1. Home
  2. 社会・教養
  3. えっ、ボクがやるんですか?部下に教えたい、社会人のものの言い方100
  4. 「やることはやっていますから」…こんな後...

えっ、ボクがやるんですか?部下に教えたい、社会人のものの言い方100

2021.05.22 更新 ツイート

「やることはやっていますから」…こんな後輩・部下にどう対処するべきか? 播摩早苗

「やり方を教わっていません」「自分らしく働きたいです」「課長、ご苦労さまでした」……。こんな素っ頓狂なワードを連発する若手社員に、頭を悩ませている人は多いでしょう。しかし、ここが腕の見せどころ。いかに彼らを指導し、戦力にしていくか、それも大切な仕事なのです。播摩早苗さん『えっ、ボクがやるんですか? 部下に教えたい、社会人のものの言い方100』は、そんなあなたの心強い味方になってくれる一冊。後輩、部下を持ったら必携の本書より、例をいくつかご紹介します。

*   *   *

アルバイトに慣れている新入社員は、時給感覚で就労するため、出社時間がぎりぎりだったり、退社時間前に帰りの身支度をしたりします

会社は就労時間が決まっています。しかし、その時間拘束されていることの対価として、給料が支払われているという意識でいてはつとまりません。

社会人として充実したアウトプットを目指しているのなら、始業時には、自分の脳を活性化し、仕度を整え、生産性の高い状態にしておくべきであると指導しましょう。

ただし、既存社員が実践できていないのであれば、新入社員に対して説得力をもちません。先輩社員たちもギリギリの出社であれば、それはその会社の悪しき風習として定着しているということでしょう。

最近の新入社員は、入社前にさまざまな情報に触れていて、知識や情報量については自信を持っている人が多いのです。

しかし、知識として知っていても、それは経験に基づいたものではないため、できるとは限りません。なのに「そのぐらい分かってるよ」というプライドが、彼らが謙虚になることを邪魔していると言えます。

知っていることで評価されたのは、学生時代までです。それを実践できなくては、会社員として認められないということを指導しましょう。

このケースでは「申し訳ありません。今後上座に座るようにお勧めいたします」と、できていないことを謙虚に詫びるように指導しなくてはなりません。

{ この記事をシェアする }

えっ、ボクがやるんですか?部下に教えたい、社会人のものの言い方100

「やり方を教わっていません」「自分らしく働きたいです」「課長、ご苦労さまでした」……。こんな素っ頓狂なワードを連発する若手社員に、頭を悩ませている人は多いでしょう。しかし、ここが腕の見せどころ。いかに彼らを指導し、戦力にしていくか、それも大切な仕事なのです。播摩早苗さん『えっ、ボクがやるんですか? 部下に教えたい、社会人のものの言い方100』は、そんなあなたの心強い味方になってくれる一冊。後輩、部下を持ったら必携の本書より、例をいくつかご紹介します。

バックナンバー

播摩早苗 (株)フレックスコミュニケーション代表

北海道札幌市生まれ。HBC北海道放送にアナウンサーとして勤務後独立。コミュニケーション、心理学、自己表現、コーチングなどを学び、2001年フレックスコミュニケーション設立。第一三共、JR東日本、ネスレ、住友商事、昭和シェル石油、JALなど大手企業での活動実績をもつ。マネジャー研修、プレゼン研修、チームビルディング研修、女性管理職のためのコミュニケーションセミナーなどのほか、ラジオ、テレビ出演、講演なども活発に行なっている。『リーダーはじめてものがたり』『えっ、ボクがやるんですか?』(小社刊)など著書多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP