1. Home
  2. 生き方
  3. アウトドアブランド新入社員のソロキャンプ生活
  4. リベンジ、ソロキャンプにいざ!

前回のソロキャンプでは、キャンピングマットを持っておらず、寒すぎて車中泊するという大失態を犯しました。

もう、それが悔しくて悔しくて。その1週間後に再度ソロキャンプに行ってきました。哀しいかな。暇を持て余した地方アラサー男子は、とにかく一人でキャンプに行くしかないのです。

 

というわけで、新潟県出雲崎にある目の前が海のキャンプ場へ。

小さなキャンプ場で、自分以外に一組しかいないほぼ貸し切り状態。しかも、サウナ併設という粋なキャンプ場です。さらには、天候に恵まれ、もう最高です。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

アウトドアブランド新入社員のソロキャンプ生活

バックナンバー

大石祐助

2020年、JICA海外協力隊(青年海外協力隊)としてルワンダに派遣される。マーケティング隊員として地方の中小企業や起業家を支援。帰国後、日本のアウトドアブランド入社。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP