1. Home
  2. お知らせ
  3. どうしても生きてる
  4. Apple Booksが選ぶBest o...

どうしても生きてる

2021.11.05 更新 ツイート

Apple Booksが選ぶBest of Books 2019ベストフィクション待望の文庫発売決定! 朝井リョウ

12月6日に朝井リョウさんの文庫『どうしても生きてる』発売が決定いたしました!Apple Booksが選ぶBest of Books 2019ベストフィクションに選ばれ、文庫化を望む声も多かった本作。

単行本カバー画像は写真家の細倉真弓さんの作品

文庫として、装い新たに皆様の元にお届けします!

あらすじ

死んでしまいたい、と思うとき、そこに明確な理由はない。心は答え合わせなどできない。

――「健やかな論理」

 

家庭、仕事、夢、過去、現在、未来。どこに向かって立てば、生きることに対して後ろめたくなくいられるのだろう。

――「流転」

 

あなたが見下してバカにしているものが、私の命を引き延ばしている。

――「七分二十四秒目へ」

 

社会は変わるべきだけど、今の生活は変えられない。だから考えることをやめました。

――「風が吹いたとて」

 

尊敬する上司のSM動画が流出した。本当の痛みの在り処が映されているような気がした。

――「そんなの痛いに決まってる」

 

性別、容姿、家庭環境。生まれたときに引かされる籤は、どんな枝にも結べない。

――「籤」

 

など、鬱屈を抱え生きぬく人々の姿を活写した、心が疼く全六編。

関連書籍

朝井リョウ『どうしても生きてる』

歩き続けるのは前に進みたいからではない。 ただ止まれないから。それだけなのに。 デビューから10年 。 進化し続ける著者の最高到達点。

{ この記事をシェアする }

どうしても生きてる

バックナンバー

朝井リョウ

1989年、岐阜県生まれ。早稲田大学文化構想学部卒業。2009年『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。13年『何者』で第148回直木賞受賞。14年『世界地図の下書き』で第29回坪田譲治文学賞受賞。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP