患者さんのなかには、「なぜ、よりによって私ががんになってしまったのか。あまりに不運で、運命を呪います」とはっきり宣言され、治療中もずっと「なぜ私が選ばれてしまったのか。なんて私はついていないんだ、不幸なんだ」と言って苦しむ方がいます。そういう患者さんは、その運命を呪うあまり、頑張って責任の所在を探すのです。

 あのときかかりつけのクリニックの医者が過労だと言ったから発見が遅れたのではないか。がんになってからも、ここではなくもっといい病院のいい医者にかかれば治ったのではないか。主治医はほかの患者さんのところばかり行ってて、私のことを軽視しているのではないか……。

 大腸がんになって、これまでの家庭の味が塩辛すぎたからだと言って、生まれてから何十年も食事を作ってくれた親を恨む。行きつけのレストランを恨む。大好きな日本酒の銘柄の酒造メーカーを訴える。あるいは忙しすぎる生活を強いた会社を訴える。そこで働くことを決めた、過去の自分を責める。

 でも……。

 

関連キーワード

関連書籍

中山祐次郎『幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと 若き外科医が見つめた「いのち」の現場三百六十五日』

{ この記事をシェアする }

幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと

バックナンバー

中山祐次郎

1980年神奈川県生まれ。鹿児島大学医学部卒。都立駒込病院で研修後、同院大腸外科医師(非常勤)として10年勤務。2017年2月-3月、福島県高野病院院長を務め、その後、福島県郡山市の総合南東北病院外科医長として勤務。資格は消化器外科専門医、内視鏡外科技術認定医(大腸)、外科専門医、感染管理医師、マンモグラフィー読影認定医、がん治療認定医、医師臨床研修指導医。日経ビジネスオンラインやYahoo!ニュース個人など、多数の媒体で連載を持つ。著書に『幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと~若き外科医が見つめた「いのち」の現場三百六十五日~』(幻冬舎新書)、『医者の本音』(SB新書)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP